合格必須!Androidアプリケーション技術者認定試験ベーシック対策のススメ

出典元:株式会社アマナイメージズ

Android技術者認定試験制度には、大きく分けるとアプリケーション技術者認定試験とプラットフォーム技術者の2種類が存在しています。その中でも近年受験者数が増えているのがAndroidアプリケーション技術者認定試験です。試験の難易度は2つに分かれており、ベーシックとプロフェッショナルが存在しています。比較的難易度が易しめと言われているAndroidアプリケーション技術者認定試験ベーシックに挑戦をしてみたいと思っている方も多いと思いますが、難易度が低めと言ってもそれなりに対策をしなければ合格することはできません。

今回は、Androidアプリケーション技術者認定試験ベーシックに合格するための対策方法について紹介するので、これから試験に挑もうと思っている方はチェックしてください。

Androidアプリケーション技術者認定試験ベーシックとは?

Androidアプリケーション技術者認定試験ベーシックとは、Androidアプリケーション開発に必要なスキルを問う認定試験となっています。ベーシックに合格することができれば、スキルを習得することが可能です。Androidアプリケーション技術者認定試験ベーシックでは、Android開発に必要なスキルが問われますが、それだけではなくJavaやWebアプリ、iPhoneアプリ、モバイル開発などに必要な知識もある程度身につけることができます。組み込み技術者としてのスキルも身につけられるため、これらの開発に携わる方にとっては魅力的な資格となっています。

Androidアプリケーション技術者認定試験ベーシックを受験するためには、税込み15,750円の受験料が必要です。申し込みの際に必要となるため、予め用意しておきましょう。

試験の内容は、時間が90分、出題数が70問となっており、合格するためには正解率が70%以上必要です。Androidアプリケーション技術者認定試験ベーシックは、基礎的な内容が多いですが、合格者は全体の約4割から5割ほどしかいないので、難易度の高さがうかがえます。合格のためには対策は必須となるため、受験する方はしっかりと対策をして挑むようにしましょう。

Androidアプリケーション技術者認定試験ベーシックおすすめ対策方法

Androidアプリケーション技術者認定試験ベーシックに合格するためには、対策方法を知っておくことが大切です。実際にAndroidアプリケーション技術者認定試験ベーシックを受験したいけどどのように対策をすればいいのか分からない方も多いでしょう。ここでは具体的な対策方法について紹介しますが、まず対策に大切なことは1日に少ない時間でもいいので勉強をし続けることです。例えば、1週間に1時間や2時間だけの勉強をするだけでは、なかなか対策ができず合格までたどり着くことは難しいでしょう。特に初心者は、最低でも1日1時間から2時間程度の勉強を毎日して対策をした方がいいと言われています。

また、Androidアプリケーション技術者認定試験ベーシックの対策として、問題集や参考書を活用するようにしましょう。中には数多くの問題集や参考書を購入する方もいますが、基本的に参考書は1冊、問題集は1冊から2冊程度で問題ありません。分かりやすい参考書や試験対策ができる問題集の購入を検討してみてください。

Androidアプリケーション技術者認定試験ベーシック合格までの勉強時間の目安

Androidアプリケーション技術者認定試験ベーシックに合格するまでの勉強時間は、最低でも1日1時間から2時間ほどした方がいいと言いましたが、人それぞれ個人差があるので、必ずしも1時間から2時間の勉強をすればいいというわけではありません。例えば、Javaに関する知識がある程度ある方なら、1日30分程度の勉強でも問題ありません。

Androidアプリケーション技術者認定試験ベーシックおすすめ参考書&問題集

Androidアプリケーション技術者認定試験ベーシックの対策には参考書や問題集の選び方が大切です。今回は評判の高い参考書と問題集を紹介するので、これからAndroidアプリケーション技術者認定試験ベーシックの対策をしていきたいという方は参考にしてください。

Androidアプリケーション技術者認定試験ベーシックの対策に使用したい問題集はこれ!
Androidアプリケーション技術者認定試験ベーシックの対策には問題集が必要不可欠です。しかし、問題集と言っても数が多いため、何を選べば対策できるのかよくわからず悩んでいる方もいるでしょう。そんな方は黒本と呼ばれるAndroidアプリケーション技術者認定試験ベーシック向けの問題集をチェックしてみてはいかがでしょうか。問題数は約300問となっており、ただ単に問題が書かれているだけではなく、1問ずつ解説がついています。分かりやすく丁寧に説明してくれるので、初心者でも対策しやすい問題集となっています。

参考書の購入で迷っている方はこれを選ぼう!
Androidアプリケーション技術者認定試験ベーシックの対策ができるように書き下ろされた参考書です。丁寧な解説が特徴的で、特に初心者にとっては分かりやすい参考書となっています。対策がしやすいので、参考書の購入で迷っている方はチェックしてみてください。

資格を取得したら、腕試しをしてみませんか?

Androidアプリケーション技術者認定試験ベーシックに合格したら実務経験をしてみたいと思っている方も多いのではないでしょうか。最近では実際に報酬を得ながら腕試しができるサービスも存在しています。それがPROsheetLancersTopです。これらのサービスを活用すれば、Android開発案件などに携わることができます。案件数も豊富ですし、優良な案件しか掲載されていないのが特徴的です。安心して腕試しができますし、難易度が易しいものから難しいものまで体験できます。力試しをしたい人はPROsheetLancersTopを活用してみてください。

まとめ

今回はAndroidアプリケーション技術者認定試験ベーシックの詳細情報や対策について紹介しましたが、基本的には対策をしっかりとしていれば合格できない試験ではありません。正しい対策方法を知ることが大切なので、これから受験する方は、ここで紹介した参考書や問題集を活用して対策してみてください。