最難関!日商PC検定データ活用1級の難易度は?

出典元:ゲッティ・イメージズ・セールス・ジャパン合同会社

日商検定には様々なジャンルの試験が存在していますが、その中でも日商PC検定の受験を検討されている方もいるのではないでしょうか。日商PC検定には大きく分けてデータ活用、文書作成、プレゼン資料作成の3つの試験が存在しています。今回はその中でも日商PC検定データ活用1級の試験の概要から難易度までを紹介するので、どんな試験なのか具体的に知りたい方やこれから挑戦したいと思っている方はチェックしてみてください。

日商PC検定データ活用1級とは?

日商PC検定データ活用1級の難易度は、自ら課題やテーマを設定し、データベースを各種の手法を駆使して分析するとともに、分かりやすく業務報告やレポート資料を作成し、問題解決や今後の方針を立案できる能力があるかを問うための資格試験となっています。

日商PC検定データ活用1級試験の概要

試験内容

日商PC検定データ活用1級の難易度では実技、知識科目の2つに分かれており、知識科目では業務データの全ライフサイクルを考慮し、社内の業務データの管理方法を提案できるか、ネット社会に対応したデジタル技術を理解し、自社の業務に導入することができるか、情報セキュリティやコンプライアンスに関する内容を指導することができるかなどについて出題されます。

実技試験では、実務で必要になる表計算ソフトや文書作成ソフト、データベースソフト、プレゼンテーションソフトの機能や操作方法を理解できているか、表計算ソフトの関数を自在に活用できるとともに、各種分析手法の特徴と活用法を理解し、目的に応じて使い分けることができるかなどについて比較的難易度が高い問題が出題されます。日商PC検定データ活用試験の中でも1級は、専門的な内容が多い難易度が高めに設定された試験となっています。

受験者数

日商PC検定データ活用1級の難易度の受検者数は毎年変動しますが、大体50名程度となっています。2級に比べるとグッと受験者数は減っているのが特徴です。

受験料

日商PC検定データ活用1級の難易度を受験する際には、10,290円の受験料が必要です。

試験時間

日商PC検定データ活用1級の難易度の試験時間は90分に設定されており、知識科目が30分、実技が60分の配分で解くようにするといいでしょう。

出題数

日商PC検定データ活用1級の難易度では、出題数は具体的に掲載されていません。2級に比べると出題数が増えるというより、論述式になるので難易度が高くなるといったイメージです。

合格基準

日商PC検定データ活用の合格基準は全ての級数で同じとなっており、1級の難易度も70%以上の正解率で合格となります。

日商PC検定データ活用1級試験の難易度は?

日商PC検定データ活用1級の難易度に挑戦する方は、どのくらい難しいのか気になっているという方も多いのではないでしょうか。日商PC検定データ活用1級の難易度は人それぞれの能力によっても異なりますが、全体的に見ても難しいと判断できるでしょう。実際に合格率は30%程度という結果が出ています。2級の難易度の合格率が60%を超えているのに比べると1級の難易度はグッと下がっているので、合格のためにはしっかりと対策をしなければなりません。合格率から見ても日商PC検定データ活用1級は難易度が高い試験だということが分かります。

日商PC検定データ活用1級はこんな人にオススメ!

日商PC検定データ活用1級はそもそもどんな人にオススメの資格試験なのでしょうか。日商PC検定データ活用1級の難易度に挑戦すべきか迷っている方のために、誰にオススメの試験なのかを紹介していきたいと思います。

MicrosoftOfficeの知識を身につけたい方

日商PC検定データ活用1級の難易度では、主にMicrosoftOfficeのExcelについての内容が多い試験となっています。これらのソフトは実務でも多く活用されているので、就職や転職をするならできる限り身につけておいた方がいい知識となっています。特に日商PC検定データ活用1級の難易度に合格ができれば、専門的知識があることを証明できます。実務で役立てることができるのでオススメです。スキルアップを目指したいと思っている方は日商PC検定データ活用1級の難易度に挑戦しましょう。

転職や就職を考えている方

日商PC検定データ活用1級の難易度は、日商PC検定の中でも最高難度と言われています。無事に合格することができれば専門的知識があることを証明することができます。就職や転職では、どれだけ自分のスキルをアピールできるかがポイントとなります。資格が全てではありませんが、日商PC検定データ活用1級を持っていれば高いスキルがあることを証明できるので便利です。難易度が高く、簡単に取得できる資格ではありませんが、転職や就職を検討している方は受験を検討してみてはいかがでしょうか。

資格を取得したら、腕試しをしてみませんか?

日商PC検定データ活用1級の難易度は合格者も少なく、簡単に合格できる試験ではありませんが、資格を取得することができたら幅広い場面で活躍することが可能です。例えば転職や就職をして企業の社員として貢献することができますし、フリーランスとして個人で活躍することも可能です。特にその中でも個人でフリーランスとして活躍したいと思っている方もいるのではないでしょうか。フリーランスというと難易度が高いイメージがあり、確かに一人で全てのことをやろうと思うと大変かもしれません。しかし、最近ではフリーランスをサポートしてくれるサービスも数多く登場しています。その中でもオススメなのがPROsheetLancersTopのサービスです。簡単に説明すると、2つのサービスはフリーランスのために仕事を紹介してくれる登録制のサービスのことを言います。サービスに登録をすれば自分に合う仕事を紹介してくれるので、契約が成立すれば後は黙々と仕事をこなすだけです。仕事を獲得するのに手間がかからないサービスなので、特にフリーランスからは人気を集めています。日商PC検定データ活用1級の難易度に合格できた人は是非チャレンジしてみてください。

まとめ

日商PC検定データ活用1級の難易度について紹介しましたが、Excelの専門的な内容を理解していないといけないので、難易度は高いと言えるでしょう。不合格者も多い難易度の試験ですが、合格できれば様々な場面で活躍できるので、特に転職や就職、フリーランスとして活躍したい人は取得してみてはいかがでしょうか。