転職時における情報検定情報活用試験2級の評価は?

出典元:ゲッティ・イメージズ・セールス・ジャパン合同会社

情報検定情報活用試験2級に挑戦する人の中には、転職の成功が目的という方もいるのではないでしょうか。転職を成功させることで、収入をアップさせることができたり、上司の立場に立ってお仕事ができたりするので、転職成功にはいくつかのメリットがあります。

転職の成功を目的に情報検定情報活用試験2級取得を目指している人の中には、情報検定情報活用試験2級の転職時の評価が気になる方もいるでしょう。そこで、今回は情報検定情報活用試験2級が転職活動をする際にどのぐらい評価されるのかご説明しますので、転職のために情報検定情報活用試験2級の勉強をスタートさせようと思われている方は、参考にして下さい。

情報検定の情報活用試験2級とは?

情報検定情報活用試験2級とは、情報社会やソフトウェアに関する知識など、情報利活用能力を試す目的で一般財団法人職業教育・キャリア教育財団検定試験センターが実施しています。出題形式はCBT方式、ペーパー方式の2つが準備されており、ペーパー方式は団体のみとなります。情報検定情報活用試験2級の受験料は税込4,000円で、合格基準は100点満点中65点獲得することです。情報検定情報活用試験2級に合格することができれば、デジタル合格証が授与されます。

情報活用試験2級の難易度

転職を望む人の中には、情報検定情報活用試験2級はどのぐらいの難易度なのか知っておきたいという方もいるのではないでしょうか。情報検定情報活用試験2級の難易度はさまざまな点から把握することができるでしょう。

合格率から難易度を把握

平成30年6月17日に実施されたペーパー方式による情報検定情報活用試験2級の合格率は、42.1%です。この数字によれば、受験生の約4割が合格できることになります。日本で実施されている転職に役立つ資格試験の中には、10%未満のものあり、合格率40%は低いほうではないでしょう。しかし、事実6割の人は不合格となっているので、情報検定情報活用試験2級合格に勉強は欠かせない試験と言えます。

少ない勉強時間で合格できた人もいる!

情報検定情報活用試験2級を少ない勉強時間で合格できた人もおり、それほど難易度は高くない試験と言えるでしょう。しかし、勉強を開始する段階で持っている知識や技術は、それぞれの受験生で異なるので、すべての人が少ない勉強時間で情報検定情報活用試験2級に合格できるわけではありません。

情報活用試験2級を取得するメリット

情報検定情報活用試験2級は転職希望者だけが取得を目指す資格ではありません。例えば、学生やフリーランスの中にも合格を目指して勉強している方はいます。そのため、転職時の評価だけでなく、情報検定情報活用試験2級合格にどのようなメリットがあるのか知っておきたいという方もいるのではないでしょうか。転職時の評価をご説明する前に、ここでは情報検定情報活用試験2級合格のメリットを解説します。

パソコンの基礎を覚えられる

情報検定情報活用試験2級に合格することで、パソコンの操作や周辺機器の知識などを習得できます。IT技術が進歩し、日本の社会ではパソコンやインターネットに関する知識が求められることは多々あります。情報検定情報活用試験2級合格には、これらの知識が必須となるので、合格できれば、パソコンの基礎を習得したことになり、社会で役立つ技術を身に付けられます。

転職する際に履歴書の資格欄に記載できる

情報検定情報活用試験2級に合格すれば、履歴書の資格欄に記載することが可能です。資格欄が真っ白な人よりも転職活動がしやすく、メリットと感じる転職希望者もいるのではないでしょうか。

フリーランスは営業の際に活用できる

フリーランスは自分でお仕事を獲得する必要があります。そのため、営業が必要です。営業をする際には、自分の能力を客観的に示せる資格などがあると、営業活動を有利に進められる可能性があります。情報検定情報活用試験2級に合格することで、自分の知識やスキルをクライアントに示せるので、情報検定情報活用試験2級合格は転職希望者や学生だけでなく、フリーランスにもメリットがあるでしょう。

気になる転職時における評価は?

情報検定情報活用試験2級合格には数多くのメリットがありますが、転職時においても一定の評価を得られそうです。

転職時パソコンの基礎を習得していることに一定の評価を得られる

職種の中には、パソコンの操作をすることができなければ、お仕事を進められないものもあります。つまり、そのような職種の場合、パソコン操作やインターネットの利用は必要不可欠です。パソコン操作が必要な職種に転職をしたい人が、情報検定情報活用試験2級に合格することで、客観的に自分のパソコンスキルを示せられるので、転職を有利に進められる可能性はあります。

努力をしたことに転職時一定の評価を得られる

情報検定情報活用試験2級に合格するためには、日頃から勉強をしなければなりません。つまり、合格には努力が必要です。努力ができる人材は、会社の中でも一生懸命働いてくれる可能性があるので、転職活動時に一定の評価を得られる可能性があります。

転職時に高い評価を受けることは難しい

情報検定情報活用試験2級はとても立派な資格ですが、情報検定情報活用試験2級合格だけでは、転職時に高い評価を得ることは難しいでしょう。なぜなら、情報検定情報活用試験2級は合格率も低くなく、合格できる人が多いからです。そのため、転職活動時に得られる評価を高めたい転職希望者は、1級を受けるようにしましょう。1級は情報検定情報活用試験2級よりも難易度が高く、合格できる人も少なくなります。また、1級は情報検定の情報活用試験の中でもっとも難易度が高いので、パソコン操作の高い技術を証明でき、取得すれば転職時に企業から評価を得られる可能性があります。

資格を取得したらフリーランスとして活躍するのも一つの手!

情報検定情報活用試験2級合格のために勉強をしている人の中には、転職ではなく、フリーランスになることを検討している人もいるでしょう。現在は、昔よりも働き方の幅が広がり、さまざまな働き方をする人が増えました。フリーランスもその働き方の一種と言えるでしょう。

転職ではなく、フリーランスに転身したい方におすすめのサービスとして、PROsheetLancersTopを挙げることができます。フリーランスには通常、営業力が求められますが、PROsheetLancersTopを利用すれば、お仕事をフリーランスに紹介してくれるので、営業の負担が少なくなります。そのため、スムーズにフリーランスとして働きたい人は利用を検討してみてはいかがでしょうか。

まとめ

情報検定情報活用試験2級に合格することで、転職時に一定の評価を得られますが、高い評価を得ることは難しいでしょう。そのため、転職時にアピール力の高い資格を得たい転職希望者は、1級の受験をおすすめします。