受験前に知るべき!HTML5プロフェッショナル認定試験レベル2の難易度は?

出典元:ゲッティ・イメージズ・セールス・ジャパン合同会社

HTML5プロフェッショナル認定試験レベル2の難易度が気になる方もいるでしょう。難易度を知ることで、自分でも挑戦できる試験かどうか判断することができます。今回は、HTML5プロフェッショナル認定試験レベル2の難易度を解説するので、難易度が気になる人はチェックして下さい。

HTML5プロフェッショナル認定試験とは?

HTML5プロフェッショナル認定試験とは、WEBアプリケーション開発力・設計力を試す試験で、LPI-Japanが主催しています。HTML5というワードが試験名に含まれますが、HTML5だけでなく、CSSやJavaScript、ビジビリティやユーザービリティなど、HTML5プロフェッショナル認定試験ではWEBコンテンツ制作におけるさまざまな知識が問われます。受験者の想定職種は、WEBデザイナー、グラフィックデザイナー、フロントエンドプログラマーなどです。

HTML5プロフェッショナル認定試験は、難易度が2つにわかれます。その難易度とは、レベル1とレベル2です。もちろん、レベル1よりもレベル2のほうが難易度は高く、レベル2の認定を受けるためには、レベル1取得が条件となっています。

HTML5プロフェッショナル認定試験レベル2の概要

ここからは、レベル1よりも難易度が高いHTML5プロフェッショナル認定試験レベル2に焦点を絞り、概要を解説します。HTML5プロフェッショナル認定試験レベル2で出題される内容は、高度なマークアップと、JavaScriptです。高度なマークアップとは、少しマニアックなHTML5APIなどです。例えば、Application Cacheなどが挙げられます。JavaScriptの問題では、XMLHttpRequestやCanvasなどのライブラリに関する内容も出題されます。

受験料と試験時間

受験料は15,000(税別)です。試験時間は90分となっています。

試験内容と出題数

試験内容はHTML5、CSS、JavaScript、ユーザービリティ、パーフォーマンスなど、WEBに関する内容が幅広く出題されます。

合格基準

合格基準は正解率70%となっています。

試験日&合格発表日

日時や会場を自分で決めて受験することができるため、特定の日付で試験日が定められていません。合格発表日は試験日当日です。試験終了と同時に合否がわかるので、合否の通知を待つ必要はありません。

認定の有意性の期限

HTML5プロフェッショナル認定試験レベル2では認定の有意性の期限が設けられています。その期限は5年間です。

気になるHTML5プロフェッショナル認定試験レベル2の合格率は?

資格試験の中には、合格率を公表しているものも少なくありません。しかし、HTML5プロフェッショナル認定試験レベル2では合格率は非公表となっています。そのため、合格率から難易度を知ることは難しくなっています。

HTML5プロフェッショナル認定試験レベル2の難易度

HTML5プロフェッショナル認定試験レベル2の難易度は高いと言えそうです。難易度が高い理由をいくつかピックアップしましたので、さっそく見てみましょう。

HTML5プロフェッショナル認定試験の中でレベル2は最高難易度

HTML5プロフェッショナル認定試験レベル2は試験の中で最高難易度となっています。レベル1はマークアップの基礎が多く出題されるのに対して、HTML5プロフェッショナル認定試験レベル2は応用問題です。そのため、確実にレベル1よりも難易度が高いと言えます。

ほかのWEB関連資格の中でも難易度は高い

ほかのWEB関連資格よりも難易度が高いと言われています。例えば、WEB関連資格としてWEB検定やWEBクリエイター能力認定試験などがありますが、HTML5プロフェッショナル認定試験レベル2は、これらの資格よりも取得難易度が高いと言われており、WEB関連資格の中ではウェブデザイン技能検定についで2番目の難易度と推定されています。

出題形式が独特なので難易度が高い

HTML5プロフェッショナル認定試験レベル2の出題形式は、CBT方式およびキーボード入力方式です。CBT方式は、マウスで選択する解答形式、キーボード入力方式は、キーボードで入力して解答する形式となっています。出題される問題の多くはCBT方式となっており、用意されている選択肢から選んで解答できるので、解答しやすいと考える人もいます。しかし、問題の中には単純に4つの中から解答を1つだけ選択するものもありますが、4の選択肢の中で正解が複数含まれており、すべて選択させるものもあります。独特な出題形式の問題もあるので、その点が難易度を高めている原因のひとつです。

JavaScriptの問題が多くを占める

JavaScriptの問題が多くを占めるため、その点に難易度が高いと感じる人も多いです。HTMLやCSSはプログラミング言語ではなく、マークアップ言語になるので、比較的とっつきやすくなっています。一方、JavaScriptはプログラミング言語です。プログラミング言語を今まで学習したことがない人は、マークアップ言語よりもとっつきにくく、難易度が高いと思う人も多いです。このように、JavaScriptの問題が増えるという点も、HTML5プロフェッショナル認定試験レベル2の難易度を高めている要因のひとつと言えます。

資格を取得したら、腕試しをしてみませんか?

HTML5プロフェッショナル認定試験レベル2は取得難易度が高く、簡単に合格することはできませんが、もしHTML5プロフェッショナル認定試験レベル2に合格できたら、腕試しをしてみてはいかがでしょうか。WEB開発のスキルを腕試しする際には、PROsheetLancersTopの利用をおすすめします。

PROsheetLancersTopはフリーランス向けの案件紹介サイトで、紹介されている案件の中には、WEB開発案件も数多くあります。そのため、受注すれば、HTML5プロフェッショナル認定試験レベル2合格に必要なスキルや知識の腕試しができるでしょう。

もし、HTML5プロフェッショナル認定試験レベル2を取得していれば、客観的に自分の実力を証明できるため、クライアントからも採用してもらえる可能性が高くなります。そのため、HTML5プロフェッショナル認定試験レベル2取得者は案件を受注する際に有利になる可能性があります。

もちろん、案件を受注してやり遂げることができたら、報酬を得られます。つまり、フリーランスとして活動していくこともできるでしょう。

まとめ

HTML5プロフェッショナル認定試験レベル2の難易度は高いですが、参考書や問題集を用意して勉強をすれば、合格圏内に入れる人は多いです。そのため、難易度が高いからといって構えすぎる必要はないでしょう。もし、HTML5プロフェッショナル認定試験レベル2に合格すればキャリアアップなど数多くのメリットがありますので、難易度は高いですが、取得を目指してみてはいかがでしょうか。