会社にいるだけじゃもったいない!エンジニア向け副業のススメ

出典元:株式会社アマナイメージズ

エンジニアの中には、会社で仕事をするだけじゃ物足りないと思っている方もいるのではないでしょうか。こういった方が知っておきたい情報の一つに、副業があります。最近ではエンジニア向けの副業もたくさんあり、誰でも気軽に挑戦できます。今回は、副業をしたいと考えている方のために、とっておきな情報をご紹介します。

エンジニアが副業をするべき良い理由

エンジニアが副業すべき理由は大きく分けると3つあります。

求人倍率は5倍以上!?エンジニアの需要が増加

エンジニアは現在人材不足が問題視されています。採用したいと思っている企業は多いですが、なかなか人材を確保するのが難しいのが現状です。人材が集まらない場合、企業はやむを得ずクラウドソーシングなどで案件に参加してくれるエンジニアを募集しています。求人をチェックしてみると、倍率は5倍以上もあると言われており、スキルを持っているエンジニアなら採用される確率が高いです。

時間に余裕があり、収入を増やしたいと思っている人は、副業に挑戦してみてはいかがでしょうか。

ITスキルは汎用性が高い

ITスキルは汎用性が高いということをご存知でしょうか。汎用性が高いということは、会社問わずどこでも使えるということです。そのため、ITスキルを持っているエンジニアは副業に適していると言われています。

会社員の多くは、スキル=給料ではない

会社員として働いているエンジニアは、基本的にどれだけ優れたスキルを持っていたとしても、給料が他のエンジニアよりもずば抜けて上がることはありません。例えば、100万円を超える価値のスキル所有者でも、企業によっては10万円で買われることも少なくありません。優れたスキルを持っているエンジニアは、できる限り副業をした方がスキルに見合う報酬を手に入れることができるでしょう。

副業を始める前に確認すべきこと(就業規則)

副業を始める場合、確認すべきポイントもいくつかあるので、これから副業を考えている方は参考にしてください。

就業規則で禁止されていないか

企業に勤めている方は、副業を始める前に就業規則のチェックはしておくようにしましょう。会社によって異なりますが、中には副業を禁止していないところもあれば、明確に禁止しているところもあります。また、公務員は法律で禁止されているので、副業をすれば罰せられます。そのため、まずは就業規則に反していないかをチェックし、問題がなければ仕事を始めるようにしましょう。

報酬は成果に依存する

副業をすればたくさんの報酬が得られると思っている方も少なくありませんが、報酬は成果に依存するので、クライアントの要望通りに仕上げなければ、どれだけ時間をかけて開発しても報酬が得られないこともあります。必ず成功報酬型を採用しているとは限りませんが、ほとんどの副業が成功報酬型なので、納得した上で作業を行うようにしましょう。

エンジニアの副業での働き方

エンジニア向けの副業は多く出ていますが、その中でも働き方は大きく分けると2つあります。特徴についてチェックしていきましょう。

クラウドソーシング

クラウドソーシングとは、簡単に説明するとインターネットを使用して、企業や個人が不特定多数の人たちに業務を委託するサービスのことを言います。

クラウドソーシングはパソコンやインターネット環境があれば作業はどこでも行うことができます。わざわざ企業に足を運んで業務をする必要がないので、副業向けのサービスと言えるでしょう。

また、最近ではクラウドソーシングが注目されてきているため、様々な企業が業務を委託しています。そのため、仕事の種類もたくさんあり、好きな業務や得意な分野を選べます。自分のスキルに合った仕事ができるというのは魅力的なサービスです。

常駐型

クラウドソーシング以外の副業としては、エンジニアの場合、常駐型も存在しています。これはその名の通り、企業に訪問して作業をすることを言います。自分の好きな時間に仕事を進めることはできませんが、比較的単価が高いことから人気を集めています。

しかし、会社員は自分の会社での作業もあるので、常駐型よりはクラウドソーシングの方が効率よく仕事はできるでしょう。

エンジニアの副業は、どんな仕事があるのか

これから副業を始めたい人の中には、どんな仕事があるのか知りたいと思っている方も多いでしょう。よくある仕事内容としては3つあります。

コーディング

ここ最近クラウドソーシングなどでよく見かける案件としては、コーディング作業があります。これはウェブサイト制作や、既存のウェブサイトをワードプレスなどに移行させる作業ですが、大規模な開発ではないので、副業向きの案件として人気です。報酬も相場は5万円から30万円ほどとなっており、案件をすぐに処理できる人は、副業として十分な収入を得られます。

WEBサービス開発

ウェブサービスの開発と言っても案件によってやることは様々ですが、エンジニアが行う作業としては、主にサーバーの構築、会員制サイトの開発、ECサイトの開発などが多くなっています。コーディング作業に比べると規模が大きなものも多く、納期は1か月から長いもので数か月ほどあります。

報酬は規模によって異なりますが、大きなものになると50万円を超える場合もあります。

アプリ開発

アプリ開発はスマートフォンが登場してから急速に依頼をかける企業が増えました。毎日のように案件はあり、ゲームからユーティリティアプリの開発など様々です。報酬は10万円から30万円ほどとなっており、納期も1か月から数か月ほどある案件が多くなっています。アプリ開発が得意なエンジニアは挑戦してみてはいかがでしょうか。

副業探しにオススメなメディア

最近ではエンジニアのために副業のサービスがいくつか存在しています。その中でもおすすめのメディアは大きく分けて2つあります。

Lancers Top

Lancers Topは大手企業の案件を多数取り扱っているお仕事紹介サービスです。実際に多数のエンジニアがLancers Topを利用しており、毎月多くの報酬を受け取っているエンジニアも少なくありません。Lancers Topをチェックしてみると、案件によっては100万円を超えるものも多数取り扱っています。高単価で良質な案件を探している人はLancers Topの利用を検討してみるといいでしょう。

PROsheet

Lancers Topは高単価な案件が多く魅力的ですが、5日間の稼働が必要なので、副業という意味では少し大変かもしれません。稼働日数を減らしたいエンジニアは、PROsheetをおすすめします。PROsheetなら週2日から働くことができるなど柔軟な働き方が可能です。単価も高く、エンジニアによっては年収1000万円を超える方もいると言われています。サポートも充実しているので、人気の高いサービスです。

まとめ

今回はエンジニア向けの副業についてご紹介しましたが、最近ではサービスも増えています。手軽に働ける環境が整っているので、今の収入に満足していない場合や、もっとスキルを磨きたいエンジニアは挑戦してみてはいかがでしょうか。