情報検定情報デザイン試験上級対策のススメ

出典元:ゲッティ・イメージズ・セールス・ジャパン合同会社

学生や社会人の中には、情報検定情報デザイン試験上級を受験しようと思われている方もいるのではないでしょうか。情報検定情報デザイン試験上級は、やさしい試験ではありませんので、合格するためには対策をしておく必要があります。そのため、これから勉強をスタートさせる方の中は、対策方法を知りたい人もいるでしょう。そこで、今回はおすすめの情報検定情報デザイン試験上級対策方法をご紹介しますので、受験される学生や社会人は参考にして下さい。

情報検定の情報デザイン試験上級とは?

情報検定の情報デザイン試験上級とは、実践的な場面における情報デザインの知識、技能を問う試験で、一般財団法人職業教育・キャリア教育財団検定試験センターによって実施されています。受験対象者は社会で働く予定のある学生や一般社会人となっているため、職種や年齢に関わらず情報検定情報デザイン試験上級は多くの人が取得を目指す資格です。

受験料

受験料は4,500円(税込)です。

試験時間

試験時間は60分となっています。

合格率

情報検定では、CBT方式で実施された試験の合格率を公表していません。情報検定情報デザイン試験上級の試験形式はCBT方式のみとなっているので、合格率を知ることはできません。

情報デザイン試験上級受験におすすめの対策方法

情報検定の情報デザイン試験上級におすすめの対策方法は2種類あります。時間がある人もない方もできるだけ両方の対策方法を勉強に取り入れるようにしましょう。

情報検定公式のテキストで対策をする

1種類目の対策方法は、情報検定公式のテキストで対策をすることです。情報検定公式のテキストは出題範囲が網羅されているので、必要な知識をまんべんなく学ぶことができます。また、情報検定公式のテキストには、演習問題もあるので、情報検定公式の参考書で勉強すれば、十分に合格を狙うことができるでしょう。

情報検定公式ホームページで公開されているサンプル問題を活用する

2種類目の対策方法は、ビジュアルデザイン分野のサンプル問題を活用することです。情報検定公式のホームページで公開されており、無料で利用できるので、対策する際に活用して損はないでしょう。サンプル問題を解くことで、情報検定情報デザイン試験上級本番にどのぐらいの難易度の問題が出題されるのか把握できますし、出題傾向なども知ることができるので、ホームページのサンプル問題にアクセスしてみてはいかがでしょうか。

情報デザイン試験上級合格までの勉強時間の目安

情報デザイン試験上級の合格を勝ち取るためには、どのぐらいの勉強時間が必要なのか把握しておきたい学生、社会人もいるのではないでしょうか。情報デザイン試験上級合格に必要な勉強時間の目安は10時間以上 です。

情報検定情報デザイン試験上級対策に必要な勉強時間の目安は10時間以上ですが、それぞれの受験生で必要な勉強時間は変化します。例えば、初学者の中には目安よりももっと対策に時間がかかる人もいます。一方、初級に合格していたりする人の中には、目安よりも少ない勉強時間で認定を得られる人もいるでしょう。

情報デザイン試験上級対策におすすめの参考書&問題集

情報デザイン試験上級対策におすすめの参考書は1冊あります。また、ここでは情報検定情報デザイン試験上級対策用の参考書だけでなく、サンプル問題もご紹介します。

改訂版 J検情報デザイン完全対策公式テキスト

本書が最新の情報検定情報デザイン試験上級対策用テキストになっており、情報デザイン試験上級を受験される多くの人が、本書を手に取ります。本書は講義の後、すぐに演習問題に移れるように工夫されているため、自然とインプットした内容をアウトプットできるようになっています。インプットとアウトプットを繰り返すことで記憶の定着率が向上するので、効率的に情報デザイン試験上級対策ができるでしょう。

情報デザイン試験ビジュアルデザイン分野サンプル問題

情報デザイン試験のサンプル問題はPDF形式でダウンロードすることができます。パソコン上で解くこともできますし、プリントして問題を解くことも可能です。そのため、情報検定情報デザイン試験上級対策をされる人は活用することをおすすめします。

上級に合格したら、他の情報検定も受験してみましょう!

情報検定情報デザイン試験上級対策をして、合格することができたら、ほかの情報検定の対策勉強をスタートさせてみてはいかがでしょうか。情報検定では、情報デザイン試験のほかにも、情報活用試験や情報システム試験を実施しています。対策をして認定を得ることで、IT技術などさまざまなスキルを証明することができ、就職・転職活動など多くの場面で取得した資格を活用できます。

対策をするための参考書や問題集は販売されているので、比較的対策のための学習環境も整えやすくなっています。そのため、興味がある人は取得することをおすすめします。

資格を取得したら、腕試しをしてみませんか?

情報検定情報デザイン試験上級に合格することができたら、情報デザイン力がどの程度あるのか腕試しをして、自分の実力を知っておきたいと思われる方もいるのではないでしょうか。情報検定情報デザイン試験上級合格に必要なスキルの腕試しは、PROsheetLancersTopで行うことをおすすめします。

PROsheetLancersTopは案件紹介サイトとして有名です。フリーランスに紹介されている案件の中には、情報デザインスキルが求められるものもあり、クライアントの募集に応募して採用されれば、腕試しをすることができるでしょう。

まとめ

情報検定情報デザイン試験上級は、初級よりも難易度が高く、簡単に合格できる試験ではありません。しかし、正しい対策方法で継続して勉強をすることで、合格圏内に入ることができるでしょう。学生から社会に出る予定がある人や、スキルを身に付けたい社会人は、ご紹介した情報検定情報デザイン試験上級対策方法でさっそく勉強をスタートさせてみてはいかがでしょうか。