トータルカラリスト検定2級にオススメの参考書をご紹介!

出典元:ゲッティ・イメージズ・セールス・ジャパン合同会社

導入文

トータルカラリスト検定3級に合格した方は、次のステップとして2級にチャレンジする方が多いと思いますが、難易度も高くなるので、それなりに参考書などを活用して勉強しないと合格することができません。今回は、実際にトータルカラリスト検定2級の受験を検討している方の中で、オススメの参考書を教えてもらいたい方のために、活用して損はしない参考書の紹介をしていきたいと思います。

トータルカラリスト検定2級の特徴

トータルカラリスト検定2級は、CUS表色系と配色について学べる資格試験で、配色のスペシャリストを目指すために行う試験となっています。参考書などを使って学べる内容としては、色彩や配色の基本的な内容はもちろん、実務的な色彩スキルや、色彩マーケティングの可能性なども学ぶことができます。専門的な内容も多く含まれるので参考書などを使った勉強は大変ですが、合格できればトータルカラリストとして活躍することができます。
トータルカラリスト検定2級は毎年11月頃に試験が実施されており、検定の申し込みは7月初旬頃から8月末頃まで行われています。申し込みは郵送の他、インターネットからも手軽に行うことができます。受験申し込み後は、試験当日2週間前までに受験票が届くので、なくさないように保管しておきましょう。
トータルカラリスト検定2級の受験には、3級の試験に申し込みをしている方、もしくは既に合格している方が対象になります。初めて受験を検討されている方は、3級から申し込みをするようにしましょう。
トータルカラリスト検定2級は受講型の資格試験となっており、具体的に6時間の受講が義務付けられています。講座を受講し終わった人から検定の受験が可能になります。試験は全て筆記となっており、45分間に設定されています。筆記試験でつまずくことがないように、事前に参考書などを活用して対策しましょう。
トータルカラリスト検定2級の受験には9,720円の受験料が必要です。支払方法は銀行振込、クレジットカード決済、コンビニオンライン決済の3つの手続きがあります。
近年では色による関心が高まっているので、色彩の知識を身につけたい方は専門的知識が学べるトータルカラリスト検定2級に挑戦してみてはいかがでしょうか。

トータルカラリスト検定2級に合格するために必要な勉強時間の目安

トータルカラリスト検定2級を受験する方の中には、受講型となっているので、参考書ではなく講座の受講で合格できると思っている方も多いと思います。確かに講座を受講しただけで合格できる方もいますが、基本的には自宅でも参考書などを活用して勉強しなければ合格は難しいと言われています。特に初心者は参考書の内容を細かく把握していないと合格は難しいと言われているので、それなりに参考書を使った対策に時間をかけなければなりません。具体的に参考書を使ったトータルカラリスト検定2級に必要な勉強時間の目安は、一日1時間以上と言われています。トータルカラリスト検定2級で配布される参考書やその他の教材を全て勉強しようとなるとそれなりに時間がかかります。講座の後は参考書を使った復習も大切なので、できれば一日1時間以上は必ず参考書などを活用して勉強しましょう。

トータルカラリスト検定試験2級合格に役立つ参考書

トータルカラリスト検定2級の対策に活用できる参考書ですが、それほど多くは販売されていません。ここではその中でもトータルカラリスト検定2級の合格に役立つ参考書を紹介したいと思います。

・トータルカラリスト検定3級申し込み時に配布される参考書を使って対策

トータルカラリスト検定3級を受験する際にはすべての級の参考書や教材が配られます。トータルカラリスト検定2級は基本的に公式の参考書から問題が出題されるので、できれば公式参考書は時間をかけて勉強することをオススメします。

カラーアレンジメントチャート

カラーアレンジメントチャートは参考書と言うよりも簡単に説明すると色の見本のことを言いますが、色の見本と言ってもパーソナルシーズンカラー120色の見本、色調図、シーズン別で異なる色の特徴の説明、配色テクニックなど様々なことを学べる参考書となっています。色の説明などができるようになった方が試験も難なくクリアできるので、できる限りトータルカラリスト検定2級の対策にはカラーアレンジメントチャートも活用した勉強をオススメします。

トータルカラリスト検定2級はこんな人にオススメ!

トータルカラリスト検定の中でも2級は難易度が高めに設定されており、それなりに参考書などを活用して勉強しなければなりません。最近では受験者数も増えていますが、そもそもトータルカラリスト検定2級は誰にオススメの試験なのでしょうか。

カラリストになりたい方

将来的に美容関係やファッション業界、Web関係など色を使った仕事に就きたいと思っている方にはオススメの資格となっています。カラリストは幅広くあるので、色に関して興味がある方は取得を検討してみてはいかがでしょうか。

カラリストとして独立したい方

カラリストとして独立するためには、ある程度資格は持っていた方が安心です。資格を持つメリットとしては、スキルを証明できるからです。仕事を獲得するためにも技術力を証明できた方がいいので、将来的に独立したい人は取得を検討してみてください。

2級に合格したら、次は1級を目指そう!

トータルカラリスト検定2級を取得した方は、1級の取得もオススメします。2級以上に参考書などを活用して勉強しなければなりませんが、色彩に関して更に奥深く知識を身につけることができます。せっかく2級まで合格しているなら1級も目指した方がいいので、余裕がある方は受験を検討してみてください。

資格を取得したら、腕試しをしてみませんか?

トータルカラリスト検定2級に合格して将来的にカラリストとして独立したいと思っている方も多いのではないでしょうか。カラリストになるためには参考書以上の勉強が必要になり、知識を身につけるのは大変ですが、仕事を身につけるのは比較的簡単な世の中になっています。最近ではPROsheetLancersTopなど案件を紹介してくれるサービスが増えています。これらのサービスがあればわざわざ自分で営業に回って仕事を見つける必要はありません。独立している方の多くが利用しているので、オススメのサービスとなっています。独立を考えている方は是非利用してみてください。

まとめ

今回はトータルカラリスト検定2級の紹介をしましたが、合格のためには参考書を使った勉強が大切になります。参考書は公式のものを活用すれば必要な内容は全て書かれているので、複数冊参考書を購入する必要はありません。カラリストは人気の職業なので、興味がある方はトータルカラリスト検定2級にチャレンジしてみてください。