情報検定情報システム試験プログラミングスキルにオススメの参考書をご紹介!

出典元:ゲッティ・イメージズ・セールス・ジャパン合同会社

情報検定情報システム試験プログラミングスキル対策に限らず、参考書は数多くの資格対策で活用されます。参考書で勉強すれば、出題範囲に含まれる分野を効率的に学ぶことができますし、基礎知識を身に付けられます。そのため、情報検定の情報システム試験プログラミングスキルを受験しようと思われている方の中には、おすすめの参考書が知りたいという方もいるのではないでしょうか。今回は、情報検定情報システム試験プログラミングスキル対策ができる参考書をピックアップしましたので、おすすめの参考書を知りたい人は最後まで読んでみて下さい。

情報検定の情報システム試験プログラミングスキルの特徴

情報検定情報システム試験プログラミングスキル対策に活用できる参考書をピックアップする前に、情報検定情報システム試験プログラミングスキルの特徴をご紹介します。

試験実施期間が長い!

特徴のひとつに試験実施期間を挙げることができます。資格の中には試験日が1年間で1度しか設けられていないものもあります。しかし、情報検定情報システム試験プログラミングスキルはCBT方式であれば、平成30年4月1日〜平成31年3月25日までが試験実施期間となっています。実施期間が長いことで、合格できるチャンスが増えるので、魅力を感じる方もいるのではないでしょうか。

合格するためにはC言語やアセンブラ習得が必要

そのほかの情報検定の情報システム試験プログラミングスキルの特徴は、プログラミング言語に関する知識も必要な点です。情報検定情報システム試験プログラミングスキルの出題範囲には、プログラミング技術または表計算ソフトを利用した問題解決という分野が含まれます。この分野で、C言語やアセンブラの知識が必要となるので、データ構造やアルゴリズムなどプログラムの基本だけでなく、実際に現場で使われるプログラミング言語を習得しなければ合格は難しいと言えます。

情報システム試験プログラミングスキルに合格するために必要な勉強時間の目安

どのような参考書がおすすめなのかを紹介する前に、勉強時間の目安についても触れます。実際に、情報検定情報システム試験プログラミングスキルを受験される人の中には、勉強時間の目安を把握しておきたいという方もいるのではないでしょうか。情報検定情報システム試験プログラミングスキル合格に必要な勉強時間の目安は、約10時間程度と言われています。そのため、必ず10時間以上は参考書などを使って勉強することをおすすめします。

情報システム試験プログラミングスキル合格に役立つ参考書&問題集

では、さっそく情報検定情報システム試験プログラミングスキル対策に使える参考書と問題集をピックアップします。

新試験対応版 J検情報システム完全対策公式テキスト

実は、情報検定情報システム試験プログラミングスキル対策ができる参考書の数は多くありません。そのため、受験される多くの人は、この情報検定公式の参考書を使っている方が多いです。

本書は情報検定情報システム試験の出題範囲を網羅しているので、参考書に書かれている内容を習得すれば合格圏内に入れるようになっています。参考書ではありますが、確認問題や練習問題、過去問題が参考書の中に掲載されており、知識のインプットだけでなく、問題を解いてアウトプットすることもできる参考書となっています。1冊で情報検定情報システム試験プログラミングスキル対策ができ、情報検定の情報システム試験全体の出題範囲がカバーされているので、プログラミングスキルだけでなく、ほかの情報検定情報システム試験の科目を受験される人にもおすすめできる参考書です。

情報検定公式サイトの過去問題集

上記の参考書1冊で練習問題や過去問も解けるので、公式の参考書1冊やり遂げるだけでも合格を狙うことができます。しかし、公式の参考書に掲載できる過去問の数には限りがあるので、数多くの過去問に触れておきたい人は、情報検定公式サイトの過去問題集の利用をおすすめします。利用すれば平成22年度後期試験までさかのぼることができ、充実した過去問対策を行うことが可能です。

しかし、情報検定公式サイトの過去問題集には、過去問と解答しか掲載されておらず、解説はありません。そのため、間違えた問題やわからない問題は参考書を使って理解するようにして下さい。

情報システム試験プログラミングスキルはこんな人にオススメ!

参考書を探している人の中には、情報検定情報システム試験プログラミングスキルの受験を迷われている方もいるのではないでしょうか。ここでは、参考書を購入して情報検定情報システム試験プログラミングスキルを受験したほうがいい人を紹介するので、迷いにより参考書の準備ができていない人はチェックしてみて下さい。

プログラマを目指している人

プログラマを目指している人は、さっそく参考書を準備して情報検定情報システム試験プログラミングスキル対策をスタートさせてみましょう。情報検定情報システム試験プログラミングスキルでは、プログラマに求められる分野が出題範囲となっており、プログラマを目指す人が参考書で対策をすれば、プログラマになってから活用できる知識を習得できます。

転職に役立てたい人

IT業界への転職を検討している人は、参考書でさっそく勉強をスタートさせましょう。もし、情報検定情報システム試験プログラミングスキルを取得していれば、転職活動を有利に進められる可能性があり、IT業界への転職を考えている人が取得したらメリットを得られるでしょう。

プログラミングスキルに合格したら、他のスキル試験も受けよう!

情報検定の情報システム試験には、プログラミングスキルのほかにもスキル試験が存在します。そのため、もし情報検定情報システム試験プログラミングスキルに合格したら、別のものも取得してみてはいかがでしょうか。

他に基本スキルとシステムデザインスキルの2種類ある

情報検定の情報システム試験には、プログラミングスキル以外に基本スキルとデザインスキルがあります。基本スキルはハードウェアに関する知識などが、デザインスキルはセキュリティなどが出題範囲となっています。

基本スキルとシステムデザインスキル合格で、システムエンジニア認定を受けられる

基本スキルとシステムデザインスキルに合格すると、システムエンジニア認定を受けることができます。対策できる参考書も販売されているので、システムエンジニアを目指す人は挑戦して損はないでしょう。

基本スキルとプログラミングスキル合格で、プログラマ認定を受けられる

基本スキルとプログラミングスキルに合格できた人は、プログラマ認定を情報検定から交付されます。すでに、情報検定情報システム試験プログラミングスキルに合格できた人は、あと基本スキルに合格できればプログラマ認定を受けられるので、認定のハードルが低く挑戦しやすいでしょう。

資格を取得したら、腕試しをしてみませんか?

参考書を使って勉強して、情報検定情報システム試験プログラミングスキルに合格することができたら、参考書などで得た知識の腕試しをしてみてはいかがでしょうか。腕試しをすることで、参考書で得たプログラミング能力がどのぐらい現場で役立つのかを知ることができます。

プログラミング能力の腕試しをする際にはPROsheetLancersTopの利用をおすすめします。システム構築、保守など情報検定情報システム試験プログラミングスキル合格に必要な知識が求められるお仕事がPROsheetLancersTopには数多く紹介されており、受注すれば腕試しができるのではないでしょうか。

まとめ

基本的に情報検定情報システム試験プログラミングスキル対策ができる参考書の数は多くはありません。しかし、公式の参考書でしっかりと勉強することで、合格を勝ち取ることができるでしょう。また、参考書だけでなく、問題集にも取り組むことで、より合格しやすくなるのではないでしょうか。