転職時におけるC言語プログラミング能力認定試験1級の評価は?

出典元:ゲッティ・イメージズ・セールス・ジャパン合同会社

C言語プログラミング能力認定試験1級は難易度が高いので、受験生の中には転職時に企業からどのぐらい評価してもらえるのか気になる方もいるのではないでしょうか。今回は転職時におけるC言語プログラミング能力認定試験1級の評価をご説明しますので、受験生で転職を希望される人はチェックしてみて下さい。

C言語プログラミング能力認定試験1級とは?

C言語プログラミング能力認定試験1級とは、C言語の応用プログラム作成技術を問う試験です。主催者は数多くのビジネス能力認定試験を扱うサーティファイ情報処理能力認定委員会となっています。受験資格はなく、学歴や年齢、資格の有無に関わらず誰でも受験できます。

C言語プログラミング能力認定試験1級の試験期間は2018年1月28日から2月18日、2018年6月17日から7月8日、2019年1月27日から2月17日となっています。試験結果は試験終了後1ヶ月以内に郵送で通知してくれます。

試験形式や合格基準について

試験形式はパソコンを使った実技試験です。そのため、C言語プログラミング能力認定試験1級には筆記試験がありません。合格基準は得点率60%獲得することです。

受験料について

受験料は税込7,600円です。

C言語プログラミング能力認定試験1級の難易度

転職時の評価が気になる人の中には、C言語プログラミング能力認定試験1級の難易度について知っておきたいと思われる方もいるのではないでしょうか。C言語プログラミング能力認定試験1級はやさしくない試験と言えます。

C言語プログラミング能力認定試験に1級、2級、3級があります。もちろん、1級はほかの階級に比べてもっとも難易度が高く、難しいと言えるでしょう。

サーティファイ情報処理能力認定委員会によれば、C言語プログラミング能力認定試験全体の平均合格率は67.9%です。合格率が高いので簡単なのではないかと思われるかもしれませんが、全体の合格率であり、1級の合格率ではありません。1級の合格率はわかりませんが、全体の合格率を下回ることが予想されます。そのため、難易度は高いと言えそうです。

C言語プログラミング能力認定試験1級を取得するメリット

では具体的にC言語プログラミング能力認定試験1級に合格することでどのようなメリットを得ることができるのでしょうか。

履歴書の資格欄に書ける

メリットのひとつに履歴書の資格欄に書けることを挙げることができます。就職や転職をする際に、完成した履歴書の真っ白な資格欄を見て、寂しさを感じたことがある人もいるのではないでしょうか。C言語プログラミング能力認定試験1級に合格すれば、資格欄に書くことができるので、真っ白な資格欄から卒業することができます。

C言語をマスターできる

C言語プログラミング能力認定試験1級はC言語プログラミング能力認定試験の中で難易度がもっとも高いので、合格することができればC言語をマスターしていると言っても過言ではありません。C言語を使ったシステム開発をする機会は少なくないので、転職時に採用されやすくなったり、フリーランスであれば案件を受注しやすくなったりします。

プログラミング言語を習得しやすくなる

C言語のほかにもプログラミング言語は数多く存在します。例えば、C#、C++、Pythonなどです。C言語と仕様が共通する部分もあり、C言語を取得しておけば、ほかの言語も覚えやすくなります。

気になる転職時における評価は?

ではさっそく、C言語プログラミング能力認定試験1級の転職時の評価をご説明します。

転職時に企業から技術力を高く評価される

C言語プログラミング能力認定試験1級は難易度が高く、技術力がある人でないと合格することは難しいです。そのため、C言語プログラミング能力認定試験1級を取得すれば、転職時に企業から技術力を高く評価してもらえます。

実際に企業の中には転職希望者に技術力を求めるところが多いです。技術力がある転職希望者を採用することで、短期間でお仕事を覚えてもらうことができます。技術力がある転職希望者は、短い期間で戦力になれることが予測できるので、企業側にも経験や技術力がある転職希望者を雇用することにメリットがあるのです。そのため、C言語でシステム開発をする企業の面接を受ければ、C言語プログラミング能力認定試験1級取得者は採用されやすくなるでしょう。

転職時に努力を評価してもらえる

転職時にC言語プログラミング能力認定試験1級を取得できた努力を評価してもらうことができます。努力ができる転職希望者は、採用後も社内でしっかりと働いてくれる可能性が高く、そのような転職希望者に信頼を感じる企業も多いです。そのため、C言語プログラミング能力認定試験1級を取得している転職希望者は、資格がない人に比べて転職しやすいでしょう。

資格を取得したらフリーランスとして活躍するのも一つの手!

C言語プログラミング能力認定試験1級を取得して転職活動をする人もいますが、転職ではなくフリーランスに転身される方も増えています。現在ではフリーランスが活躍しやすい環境が整えられています。その理由はフリーランスをサポートするサービスが充実しているからです。例えば、フリーランスをサポートするサービスとしてPROsheetLancersTopを挙げることができます。

PROsheetLancersTopは案件紹介サイトで、フリーランスにお仕事を紹介してくれます。PROsheetLancersTopがあることで、フリーランスは飛び込み営業せずに案件を受注でき、お仕事を取りやすくなりました。もし、転職ではなく、フリーランスとして働きたいなら、PROsheetLancersTopの利用をおすすめします。

まとめ

C言語プログラミング能力認定試験1級は転職時に企業から高い評価を得られる資格です。C言語プログラミング能力認定試験1級は難易度が高く誰でも合格できる資格ではないため、転職活動時にアピール素材として活用できます。そのため、IT業界への転職を目指す人は取得しておいて損はないでしょう。

また、C言語プログラミング能力認定試験1級に取得していれば、転職ではなくフリーランスに転身することもできます。取得することで働き方を幅が広がるので、転職を希望しない人でもプログラマーのお仕事をしていきたい人は取得をおすすめします。