Java最上位資格!Java Gold試験の難易度は?

出典元:株式会社アマナイメージズ

Java資格の中でも最も難易度が高いと言われているのがJava Gold試験です。Silverの難易度に合格した人は、Java Gold試験を受けようと思っている方も多いのではないでしょうか。今回は、これから挑もうと思っている方のために、Java Goldの難易度はどのくらい高いのかについてご紹介します。

世界にも通じるJava Gold

Java Goldの難易度は、設計者の意図を正しく理解して独力で機能実装が行えるレベルかどうかを測るための試験となっています。Javaに関する専門的知識があるかが問われるので、難易度は高めの試験と言ってもいいでしょう。Javaは世界でも使われているプログラミング言語です。Java Goldの資格を取得すれば、難易度の高い試験に合格した知識がある人として認めてもらうことができるでしょう。Java Goldは世界にも通じる資格なので、幅広い地域で活躍していきたいと思っている人は取得を検討してみてはいかがでしょうか。

難易度は自力で機能の実装などができる人レベル

難易度の高いJava Goldに合格するためには、自力で機能実装が行えないと厳しいと言われています。そのため、基本的には初心者では合格することが難しい試験内容となっています。難易度が高い試験なので、合格するためには、実際にJavaに触れて勉強を進める必要があります。これからJava Goldに向けて対策を進める人は、テキストを読むことも大切ですが、パソコンを使用して自分で機能の実装ができるように時間をかけて対策を行いましょう。

難易度が高いJava Goldに合格するためには、問題集の活用もしてください。ネット通販などではJava Goldのために書き下ろされた問題集や参考書がたくさんあります。しっかりと対策するためには必要不可欠なので、参考書や問題集を持っていない人は、事前に用意しておくといいでしょう。

Silverに比べ、知識の深さが問われる

Java Goldの特徴は、Silverと比べて知識の深さが問われることです。Silverでもマイナーな問題や暗記をしなければならない問題が出題されますが、それ以上にJava Goldでは難易度の高い問題が多く出題されます。

具体的には各メソッドの引数と戻り値を覚えなければなりませんし、その中でもマイナーなメソッドが問題として出題されることもあります。覚えられるようにするためには、繰り返し問題を解いたり、参考書を繰り返し読んだりするしかありません。覚えるまでにはある程度時間がかかるので、できる限り毎日勉強は進めた方がいいでしょう。

難易度が高い問題ばかりが出題されるので、事前に問題集などで勉強をする際には、9割から10割の正解率を目指すようにしましょう。毎回9割から10割の正解率を出せるようになれば、Java Gold試験本番を迎えてもそれほど難易度が高いと感じることはないでしょう。

Java Gold試験はこんな人にオススメ

Java Gold試験は、難易度が高く合格率が低いことで有名ですが、そもそもJava Goldは、どんな人が取得することでメリットが得られるのでしょうか?ここでは難易度の高いJava Goldの資格取得をした方がいい人についてご紹介します。

5年以上Javaを使った仕事をしている人

5年以上Javaを使った仕事をしている人は、基本的なことはある程度理解できているかと思います。中には開発経験がない人がJava Goldを受験する場合もありますが、内容が専門的で難易度が高いため、ほとんどの人は合格することが難しいでしょう。

できる限り難易度が高いと感じずに合格できる目安としては、Javaを使った開発経験が5年以上ある方です。これくらい経験をしている方なら、それほど難易度は高いと感じないため、資格を取得できる可能性が高くなります。資格は持っておいて損はしないので、Java Goldの難易度に合格できるレベルである人は取得を検討してみてはいかがでしょうか。

Javaの知識をより深めたい人

プログラミング言語は日々進化しており、新しい情報が常に入ってきます。プログラマは常に学び続けなければならないという試練がありますが、知識をより深めるための方法としては資格取得がおすすめです。特にJava Goldなど難易度の高い資格は、Javaに関する幅広い知識を学べます。ライバルに置いてかれないように知識を身につけたいと思っている方は資格取得を検討してみてはいかがでしょうか。

会社で資格手当に該当する場合

プログラマは専門的知識が必要になる職種なので、専門的知識を必要としない職業に比べたら収入は高い傾向にあります。しかし、その中でも収入は上下しており、中にはプログラマでもあまり収入が高くない人たちも存在しています。特に新人などはあまり収入が高くありませんが、収入を上げる方法としては資格取得が有効的な方法となります。

特にJava Goldは難易度が高めなので、取得することで資格手当を付けてくれる企業も増えています。企業によって手当は異なりますが、一般的には1,000円から10,000円の範囲となっています。少しでも収入をアップさせたいと思っている人はJava Goldに挑戦してみてはいかがでしょうか。

まとめ

今回はJava Gold試験の難易度について紹介しましたが、Java資格の中では一番難易度が高いことが分かったかと思います。簡単に合格できる試験ではありませんが、取得することで得られるメリットはたくさんあります。少しでも興味がある方や、Javaを学び続けたい方は取得を検討してみてはいかがでしょうか。