XMLマスタープロフェッショナルデータベースの勉強方法をご紹介

出典元:ゲッティ・イメージズ・セールス・ジャパン合同会社

XMLマスター試験には、ベーシックとプロフェッショナルがあり、その中でもプロフェッショナルはアプリケーション開発とデータベースの2種類の分野に分かれています。人それぞれ受験を考える分野は異なると思いますが、今回はXMLマスタープロフェッショナルデータベースに合格するためにはどのような勉強をしたらいいのかについて紹介したいと思います。

XMLマスタープロフェッショナルデータベースとは?

XMLマスタープロフェッショナルにはデータベースとアプリケーション開発の2つの分野に分かれており、XMLマスタープロフェッショナルデータベースはその中の1つです。

試験の概要

XMLマスタープロフェッショナルデータベースは、XMLデータをRDB、またはXMLネイティブデータベースに格納、管理、操作が行えるプロフェッショナルを認定するために行われている資格試験です。ベーシックに比べると専門的内容も多くなっており、上級者向けの資格試験なので、それなりに勉強をしなければ合格は難しいでしょう。

XMLマスタープロフェッショナルデータベースでは、大まかに説明するとXMLデータのDB化に関する概要、XQuery、XPath式、XMLDBの操作、XMLデータ構造の設計について出題されます。XMLマスタープロフェッショナルデータベースの資格を取得するためには最低限これらの内容は勉強しないと難しいでしょう。

XMLマスタープロフェッショナルデータベースの試験時間は90分間となっており、出題される問題数は約30問です。合格基準はベーシックよりも高く80%以上の合格率が必要な試験となっています。

XMLマスタープロフェッショナルデータベースの受験には15,000円の受験料が必要です。

合格率

XMLマスタープロフェッショナルデータベースの合格率は非公開となっていますが、内容を見てもわかるように簡単には合格できません。テキストを活用して時間をかけて勉強する必要がありそうです。

難易度

XMLマスタープロフェッショナルデータベースは専門的な内容について問われる問題が多いのが特徴的です。XMLマスターの中でも高難度の試験となっているので、基礎を理解し、専門的な内容まで理解している人でないと合格は難しいでしょう。

XMLマスタープロフェッショナルデータベース取得にむけた勉強方法の紹介

XMLマスタープロフェッショナルデータベースは難易度が高く、勉強をしてもなかなか合格できない方もいます。そんな高難度の試験に合格するためには、勉強方法が大切です。具体的に資格を取得するためにやっておきたい勉強方法について紹介するので、これから勉強を始めるという方はチェックしてください。

XMLマスタープロフェッショナルデータベースの教科書を一通り読む

XMLマスタープロフェッショナルデータベースの勉強で初めに活用した方がいいと言われているのが教科書です。教科書の内容は濃く、全て理解するまでに時間がかかりますが、熟読して内容を理解できるようになれば合格まで一気に近づくことができます。最初は理解するまで時間がかかると思いますが、教科書は解説なども丁寧にしてくれるので独学でも勉強しやすくなっています。勉強方法で悩んでいる方は、まずXMLマスタープロフェッショナルデータベースの教科書を熟読しましょう。

問題集に取り組む

XMLマスタープロフェッショナルデータベースの教科書を一通り読んだら、あとは問題集を使った勉強をしましょう。問題集に取り組むと、ここの内容が分からないなど不明点などもいくつか出てくると思うので、この場合は教科書の勉強に戻って解説を見て理解するようにしましょう。基本的には教科書と問題集を使った勉強でXMLマスタープロフェッショナルデータベースの対策はできるでしょう。

独学で理解できない部分が多い場合はスクールを利用して勉強しよう

XMLマスタープロフェッショナルデータベースは難易度が高い試験なので、独学では難しい部分もあると言われています。特に問題集を解いて分からない部分があまりにも多い場合は、スクールなどを利用して講師などに教えてもらうのもオススメの勉強方法となっています。一人で悩む時間が多いという方は、スクールを使った勉強も検討してみてください。

XMLマスタープロフェッショナルデータベース合格までの勉強時間の目安

XMLマスタープロフェッショナルデータベースに合格するためには、どのくらいの時間勉強すればいいのでしょうか?勉強時間は受検者の能力によって変わりますが、約100時間以上は勉強に時間をかけた方がいいと言われています。ベーシックに比べてたくさんの勉強が必要となりますが、これくらい勉強をしないとなかなか合格することは難しいでしょう。勉強時間は目安ですが、大体合格している方は100時間程度の勉強はしています。

XMLマスタープロフェッショナルデータベース試験におすすめの参考書&問題集

XMLマスタープロフェッショナルデータベースの勉強にオススメの参考書と問題集は1冊ずつあるので、ここで具体的に紹介したいと思います。

XMLマスター教科書 プロフェッショナル(データベース)

XMLマスタープロフェッショナルデータベースの勉強を始めるにあたって、最初に活用した方がいいのがこちらの教科書です。データベースの内容について詳しく書かれている教科書なので、XMLマスタープロフェッショナルデータベースの勉強をしたい方にはオススメです。

徹底攻略 XMLマスター:プロフェッショナル(データベース)問題集 [I10-003]対応

XMLマスタープロフェッショナルデータベース専用の問題集となっており、出題されやすい問題を分析して書き下ろされているため、効率よく対策ができます。また、問題集となっていますが、解説付きなので分からない部分があってもすぐに対策できます。XMLマスタープロフェッショナルデータベースの勉強にはオススメなので、問題集をお探しの方は活用してみてください。

資格を取得したら、腕試しをしてみませんか?

XMLマスタープロフェッショナルデータベースの資格を取得するためにはそれなりに勉強をする必要がありますが、無事に合格することができたら腕試しをしたいと思っている方が多いのではないでしょうか。腕試しの方法はいくつかありますが、その中でも誰でも挑戦できるオススメのサービスがPROsheetLancersTopです。XMLマスタープロフェッショナルデータベースは難易度の高い試験となっているため合格ができれば両方のサービスを活用して腕試しができます。XMLの案件も多いので、実務の勉強をしたい方は利用を検討してみてください。

まとめ

今回はXMLマスタープロフェッショナルデータベースに合格するための勉強方法を説明しましたが、基本的にはテキストで対策をすることで合格ができると言われています。特に紹介したテキストを使った対策はオススメなので利用してみてください。