Web検定のWebプロデュースは転職で有利になるのか?

出典元:ゲッティ・イメージズ・セールス・ジャパン合同会社

Web業界には様々な職種が存在しています。その中でもWebプロデューサーを目指している方は多いのではないでしょうか。プロジェクトの責任者として活躍できる職業なので人気が高いですが、Webプロデューサーになるためには、専門的知識も身につけなければなりません。知識を身につけるためにWeb検定のWebプロデュース試験を受験される方も多いですが、そもそもWeb検定のWebプロデュース試験は転職や就職における評価は高いのでしょうか?今回はWeb検定のWebプロデュース試験を受験して転職を考えている方のために転職での評価について紹介していきたいと思います。

Web検定のWebプロデュース検定とは?

Web業界へ転職する際に取得する方が多いWeb検定のWebプロデュース試験ですが、試験の内容としては、Webプロデューサーに必要なインターネットビジネスのプロデュース、インターネットビジネスの環境、インターネットビジネスのモデル、マーケティングと集客施策、ウェブサイトのプロデュース、ウェブサイトの設計について出題されることが多いです。Web検定のWebプロデュース試験は難易度が高いことで有名なので、簡単に合格はできませんが、簡単に合格ができない分、価値が高い資格試験なので転職のために取得する方もたくさんいます。

Web検定のWebプロデュース検定を取得するメリット

Web検定のWebプロデュース試験は難易度も高く、簡単に合格できる試験ではありません。取得までに時間がかかりますが、それでも取得する方が多いのにはどんなメリットがあるからなのでしょうか。具体的なメリットについて紹介します。

Web業界でリーダー的存在になれる可能性が高い

Web業界に転職をするなら、責任者やリーダーとして活躍をしたいと思っている方が多いのではないでしょうか。転職をしてリーダー的な存在になれる資格はいくつかありますが、その中でもWeb検定のWebプロデュース試験は有利です。難易度も高く、あまり取得している方もいないので、高く評価されることが多いでしょう。転職をしてリーダーを目指すなら、Web検定のWebプロデュース試験に挑戦してください。

給料がアップする可能性もある

Webプロデューサーは限られた人しかなることができませんし、責任者という立場になるため、給料もアップする可能性があります。転職したら給料アップを目指したいと思っている方も多いので、収入アップを目指す方はWeb検定のWebプロデュース試験に挑戦してみてください。

スキルを証明することができる

Web検定のWebプロデュース試験に合格することで、出世や給料アップなど様々なメリットがありますが、それよりもスキルが証明されるというのは大きなメリットとなるでしょう。スキルが証明できれば、就職や転職の際に有利となりますし、部下にも正しい知識を教えることができます。この中でも特に転職などには有利となるので、魅力的です。

気になる転職時における評価は?

Web検定のWebプロデュース試験に合格することで得られるメリットについていくつか紹介しましたが、Webプロデュース試験は難易度が高い試験となっており、資格を持っている人も稀なので、転職時における評価は高くなるでしょう。実際に資格があるだけで転職が成功したという方もいるので、特にWeb業界へ転職したいと思っている方でプロデューサーになりたいという方はWeb検定のWebプロデュース試験に挑戦してみてはいかがでしょうか。

Webプロデュースを受験するなら、他のWeb検定も受験するのがオススメ

転職のためにWeb検定のWebプロデュース試験にチャレンジする方は多く、実際に取得後に転職したという方もたくさんいますが、1つの資格だけでは転職できない企業もあるので、できる限り他のWeb検定にもチャレンジすることをオススメします。Web検定はWebプロデュース試験の他にWebリテラシー、Webデザイン、Webディレクションの3つがあります。Webプロデュース試験に合格した人が他のWeb検定にもチャレンジした方がいい理由は、転職以外に取得しやすいからという理由があります。基本的にWebプロデュース試験では3つの試験の内容も含まれるため、それほど取得までに時間はかからないでしょう。スキルがあることを証明するためにも、他のWeb検定にも挑戦することをオススメします。

資格を取得したらフリーランスとして活躍するのも一つの手!

Web検定のWebプロデュース試験に合格できたら、転職先を探す方は多いと思います。確かに転職をして企業に勤めれば比較的安定した生活を送ることができます。そのため、転職を希望する方は多いですが、最近では転職以外にも様々な働き方があるのをご存知でしょうか。転職以外にいくつか働き方はありますが、その中でも学生から大人までに人気なのがフリーランスとして働く方法です。転職をして企業に勤めるのに比べると必ずしも安定しているわけではありませんが、しっかりと仕事を獲得できれば安定した収入を得ることができますし、転職をして企業で務めるよりも高い収入を得ることも可能です。そのため、最近ではフリーランスとして活動を開始する方が増えています。

フリーランスが増えた理由の一つに、PROsheetLancersTopと言った案件を紹介してくれるサービスが存在しています。これらのサービスがあれば、仲介業者が人それぞれの条件に合わせた仕事を紹介してくれるため、わざわざ仕事を自分で探して営業をする必要もほとんどなくなります。簡単に仕事を見つけられますし、安定した仕事を手に入れることができるので、転職をして企業に勤めるよりもフリーランスとして活動していきたいと思う方が増えてきています。特に転職ではなく、フリーランスとして腕試しをしたいと思っている方は、PROsheetLancersTopを使った挑戦してみてください。

まとめ

今回はWeb検定のWebプロデュース試験が転職に役立つのかについて紹介しましたが、価値のある資格となっているので、転職に有利となる可能性は高いでしょう。また、転職以外にもフリーランスとしても資格があれば活動できるので、個人で活動していきたいと思っている方はフリーランスとして働くことも検討してみてはいかがでしょうか。