万全の対策を!パーソナルカラリスト検定試験2級対策のススメ

出典元:ゲッティ・イメージズ・セールス・ジャパン合同会社

導入文

パーソナルカラリスト検定試験3級の資格を取得することができたら、2級にも挑戦しようと勉強を始めている方は多いのではないでしょうか。パーソナルカラリスト検定試験2級は3級と比較すると難易度も高くなり、難しいと言われていますが、対策方法さえわかっていれば一発で合格できる可能性は高いでしょう。今回は、パーソナルカラリスト検定試験2級の受験を考えている方で一発で合格したい方のためにオススメの勉強方法をご紹介したいと思います。

パーソナルカラリスト検定2級とは?

パーソナルカラリスト検定試験2級とは、一言で言うと色彩に関する内容が出題される資格試験のことを言いますが、具体的には染料と染色、ヨーロッパ文化の歴史、混色、色の見え方、配色テクニック、アンダートーンの色相と色調、ファッション概論、ディスプレイ、ヘアカラー、ネイルカラー、その他にもパーソナルカラリスト検定試験3級公式テキスト全般の問題が出題されます。出題範囲は広いので、テキストなどを活用して対策してください。
パーソナルカラリスト検定試験2級には受験資格などは存在しておらず、色彩に興味がある方なら誰でも受験可能です。試験会場は北海道、関東、北陸、東海、近畿、九州の全国で開催されているので、近い会場をお探しください。

受験料

パーソナルカラリスト検定試験2級の受験には10,800円必要です。3級の時と料金が異なるので気を付けてください。

試験時間

パーソナルカラリスト検定試験2級の試験時間は90分です。

合格率

パーソナルカラリスト検定試験2級の合格率は約70%です。3級と同じくほとんどの受験生が合格していますし、その中には実務未経験者も含まれているので、しっかりと対策ができれ初心者でも合格できる可能性があります。

パーソナルカラリスト検定試験2級受験におすすめの対策方法

パーソナルカラリスト検定試験2級は合格率の高い試験ですが、しっかりと対策しなければ合格は難しいでしょう。ここの見出しでは合格するための対策方法を紹介します。

公式テキストを活用して独学で対策する

パーソナルカラリスト検定試験2級の対策に必須と言われているのが公式テキストです。公式テキストは初心者でもわかりやすく、楽しく勉強できるように作られています。基本的にはつまずきにくいように作られているため、初心者の対策にもおすすめのテキストとなっています。

公式問題集

パーソナルカラリスト検定試験2級には、公式テキストの他、問題集も購入することができます。特に初めてパーソナルカラリスト検定試験の受験を検討している方は、問題集を使って実践対策をすることが大切です。公式の問題集なら試験に出題されやすい内容が多く収録されているので、一発で合格するためにも一通りはしっかりとやっておいた方がいいでしょう。

スクールおよび講座の受講を検討しよう

パーソナルカラリスト検定試験2級は独学でも合格している方はたくさんいます。しかし、誰もが独学で合格できるものではありません。中にはスクールを利用して対策をしたいと思っている方もいるでしょう。パーソナルカラリスト検定試験2級には、スクールと対策講座の大きく分けると2種類あります。スクールでは講師にパーソナルカラリスト検定試験2級で出題される内容を細かく教えてもらうことができますし、対策講座では重要なポイントから対策の方法まで詳しく教えてもらうことができます。独学では不安だと思っている方は、スクールや講座の受講を検討しましょう。

パーソナルカラリスト検定2級合格までの勉強時間の目安

パーソナルカラリスト検定試験2級の対策を始めるにあたって、勉強時間の目安を知りたい方も多いでしょう。どのくらい時間をかけて対策をすれば絶対に受かるという保障はありませんが、大体1日に3時間程度は勉強した方がいいと言われています。1日3時間の対策ができれば、1か月もあれば合格できる可能性は高いでしょう。1日3時間も勉強に時間をかけられないという方は、1日1時間の勉強を1か月から3か月程度続けるようにしましょう。しかし、あくまでも目安となるので、参考程度に対策を進めてください。

パーソナルカラリスト検定試験2級の対策におすすめの参考書&問題集

パーソナルカラリスト検定試験2級には公式テキストがあります。基本的には対策に公式テキストを使う方が多いので、ここではおすすめの参考書と問題集を紹介していきます。

パーソナルカラリスト検定2・1級公式テキスト

パーソナルカラリスト検定試験2級の対策にオススメなのが2級~1級までの内容が収録されている公式テキストです。2級で出題されやすい内容の解説を丁寧にしてくれますし、基本的なこともしっかりと教えてくれます。また、将来的に1級を受験したい方のために、1級の内容も収録されているので、細かい部分までしっかりと対策することができます。

パーソナルカラリスト検定2級問題集: 日本パーソナルカラリスト協会主催

パーソナルカラリスト検定試験2級には参考書だけの対策でも合格できないことはありませんが、試験本番に慣れるためにも問題集を使った対策もオススメします。問題集ではパーソナルカラリスト検定試験2級で出題される内容を更に細かくしたものが収録されています。すべて理解できれば本番も合格できる可能性が高いので、パーソナルカラリスト検定試験2級の受験を検討している方は一通り問題集を使った対策はしておくことをオススメします。

2級に合格したら、次は1級を目指そう!

パーソナルカラリスト検定試験には3級、2級、更に1級まで挑戦することができます。2級に合格して満足する方もいますが、更に上を目指したい方は1級にもチャレンジしてください。パーソナルカラリスト検定試験2級に比べてもっと勉強をする必要がありますが、テキストなどを活用して対策をしていれば合格できないレベルではありません。専門的知識を身につけることができオススメなので、色彩についてもっと深く学びたいと思っている方はパーソナルカラリスト検定試験1級にもチャレンジしてみてください。

資格を取得したら、腕試しをしてみませんか?

パーソナルカラリスト検定試験2級の対策をして無事に合格することができたら、1級に挑戦する前に実務にチャレンジして腕試しをしたいと思っている方も多いのではないでしょうか。最近では簡単に実務にチャレンジができるようになっており、特に人気なのがPROsheetLancersTopです。人それぞれに合う案件を紹介してくれるので、フリーランスを中心に登録者が増えています。まずは力試しをしたいと思っている方は利用について検討してみてください。

まとめ

今回はパーソナルカラリスト検定試験2級について紹介しましたが、紹介した内容の対策ができれば合格に近づくことができるので、参考書と問題集を使った対策は忘れずに行いましょう。