みんないくらもらってる?システムエンジニアの年収と給料を徹底解説!

出典元:株式会社アマナイメージズ

エンジニアの給料は年齢や会社規模によって大きく異なります。システムエンジニアとして働いている人の中には、自分以外の周りのエンジニアがどのぐらい給料を貰っているのか気になる方もいるのではないでしょうか。今回はエンジニアの年収と給料を徹底比較したので、興味のある人は最後までチェックしてみて下さい。

月額平均給与は約35.7万!?年齢別給与比較

システムエンジニアの全体の平均年収は約35.7万円から47.6万円です。ほかの職業に比べて比較的月収が高いです。

全体の平均年収には大きな幅があります。その理由は年齢や企業規模によって月収額が異なってくるからです。

タイプ別比較!システムエンジニア(SE)の年収公開!

ここでは、タイプ別にシステムエンジニアの給料を比較しました。表を見ればそれぞれのエンジニアで給料に差があることが一目瞭然でしょう。

年齢別年収

 

年齢 平均年収 平均月額給与 ボーナス
20~24歳 3,739,000円 234,000円 935,000円
25~29歳 4,658,000円 291,000円 1,164,000円
30~34歳 5,117,000円 320,000円 1,279,000円
35~39歳 5,838,000円 365,000円 1,460,000円
40~44歳 6,560,000円 410,000円 1,640,000円
45~49歳 7,347,000円 459,000円 1,837,000円
50~54歳 7,872,000円 492,000円 1,968,000円
55~59歳 7,806,000円 488,000円 1,952,000円
60~65歳 5,314,000円 332,000円 1,328,000円

参考URL: http://heikinnenshu.jp/it/se.html#chapter2 

20歳から24歳のエンジニアは、ほかの年齢のエンジニアに比べて平均年収が1番安くなっています。しかし、年齢を重ねるごとに徐々に上昇し、55歳から59歳のシステムエンジニアの年収が1番高いです。

エンジニアの年齢が高くなるに連れて段々給料が高くなるため、システムエンジニアの業界も年功序列と言えそうです。

年代別年収

 

年代 平均年収(推定)
30代 約5,117,000円
40代 約6,560,000円
50代 約7,872,000円

年齢別と同様に年代別でもエンジニアの年代が高くなるに連れて年収は増えます。推定ではありますが、50代のエンジニアは年収が800万円近くにもなります。

男女別年収

性別 平均年収 平均月額給与
30代 7,610,000円 476,000円
40代 5,445,000円 340,000円

参考URL: http://heikinnenshu.jp/it/se.html#chapter8

日本の社会では女性の社会進出が目覚ましいですが、システムエンジニアは性別で給料に差があります。男性エンジニアの平均月収が761万円であるのに対して、女性エンジニアは544.5万円で給料に200万円近くも差があります。

会社規模別年収

 

企業規模 平均年収 平均月額給与
大企業のシステムエンジニア(SE) 7,610,000円 476,000円
中企業のシステムエンジニア(SE) 6,298,000円 394,000円
小企業のシステムエンジニア(SE) 5,707,000円 357,000円

参考URL: http://heikinnenshu.jp/it/se.html#chapter8

システムエンジニアも大企業のほうが給料は高く、小企業に向かうにつれて徐々に給料が下がります。大企業と小企業の年収には100万円も差があり、小企業に比べて大企業で働くエンジニアは給与待遇が良いことが理解できるでしょう。

業種別年収

 

職場 システムエンジニアの年収
建設業 7,589,000円
製造業 6,611,000円
情報通信業 11,829,000円
運輸業・郵便業 4,081,000円
卸売・小売業 7,704,000円
金融・保険業 16,643,000円
学術研究・専門・技術サービス業 9,904,000円
宿泊業・飲食サービス業 4,488,000円
生活関連サービス業・娯楽業 5,740,000円
教育、学習支援業 10,572,000円
医療・福祉 8,782,000円
その他 4,585,000円

参考URL:  http://heikinnenshu.jp/it/se.html#chapter8

業種別では圧倒的に金融・保険業の会社で勤めるシステムエンジニアの給料が高いです。平均年収は1664.3万円で年収1000万円を超える結果となっています。一方、業界で1番年収が低いエンジニアは運輸業・郵便業で働くシステムエンジニアです。

エンジニアが収入を増やすには?おすすめ3選

システムエンジニアの中には自分はほかのエンジニアに比べて給料が少ないと感じた人もいるのではないでしょうか。当然、働く環境や年齢で給料は異なり、ほかの人よりも少ないと、給料を高くしたいと思われる方も少なくありません。給料を増やすための方法はいくつか挙げることができますが、その中でもおすすめのものを3つご紹介します。

転職する

おすすめの方法のひとつに転職を挙げることができます。転職をすることで必ずしも年収アップができる保証はありませんが、今よりも給料が高い求人に応募したり、管理職を募集している会社に応募したりすることで、給料を高められる可能性があります。転職は給料アップだけでなく、職場環境を変えることができるので、たくさんのメリットがあるでしょう。

経営者になる

エンジニアが会社員を辞めて経営者になることで給料アップを期待できます。経営者として会社を立ち上げ、営業をしてお仕事を受注し、プロジェクトを納品することで、会社員時代には得られなかった収入を獲得できる可能性があります。

フリーランスになる

エンジニアがフリーランスとして働くことも給料をアップさせる方法のひとつです。現在では、インターネットの普及でオフィスを持たずにお仕事をするエンジニアも増えました。実際に日本にはフリーランスとしてお仕事をして、会社員時代よりも稼いでいるエンジニアはたくさんいます。

また、現在ではフリーランスが仕事を受注できるサービスがあり、エンジニアはそれを利用することで、フリーランスとして生計を立てられる可能性があります。では実際にエンジニアはどのようなサービスを活用すればいいのでしょうか。

geechs job
geechs jobはフリーランス専門のエージェントです。エンジニアが働ける数多くの案件を抱えており、フリーランスになったばかりのエンジニアに使われているサービスです。大企業もお仕事を依頼することがあり、給料を高められる案件を受注できる可能性があります。

Lancers
Lancersはクラウドソーシングサービスです。多くのIT企業が仕事をしてくれる人を募集しており、応募すればお仕事を受注できます。しかし、案件の中には相場よりも安く募集している企業もあるので、しっかりと選別して応募し、給料アップを目指しましょう。

PROsheet
PROsheetはエンジニアなどのフリーランスにお仕事を紹介してくれるマッチングサービスです。特徴は安心のサポート体制を提供してくれることになります。
例えば、PROsheetではキャリア支援や契約内容の調節などもしてもらうことができます。比較的システムエンジニア向けの案件も豊富で、フリーランスになったばかりのエンジニアでも仕事を受注することができるでしょう。

また、PROsheetには給料をアップさせられるようにサポートを受けることができます。例えば、担当コンサルタントが単価交渉をサポートしてくれるので、高い単価でお仕事をすることもできます。

まとめ

エンジニアの給料は年齢が高いほうが多くなり、企業規模が大きくなればなるほど、給料が高くなる傾向があります。また、エンジニアの性別によっても給料に差があることが理解できたでしょう。もし自分の今の給料に納得していないのなら、ご紹介したエンジニアにおすすめの給料アップ方法を試してみてはいかがでしょうか。