知りたい!転職時におけるトータルカラリスト検定1級の評価は?

出典元:ゲッティ・イメージズ・セールス・ジャパン合同会社

導入文

近年では商品の企画に色彩マーケティングを取り入れているところも増えており、色彩に関する専門的知識を持っている人材を探している企業もたくさんあります。実際に色に興味がある方は、色彩の仕事に携われる企業に転職をしたいと思っている方も多いのではないでしょうか。しかし、専門的知識が必要な職業になるため、簡単には転職することはできないでしょう。転職を成功させるためには資格などが重要になりますが、資格の中でもたくさんの方が受験しているのがトータルカラリスト検定です。今回はその中でも今回は、トータルカラリスト検定1級が転職に役立つかどうかについて紹介したいと思います。

トータルカラリスト検定1級とは?

そもそも転職に有利と言われているトータルカラリスト検定1級とは、実務で活用できる色彩スキルから、色彩マーケティングまで学ぶことができる受講型の資格試験となっています。受講型なので、講座を受講してから修了試験を受ける形となっています。
トータルカラリスト検定1級を受験するためには、3級と2級に合格、もしくは3級と2級検定申し込み者に限られています。そのため、トータルカラリスト検定1級から受験するということはできません。
トータルカラリスト検定1級は筆記試験のみとなっており、試験時間は45分に設定されています。受験料は9,720円となっているので、申し込み時に支払いを完了させておきましょう。
トータルカラリスト検定1級は難易度が比較的高い試験となっているので、しっかりと対策をして挑む必要があります。特に3級で配布されたテキスト一式は1級でも対策に活用されるテキストとなっているので、試験対策の際には忘れないようにしましょう。

トータルカラリスト検定試験1級の難易度

トータルカラリスト検定1級は転職で役立つ可能性が高いと言われていますが、そもそも誰でも合格することができる難易度の試験なのでしょうか。具体的に難易度について説明しますが、トータルカラリスト検定の中でも最高レベルとなっているため、簡単には合格できる難易度ではありません。しかし、講座の内容やテキストの内容をしっかりと時間をかけて勉強できている方なら、合格できる可能性は高いと言われています。実際に実務経験をしたことがない方でも合格できている試験となっているため、難易度は高めですが、重要ポイントをしっかりと勉強すれば合格できない検定ではありません。将来的にカラリストとして転職したいと思っている方は挑戦してみてはいかがでしょうか。

トータルカラリスト検定1級を取得するメリット

転職をするためにトータルカラリスト検定1級にチャレンジする方はたくさんいますが、そもそも取得することでどのようなメリットがあるのでしょうか。トータルカラリスト検定1級に受験する前にメリットについて知りたい方のために、ここでは具体的に紹介していきたいと思います。

カラリストの職を手にすることができる可能性がある

カラリストに就職や転職をしたいと言っても、知識がない方や資格を持っていない方はなかなか転職したくても採用されることは難しいと言われています。転職を成功させるには専門的な知識が必要になりますが、トータルカラリスト検定1級に合格することができたら、トータルカラリスト検定の中でも最も難しい試験に合格できたということになり、専門的知識も身につくので、カラリストとして就職や転職をできる可能性が高まります。カラリストになる夢を叶えたい方は、最低限トータルカラリスト検定1級の資格は取得しておいた方がいいでしょう。

色彩の知識があることを証明できる

資格を1つも持っていない方は、基本的にどんな知識を持っているかがアピールできません。特に転職活動をしている時にスキルを証明できないと不利になりますが、トータルカラリスト検定1級に合格している方なら、実務的な色彩スキルがあることを証明できるので、スキルをアピールしたい場では有利となる可能性があり魅力的です。特に転職を成功させたいと思っている方にとって有利になる可能性が高いので、できればカラリストを目指している方で資格を持っていない人は、トータルカラリスト検定1級の取得を検討した方がいいでしょう。

資格手当がもらえる可能性もある

トータルカラリスト検定1級は転職に有利と言われていますが、メリットはそれだけではありません。転職先で資格手当がもらえるところなら、収入をアップできるメリットがあります。資格手当を貰うことができれば年収として数十万円程度はアップする可能性もあるので、少しでも収入を上げたいと思っている方はトータルカラリスト検定1級の取得を検討してみてはいかがでしょうか。

気になる転職時における評価は?

トータルカラリスト検定1級を取得することで、必ずしもカラリスト業界へ転職する際に有利となるわけではありませんが、スキルがあることを証明できるのは大きなメリットとなり、評価してもらえる可能性も高くなるので、カラリストに転職したい方は、トータルカラリスト検定1級の取得を検討してみてはいかがでしょうか。

資格を取得したらフリーランスとして活躍するのも一つの手!

トータルカラリスト検定1級に合格することができたら、カラリストとして転職を考えている方も多いでしょう。基本的にトータルカラリスト検定1級を取得したら転職をする方が多いですが、実は最近では転職以外にカラリストとして独立を考える方も少なくありません。例えばPROsheetLancersTopというサービスがありますが、これらのサービスを活用することでカラリスト向けの案件を紹介してくれます。自分の好きな仕事だけができるので、独立する人たちが増えています。力試しもしたいと思っている方は、転職ではなく、PROsheetLancersTopを活用してフリーランスとして活躍してみてはいかがでしょうか。

まとめ

トータルカラリスト検定1級は最も難易度が高く、専門的知識があることを証明できるので転職に役立つことは分かったと思います。将来的にカラリストを目指している方は、最低限トータルカラリスト検定1級は取得した方がいいでしょう。また、最近では転職以外にもカラリストとして独立する方も増えているので、力試しをしたい方はフリーランスとしての働き方も検討してみてはいかがでしょうか。