40歳になって辞めた3つのこと

「好きで活きて得意で稼ぐ」PROsheetブログのたぐちです。
本日は弊社代表中川の寄稿「40歳になって辞めた3つのこと」をお届けします。

40歳になり約3ヶ月が経過しました。
ビジネス社会に入り約17年、今、当たり前に繰り返ししてきた3つのことを辞めたことで、
すごく充実しています。固定観念から解き放たれてすごく晴れ晴れしいのです。

1:移動(通勤)

40歳になって辞めた3つのこと

通勤を辞めた。仕事での近辺移動も全て自転車に。
住まいは湘南なので往復2時間、前後1時間の準備やら含めると1日4時間のロス。
家族とは週末だけだけど、より深く関わろうとするし、平日のイライラあっても嫁に八つ当たり
しなくなった。(会わないからできない?)
後、家族への感謝と大切に思う気持ちが大きくなった
両親と離れて初めてわかるありがたみとか、感謝とかと同じ感覚。

そして、一番大きいのは、平日は仕事モードを継続できる。
プライベート(家族)モードに切り替える必要がないので一週間通して仕事脳になれること
少し寂しいけど、今は大切なときなのでありがたい。

2:食事(&糖質)

40歳になって辞めた3つのこと

原則、朝はソイラテ一杯だけの1日2食に。後、糖質を制限
完全に抜くとストレスたまるので、夜を中心に、昼もご飯やパンは軽くだけ、に。
BEERは好きなので糖質ゼロで。
びっくりした効果が、胃の負担が減ったせいか、寝る時間が少なくても済むようになったこと。
今までは7時間は寝ないと少し寝不足ぎみだったのが、5−6時間でも大丈夫!
夜に胃の負担にかかるものを食べなくなったので、寝てる間の身体の負担が少なくなった。
結果、睡眠の質が上がったようだ。体感できるほどなので結構な効果だと思う。
体重は半年で約6kg減。後2−3k落とせたらも少し糖質とりたい(笑)

3:人に会う

今まで、多くの人に会う=充実、、みたいな固定観念があった。
より一人の時間を持つ(今は主に仕事に使う)ことで自分を見つめなおすことができる
自己投資できる

ここはコワーキングスペースをやっている、その中にオフィスがあるという環境なので
話ししたければいつも周りに人がいる環境のおかげかもですが。

今までまではとかく、「広げて、足して」をしないと充足感を得られなかった。
引き算を始めると、思考までSimpleになり、ひとつひとつのアクションも研ぎ澄まされていく気がする。

後はもうちょいamazonでの買い物を減らしたい・・・・笑。

以上。

だったのですが、追加でひとつ。

ウィークディのお酒

スクリーンショット 2014-06-11 9.39.44

というワケでした。上記全てにおけることですが、まず、環境を変えてみる、というのは大事だなぁと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です