PROsheetの働き方と利用者の声

Case.01   起業家 × PROsheet のハタラキカタ

株式会社のらねこ代表。ベトナムでメイド服を発注し秋葉原で売りさばく、台湾からアイドルを連れくる、ハードウェアの作成など事業内容は手広いです。これだけ果敢に様々なジャンルに挑戦できるのはPROsheetがあったからこそ、とのこと。

Case.02   起業家 × PROsheet のハタラキカタ

会社員時代からiOSエンジニアとして活動。自身の手がけるアプリをリリースし、自身が代表となる会社を立ち上げることを目標としている。現在は立ち上げた会社にも所属していて、そちらの業務に専念すべく生活費稼ぎのためにPROsheetを利用し始めたとのこと。

Case.03   フリーランス × PROsheet のハタラキカタ

フリーランスになりたての頃は受託案件をベースに業務を行っていたが、”待ち”のスタンスではいつまでたっても自力で仕事を取ることはできないと思い、自分の時間を確保しながら安定した仕事を得ることのできるPROsheetの利用に踏み切ったようです。

Case.04   起業家 × PROsheet のハタラキカタ

将来的に起業したく、そのノウハウを学べる場所が今の現場にあった。正社員経験はなく、フリーランスと受託のみで生計を立てていたが、サービス運用のやり方を習得するために週5案件にシフトした。そこである程度習得できたら起業に向けて週2や週3の案件にシフトする。それが彼にとってのPROsheetの使い方のようです。

Case.05   起業家 × PROsheet のハタラキカタ

会社員、フリーランス、起業家と様々な経歴の持ち主。ただ1つこれまでに苦労したのは新規顧客を獲得するための営業。これに時間をとられててしまい、開発が滞ってしまう。しかし、営業もしないと生活費も稼げない。それを解決してくれたのがPROsheetのようです。

Case.06   フリーランス × PROsheet のハタラキカタ

会社をやめてスタートアップを目指してみたものの資金不足と自身のスキル不足のために頓挫。再チャレンジするためPROsheetを利用し自身でサービスを運用していくノウハウやプログラミングスキル向上に向け週5で稼働中とのこと。