受験者必見!ディジタル技術検定試験2級情報部門対策のススメ

出典元:ゲッティ・イメージズ・セールス・ジャパン合同会社

ディジタル技術検定試験2級情報部門は、ディジタル技術検定試験の中でも難易度が高く、適切な対策をしなければ合格を勝ち取ることは難しいです。そのため、実際に受験される人の中には、対策方法を知った上で学習を進めていきたいと考えている方もいるでしょう。そこで、今回はディジタル技術検定試験2級情報部門の対策方法をご紹介するので、対策方法を知りたい人は最後まで読んでみてはいかがでしょうか。

ディジタル技術検定試験2級情報部門とは?

対策方法の前に、簡単にディジタル技術検定試験2級情報部門の概要をご説明します。ディジタル技術検定試験2級情報部門とは、やや高度な情報処理理論と情報通信理論の知識力を試し、各種情報処理装置の動作原理や利用、技術力を測る試験です。ディジタル技術検定試験2級情報部門は公益財団法人国際文化カレッジによって毎年6月と11月の年2回実施されています。

受験料

ディジタル技術検定試験2級情報部門の受験料は5,000円です。

試験時間

説明時間が10分、解答時間は90分となっています。そのため、合計で100分が試験時間です。

合格率

ディジタル技術検定試験2級情報部門の累計合格率は63%です。ちなみに累計受験者数は18,176人、累計合格者数は11,479人となっています。

ディジタル技術検定試験2級情報部門受験におすすめの対策方法

ディジタル技術検定試験2級情報部門の対策方法は、受験準備書と模擬試験を使うことです。

受験準備書で2級の情報部門対策をしよう!

ディジタル技術検定試験2級情報部門の対策をする際には受験準備書を使うことをおすすめします。受験準備書には、複数の問題が掲載されており、それを解いて対策をしていきます。解説などもついているので、問題を間違えてしまったり、わからなくて飛ばしたりした時も解説を読んで理解することができるでしょう。基本的に受験生の多くが受験準備書を対策本として活用しているので、対策に利用することをおすすめします。

模擬試験を利用して2級の情報部門対策をしよう!

ディジタル技術検定試験2級情報部門を受験される方は、模擬試験を使った対策もしておくことをおすすめします。受験準備書には問題が掲載されているので、対策に受験準備書だけを使っても問題に触れることは可能です。しかし、問題数に限りがあるので、さらに問題を解きたい人は物足りなさを感じる方もいるでしょう。模擬試験を活用することで、受験準備書には掲載されていない問題も解くことができます。そのため、たくさんの問題を解いておきたい人におすすめです。

また、模擬試験には制限時間が設けられています。つまり、本番の環境で解くことができるので、利用すれば制限時間対策も行えます。

ディジタル技術検定試験2級情報部門合格までの勉強時間の目安

ディジタル技術検定試験2級情報部門の勉強時間の目安は、公式ホームページに掲載されていないため、正確な時間を記載できません。しかし、ディジタル技術検定試験2級情報部門は難易度が低くないので、合格するためには長い期間勉強することが求められるでしょう。

それぞれの受験生で勉強をスタートさせる段階の知識レベルは異なります。例えば、ディジタル技術検定試験3級をすでに合格している人は、情報処理の基本知識があるので、短い勉強時間でディジタル技術検定試験2級情報部門合格に必要な知識を習得できる可能性があります。一方、今まで勉強したことがない初学者は基礎知識がある人に比べて、合格に必要な勉強時間は長くなることが予測できるでしょう。それぞれの受験生で必要な勉強時間は異なるので、模擬試験などを解き、対策に必要な勉強時間を自分で算出することをおすすめします。

ディジタル技術検定試験2級情報部門対策におすすめ参考書&問題集

ディジタル技術検定試験2級情報部門対策に活用できる参考書と問題集をピックアップします。まだ、ディジタル技術検定試験2級情報部門対策をするために準備ができていない人は参考にして下さい。

ディジタル技術検定試験受験準備書

対策方法でもご紹介したように、ディジタル技術検定試験2級情報部門対策には受験準備書を使う人が多いでしょう。受験準備書は対策本となっており、出題内容にわけて問題を掲載してくれるので、対策しやすいように工夫されています。2,500円でホームページから購入できるので、ディジタル技術検定試験2級情報部門対策のためにさっそく準備してみてはいかがでしょうか。

ディジタル技術検定模擬試験

模擬試験には試験機能が搭載されており、本番のように問題に取り組めるので、ディジタル技術検定試験2級情報部門対策に活用しましょう。模擬試験を解いた後は検定ニュースの閲覧をおすすめします。検定ニュースには解説が掲載されているので、閲覧することで間違えた問題の理解を助けてくれます。

2級情報部門に合格したら、次は1級を目指そう!

対策をしてディジタル技術検定試験2級情報部門に合格した人は、最難関の1級に挑戦することをおすすめします。1級にも情報部門があり、勉強をすることでさらに高度な情報部門の知識を身に付けることができます。

また、合格率も低いため資格の希少価値は高く、資格を活かせられる場面は増えるでしょう。1級取得にはメリットがあるので、さっそく対策をスタートさせてみてはいかがでしょうか。

資格を取得したら、腕試しをしてみませんか?

ディジタル技術検定試験2級情報部門は合格ハードルが高いため、合格できたら自分に自信が持てる人もいるのではないでしょうか。もし自信があるなら、自分が持っている知識や技術力の腕試しをしてみてはいかがでしょうか。

ディジタル技術検定試験2級情報部門合格に必要な知識や技術の腕試しは、PROsheetLancersTopで行うことができます。PROsheetLancersTopには、プログラミングなど情報処理系のお仕事が数多く紹介されています。応募してクライアントから採用されれば、お仕事の中で腕試しをすることができるでしょう。

まとめ

ディジタル技術検定試験2級情報部門対策には、受験準備書と模擬試験を活用しましょう。もし、解説を読んでも理解できない問題がある時はインターネットで調べたり、書籍を読んだりして知識を補うようにして下さい。