最初の関門!ITストラテジスト午前試験の概要をご紹介

出典元:ゲッティ・イメージズ・セールス・ジャパン合同会社

導入文

ITストラテジストの受験を検討している人は、これから午前試験の勉強をスタートさせようと思われている方もいるでしょう。勉強を開始する人の中には、午前試験の概要について詳しく把握できていない人もいるのではないでしょうか。今回は、ITストラテジスト午前試験の概要を詳しく解説しますので、把握したい人はチェックして下さい。

ITストラテジスト試験の概要

ITストラテジスト試験とは、経営戦略に基づいたIT戦略を策定するスキルなど試すための試験で、情報処理推進機構(IPA)によって毎年10月の第3日曜日に実施されています。

4つの試験から構成されている

ITストラテジストは、午前試験Ⅰ・Ⅱと午後試験Ⅰ・Ⅱから構成されています。ちなみに、午前試験Ⅰに関しては免除制度があります。詳しくはIPA公式ホームページの免除制度の概要 をご確認下さい。

順番に合格する必要があり

ITストラテジストは4つの試験から構成されていますが、合格するためには順番に試験をパスする必要があります。もし、途中で合格に必要な得点を上回らなかった場合、その時点で不合格となってしまいます。例えば、午前試験をパスし、午後Ⅰで合格基準の得点率を獲得できなかった場合、その時点で不合格となり午後Ⅱは受験できません。

合格基準

ITストラテジストの合格基準は100点満点中60点以上の得点を獲得することです。

ITストラテジスト午前試験の内容

ここでは、ITストラテジスト午前試験に話を絞り、午前試験の内容について詳しく解説していきます。

試験はⅠ・Ⅱに分かれている

ITストラテジストの午前試験はⅠ・Ⅱにわかれます。午前試験Ⅰはテクノロジ系、マネジメント系、ストラテジ系の3の分野から出題されます。午前試験Ⅱの出題範囲はストラテジ系が中心です。

出題形式

ITストラテジスト午前試験の出題形式は多肢選択式となっています。

出題数

午前試験Ⅰの出題数は30問、午前試験Ⅱの出題数は25問です。

試験時間

ITストラテジスト午前試験Ⅰの試験時間は50分、午前試験Ⅱは40分となっています。

ITストラテジスト午前試験の難易度は?

ITストラテジスト午前試験の難易度が気になる受験生も少なくないでしょう。午前試験の難易度は高くないと言えます。そのため、ITストラテジスト午前試験対策をしっかりとしておけば、多くの受験生が午前試験をパスできるでしょう。

多肢選択式なので解答しやすい

午前試験の出題形式は多肢選択式です。多肢選択式は解答の選択肢が準備されているので記述式や論述式よりも答えやすくなっています。そのため、難易度は高くないと言えるでしょう。

午前試験は対策しやすい

午前試験は過去問から使い回されることが多いです。つまり、過去問をしっかりと勉強しておけば得点率を高められるので対策がしやすくなっています。そのため、難易度は高くないと言えます。

ITストラテジストはこんな人にオススメ!

実際にITストラテジストの受験を検討している人の中には、まだ受験することに迷っている方もいるのではないでしょうか。ここでは、受験をおすすめしたい人をご紹介しますので、自分がおすすめの人に当てはまるかチェックしてみて下さい。

キャリアアップを目指したい人

キャリアアップをしたい人はITストラテジストの取得を検討してみてはいかがでしょうか。ITストラテジストを取得すれば上流工程に必要な知識が身に付けられるので、上位キャリアにチェンジすることができます。そのため、キャリアアップに活かせる資格となっています。また、キャリアチェンジや資格手当の支給により報酬アップも期待できるでしょう。

就職活動を有利に進めたい人

就職活動を有利に進めたい人はITストラテジストの取得を目指してみてはいかがでしょうか。ITストラテジストという資格は経験豊富なエンジニアでも合格が難しいため、就職活動をする人が取得してれば、企業から高評価を得ることができます。そのため、合格することができれば、就職を有利に進められる可能性があるでしょう。

フリーランスにもメリットがある資格!

ITストラテジストはフリーランスにもメリットがある資格と言えます。そのため、フリーランスとして活動している人やフリーランスに転身したい方は取得を目指してみてはいかがでしょうか。フリーランスが取得すれば、高度なITスキルをクライアントに示せられるので、お仕事を任せてくれるクライアントが増えます。つまり、受注率の増加に繋げられるので、メリットを感じられるフリーランスも少なくないでしょう。

資格を取得したら、腕試しをしてみませんか?

ITストラテジストに合格することができたら、PROsheetLancersTopを利用してお仕事に取り組みながら習得できたスキルの腕試しをしてみてはいかがでしょうか。PROsheetLancersTopには、システム導入のコンサルティング業務などITストラテジスト合格に必要なスキルを活かせられるお仕事が数多く紹介されています。PROsheetLancersTopにアクセスして案件に応募し、受注することができればお仕事の中でITストラテジスト合格に必要なスキルの腕試しができるでしょう。

まとめ

ITストラテジストの午前試験は午後試験よりも難易度が低いので、比較的合格を目指しやすいでしょう。午前Ⅰに関しては免除制度がありますので、免除されれば有利に受験勉強を進められます。そのため、できるだけ免除制度を利用してITストラテジストを受験することをおすすめします。