準備は万全に!ネットワークスペシャリストの午前試験対策のススメ

出典元:ゲッティ・イメージズ・セールス・ジャパン合同会社

導入文

ネットワークスペシャリストの午前試験対策をこれからスタートさせる方もいるでしょう。効率的に午前試験対策をするためには、適切な対策方法を知っておく必要があります。そこで、今回はネットワークスペシャリスト午前試験におすすめの対策方法をご紹介しますので、興味のある人は最後まで読んでみて下さい。

ネットワークスペシャリスト試験の概要

まずは、ネットワークスペシャリスト試験の概要をご説明していきます。

4つの試験から構成されている

ネットワークスペシャリスト試験は、午前Ⅰ・午前Ⅱと午後Ⅰ・午後Ⅱの4つの試験から構成されています。それぞれで出題形式や出題数が異なりますので、対策は各試験で行う必要があります。

順番に合格する必要があり

ネットワークスペシャリスト試験は4つの試験で構成されており、順番に合格していく必要があります。ネットワークスペシャリスト試験は合格点を獲得できなかった段階で、次の試験を受験することができなくなります。例えば、午前Ⅰで合格点を得られなかった場合、午前Ⅱ以降の試験は受験できません。そのため、順番に試験を受けてすべての試験で合格得点を獲得しなければネットワークスペシャリストの資格を取得することはできません。

合格基準

合格基準は午前Ⅰ・午前Ⅱ、午後Ⅰ・午後Ⅱそれぞれで100点満点中60点以上の得点を獲得することです。

ネットワークスペシャリスト午前試験におすすめの対策方法

ネットワークスペシャリスト試験の概要を把握できたところで、さっそく午前試験の対策方法を詳しくご説明していきます。ご説明した通り、午前試験は2つにわかれて実施されますので、午前試験Ⅰ・Ⅱそれぞれでおすすめの対策方法をご紹介します。

午前試験Ⅰにおすすめの対策方法

ネットワークスペシャリストの午前試験Ⅰの問題は半分以上が過去問の使い回しです。そのため、ある程度参考書でテクノロジ系、マネジメント系、ストラテジ系について学んだら、過去問をベースに対策していくことになるでしょう。時間に余裕がある人は、10回分過去問を解いておくことをおすすめします。また、忙しい人でも過去問3回分は解くようにしましょう。
午前試験Ⅰの過去問を解く際のポイントは、3年以上前の過去問をできるだけ解くことです。3年以上前の過去問から頻繁に問題が使い回されることが多く、3年以上前の過去問を解くことで効率的に対策ができます。

午前試験Ⅱにおすすめの対策方法

ネットワークスペシャリストの午前試験Ⅱに関しても過去問から多く出題されます。そのため、基本的には過去問を使って対策するようにしましょう。
午前試験Ⅱの対策をする際のポイントは、ネットワーク分野とセキュリティ分野を積極的に勉強することです。午前試験Ⅱでは、ネットワーク分野の問題が全体の70%程度、セキュリティ分野の問題が15%程度出題されます。出題される問題の分野がネットワーク分野とセキュリティ分野に集中しているので、この2つの分野を積極的に対策することで、対策を効率化させられるでしょう。

午前試験対策におすすめの参考書&問題集

ネットワークスペシャリストの午前試験対策に参考書と問題集を使う人も多いでしょう。ここでは、ネットワークスペシャリストの午前試験対策に活用できる参考書と問題集をピックアップします。

情報処理教科書 高度試験午前I・II 2019年版

ネットワークスペシャリストの午前試験を1冊で対策できる参考書です。本書は問題演習を中心に対策ができる参考書となっています。出題範囲をカバーするだけでなく、本番で頻出する問題を問題演習に採用してくれるので、効率的に対策ができるようになっています。無駄な学習を省き、効率的に対策していきたい受験生におすすめです。

ポケットスタディ 高度試験共通 午前I・II対応[第3版] (情報処理技術者試験)

本書はプロの講師が合格するためのコツを詳しく解説してくれます。また、クイズ形式を採用することで、意識せずに内容を覚えられるように工夫されています。挫折せずに対策していきたい人や隙間学習に活用したい参考書を探している方におすすめの参考書です。

ネットワークスペシャリスト 午前 試験問題集 第2版 (合格精選500題)

ネットワークスペシャリストの午前試験対策の問題集には本書がおすすめです。現行の試験制度が採用されてから本番で出題された問題がすべて収録されており問題数が豊富です。そのため、多くの問題に取り組みたい人、問題集をベースに対策していきたい方におすすめできる参考書となっています。

ネットワークスペシャリストの午前試験合格に必要な勉強時間の目安

ネットワークスペシャリストを受験する人の中には、ネットワークスペシャリストの午前試験対策にどのぐらいの勉強時間がかかるのか気になっている方もいるのではないでしょうか。ネットワークスペシャリスト取得までにかかる勉強時間の目安は200時間とされています。そのため、午前試験対策だけでも50〜100時間以上は勉強する必要があるでしょう。

資格を取得したら、腕試しをしてみませんか?

ネットワークスペシャリストに合格することができたら、自分の技術力を腕試ししたいと思われる方もいるのではないでしょうか。ネットワークスペシャリスト合格者が腕試しをする際にはPROsheetLancersTopの利用をおすすめします。
PROsheetLancersTopにはネットワーク構築案件やネットワーク導入プロジェクトなどネットワークスペシャリスト合格者が挑戦できるお仕事が数多く紹介されています。そのようなネットワークに携わるお仕事に挑戦すれば、案件に取り組みながら腕試しをすることができるでしょう。
案件に取り組むためにはクライアントに採用してもらう必要があります。そのため、まずはPROsheetLancersTopに登録して、案件に応募してみてはいかがでしょうか。

まとめ

ネットワークスペシャリストは簡単に取得できる資格ではありません。しかし、取得できればキャリアアップなど豊富なメリットを獲得できます。そのため、ネットワークのお仕事に携わっていきたい人は午前試験対策をしっかりと行いネットワークスペシャリストを受験することをおすすめします。