【ユーザー取材】エンジニア 粟島 正俊さん

粟島さん

「好きで活きて得意で稼ぐ」PROsheetブログ担当のたぐちです。

今回は久々のユーザー取材です。
前職では株式会社ジェネストリームでCTOとしてCu-hackerの開発に従事し、現在は新しい道を歩み始めた粟島 正俊さんのインタビューをお届けします!

粟島さん

大学時代にプログラミングを挫折

学生時代は理系だったんですけど、そんなガッツリプログラミングをやっていたわけでなく
大学一年生の時に本格的に勉強しようと思ったんですけど挫折しまして、それ以降、大学時代はまったくプログラミングをすることはなかったです。

卒業後、新卒でワークスアプリケーションズに入社したんですけど、そこでプログラミングをやらざるを得ない状況になったんですね。それから本格的にやるようになった。
ワークスアプリケーションズ時代はプログラミング自体を学んだっていうよりキャッチアップの仕方を学んだって感じでしたね。技術の分野ってどんどんわかんないことが出てくると思うんですけど、それを自分で調べて解決していくっていうのが凄く身についたなって思います。

ジェネストリームのCTOに

ーその後ジェネストリームにJoinしたキッカケを教えてください

ジェネストリームの(CEO)秋貞さんに声を掛けられました。元々知り合いでもなんでもなかったんですけど、当時のWantedlyってエンジニア検索が出来たんですね、それで見たらしくて。

とりあえず開発に関しては全部自分でやらなくてはいけない環境だったのが凄く魅力的だったんです。他のエンジニアは一人もいないし、イチからやっていかなきゃいけない。

Cu-hacker

弊社でも大活用中のCu-hacker

ジェネストリームではやらなきゃいけない事が無限にあったんですが、ワークスアプリケーションズでキャッチアップの仕方を学んだおかげで、サーバーの構築からサーバーサイドやフロントのプログラミングまで全部やらなきゃいけなかったんで、そこで吸収出来ることはかなり大きかったですね。

交通事故が転機に

ージェネストリームを辞めようと思ったキッカケはなんですか?

先日自転車で事故に遭ったんです。車に轢かれまして。
本当に死にそうになったんですけど、なんとか身体は無事でした。
その時に、学生時代に自分でビジネスやってみたいなってのはちらっと思っていたことはあって、本当に人生はいつ終わるかわかんないな、後悔はしたくないな、って思って。
それで数日後には秋貞さんに言いました。

粟島、会社辞めるってよ

ー粟島さんといえば、ジェネストリームさんのブログ「粟島、会社やめるってよ」が話題でしたが、
評判は如何でした?

凄かったですね。色んな方から連絡が来ましたね〜!

大学生向けにプログラミング教育をやりたい

ーPROsheetは何でお知りになったんですか?
実を言うと、ジェネストリームにエンジニアを採用したいなと思ってまして(笑)
Facebookの広告で見たのがキッカケだったと思うんですが、登録してすぐに中川さん(弊社代表)からの連絡があって、辞めるタイミングとあっていたっていう感じでした。
※中川はジェネストリームの秋貞社長と友人なので、秋貞社長に事前に経緯を確認しています。

ー今後について教えてください。
今は自分のプロダクトを準備中です。
大学生向けにプログラミング教育をやろうと思っています。

ーフリーランスエンジニアの方へのメッセージをお願いします

粟島さん

結構そいういうふうに僕は色んなコトにチャレンジしたりするので、周りの人から怖くないの、なんでそんなに即決するのって訊かれるんですけど、単純に楽しそうなものを選んでてやってきてて、それで後悔してないんですよね。

ープロシートのいいところを最後に一言(笑)

週3日の仕事で、後の4日間は他の(受託)案件を請け負うこともできるし、自分の次やろうとしている事業の事も考えることができるので、それが魅力でした。
Lightningspotの無償利用も有難いです。

以上、インタビューへのご協力ありがとうございました!

「好きで活きて得意で稼ぐ」を支える。週2回の開発・デザインディレクションお仕事紹介

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です