IC3のGS4コンピューティングファンダメンタルズにオススメの参考書をご紹介!

出典元:ゲッティ・イメージズ・セールス・ジャパン合同会社

導入文

IC3にはコンピューティングファンダメンタルズ、キーアプリケーションズ、リビングオンラインの3つの試験が存在しております。これから3つの試験のうち、GS4コンピューティングファンダメンタルズから受験を考えている方も多いでしょう。初めて試験を受ける方は、不安な部分もあると思いますが、ここではIC3のGS4コンピューティングファンダメンタルズに一発で合格するためにオススメの参考書や試験内容について説明します。

IC3のGS4コンピューティングファンダメンタルズの特徴

IC3のGS4コンピューティングファンダメンタルズの特徴は、簡単に説明するとコンピュータ全般の基礎知識について出題される試験となっています。特にハードウェアやソフトウェア、オペレーティングシステムに関する情報が出題されます。そのため、試験対策では特にこれらの内容を中心に参考書を活用して勉強しましょう。
IC3のGS4コンピューティングファンダメンタルズの試験方法は、コンピュータ上で行われるCBT方式を採用しています。基本的にはパソコンを活用して選択問題、組み合わせ問題、入力問題、操作問題を解きます。
IC3のGS4コンピューティングファンダメンタルズで出題される問題数は40問~45問です。制限時間は50分しかないので、事前に参考書を読み込んで対策をしましょう。
IC3のGS4コンピューティングファンダメンタルズの受験料に関しては、5,400円となっていますが、学生は学割が適用されるので、4,320円で受験ができます。

GS4コンピューティングファンダメンタルズに合格するために必要な勉強時間の目安

IC3のGS4コンピューティングファンダメンタルズに合格するためには、参考書の活用が必須と言われていますが、具体的に参考書を使った勉強をどのくらい行えばいいのでしょうか。参考書を使った勉強の目安としては、約30時間と言われています。勉強方法は人それぞれ異なり、1日2時間程度の勉強を2週間してから試験に挑む方もいますし、1日1時間の勉強を1か月かけて行う方もいます。初心者でも約30時間の勉強で合格できる可能性が高いと言われているので、参考書を活用した勉強時間の目安を知りたい方は、参考にしてみてください。

GS4コンピューティングファンダメンタルズ合格に役立つ参考書&問題集

IC3のGS4コンピューティングファンダメンタルズ試験を受ける方は、対策方法で悩んでいる方も多いのではないでしょうか。特に初めての方は悩むかと思いますが、基本的には参考書やちょっとした問題集を解いてから試験に挑めば合格できる可能性が高いと言われています。参考書と言っても種類もいくつかあるので、その中でも効率よく対策できる参考書と問題集についてここでは紹介したいと思います。

デジタルリテラシーの基礎1 コンピュータの基礎知識 IC3 GS4 コンピューティングファンダメンタルズ対応

コンピュータの基礎知識について身につけることができる参考書です。具体的にこちらの参考書では、IC3のGS4コンピューティングファンダメンタルズで出題されるハードウェアやソフトウェア、インターネットの基礎知識について解説してくれます。数ある参考書の中でもIC3のGS4コンピューティングファンダメンタルズで出題される内容を丁寧に解説してくれる参考書なので、効率よく試験の対策ができます。IC3のGS4コンピューティングファンダメンタルズの試験範囲に完全対応している参考書はこちらの公式参考書のみとなっているので、これから勉強に向けて教材を探している方は、できれば公式参考書の利用をおオススメします。

サンプル問題

IC3にはそれぞれの科目のサンプル問題集を用意しています。参考書を中心に勉強を進めるのが一般的ですが、参考書の対策を完璧にできたらサンプル問題も活用してください。サンプル問題集ではIC3のGS4コンピューティングファンダメンタルズでどのような内容が出題されるのか、どのような形式で出題されるのかが分かります。実践形式に慣れるためにも利用してみてください。

GS4コンピューティングファンダメンタルズはこんな人にオススメ!

IC3のGS4コンピューティングファンダメンタルズの資格を取得したい方はたくさんいますが、どういった方にとってメリットのある資格なのでしょうか。ここではIC3のGS4コンピューティングファンダメンタルズの取得がオススメな人について紹介します。

コンピュータの知識を身につけたい方

現代社会では、コンピュータに関する知識は必須と言われています。効率よく業務を進めるためにも知識を身につけた方がいいので、コンピュータの基本的な知識から勉強したいと思っている方はIC3のGS4コンピューティングファンダメンタルズの取得を検討してみてはいかがでしょうか。

就職や転職を成功させたい方

IC3のGS4コンピューティングファンダメンタルズを取得することで、ソフトウェアやハードウェアの基本的知識があることを証明できます。企業によっては基本的なスキルがある方を優遇してくれるところも多いので、就職や転職の際にライバルに負けたくない方はIC3のGS4コンピューティングファンダメンタルズの取得について考えてみてください。

GS4コンピューティングファンダメンタルズに合格したら、他の科目も受けてみよう!

IC3のGS4コンピューティングファンダメンタルズは参考書を使って勉強し、基本的なことを理解できていれば合格することができます。IC3のGS4コンピューティングファンダメンタルズに合格しただけで満足している方もいますが、できればIC3のGS4コンピューティングファンダメンタルズに合格したら他のキーアプリケーションズやリビングオンラインの受験も検討してください。これらの知識があれば更にコンピュータやインターネットに関する幅広い知識が身に着きます。幅広い場面で活躍できるので、できれば3つ全ての科目に挑戦することをオススメします。

資格を取得したら、腕試しをしてみませんか?

資格を取得したら、実務にチャレンジしたい方もいるでしょう。腕試しをする方法としては、PROsheetLancersTopの2つのサービスがあります。これらのサービスは、資格や専門的知識がある人向けに案件を紹介してくれます。手軽に腕試しができることでも有名なので、能力がどこまで身についているか知りたい方は利用を考えてみてはいかがでしょうか。

まとめ

今回はIC3のGS4コンピューティングファンダメンタルズの紹介をしましたが、試験の難易度的にはそれほど高くありません。参考書などを活用して基本的なことを理解できれば合格が可能なので、IC3のGS4コンピューティングファンダメンタルズの受験勉強を始める方は、参考書の内容を隅々まで勉強してから試験に挑みましょう。