日商PC検定データ活用Basic対策のススメ

出典元:ゲッティ・イメージズ・セールス・ジャパン合同会社

MicrosoftのExcelについての知識を学ぶために、資格試験に挑戦しようと思っている方は多いのではないでしょうか。Excelのスキルを身につけるための資格試験はたくさんありますが、その中でも多くの方が受験しているのが、日商PC検定のデータ活用試験です。日商PC検定のデータ活用試験にはBasic、3級、2級、1級の難易度を受験することができます。その中でも初めて挑戦する方のために、今回は日商PC検定データ活用試験のBasicの対策方法について紹介したいと思います。

日商PC検定データ活用Basic試験とは?

そもそも日商PC検定データ活用試験のBasicとはどんな試験なのかというと、Excelの基本的な操作を把握しており、企業実務に対応できる人向けに作られた資格試験となっています。日商PC検定データ活用試験の中でもベーシックは一番易しい難易度の内容になっていますので、これからExcelの勉強を始めたいと思っている方にはオススメの検定となっています。

試験形式は実技のみとなっており、出題内容はワークシートへの入力について、関数の入力、ワークシートの編集、ワークシートの表示、グラフの作成、データベース機能の利用、ファイル操作について出題されます。日商PC検定データ活用のBasicに合格するためには、最低でもこれらの内容を対策しなければなりません。しかし、基本を理解していればそれほど難しいと感じる試験ではありません。

受験料

日商PC検定データ活用試験のBasicに受験する方は4,120円の受験料が必要です。願書提出時に必要になるので、必ず用意しておくようにしましょう。

試験時間

日商PC検定データ活用試験のBasicは、試験時間が30分となっています。比較的時間が短いので、時間切れとならないように注意しましょう。

合格率

日商PC検定データ活用試験Basicの合格率は、約84%となっています。合格率を見てもわかりますが、ほとんどの受験生が合格しています。基礎を理解していればそれほど難しいと感じる内容の検定ではありません。

日商PC検定データ活用Basic試験受験におすすめの対策方法

日商PC検定データ活用試験Basicはそれほど難易度が高い試験ではありませんが、対策の方法について知らないといくら簡単な試験でも合格することは難しいでしょう。ここでは日商PC検定データ活用試験Basicに合格するために必要な対策方法について紹介するので、対策の方法が分からない方は参考にしてください。

公式テキストを活用して対策する

日商PC検定データ活用試験Basicの対策に参考書を使う方は多いでしょう。しかし、中には試験に出題されないような内容ばかり書かれている参考書を購入する方もいますが、それでは効率よく対策することはできません。できる限り対策のためにテキストを購入する場合は、公式サイトで販売されている公式の参考書を活用してください。実際に日商PC検定データ活用試験Basicのために作られている対策テキストは販売されているので、参考書を使った対策を検討している方は、そちらで購入してください。

日商PC検定推奨のeラーニングを利用する

日商PC検定には、試験対策のために推奨しているeラーニングがあり、それを活用すれば日商PC検定データ活用試験Basicの対策が可能です。通信講座での対策となっているので、どこにいても勉強ができるという特徴があります。例えばスキマ時間に対策をしたいと思っている方にもおすすめの内容となっているので、通信講座を利用して対策をしたいと思っている方はeラーニングを活用してみてはいかがでしょうか。

日商PC検定データ活用Basic合格までの勉強時間の目安

日商PC検定データ活用試験Basicは、日商PC検定の中でも最も簡単な資格試験と言われています。そのため、対策に必要な時間の目安としては約10時間から長くても30時間程度勉強すればスキルを身につけることができるでしょう。特に基礎を中心に対策をすれば初心者でも比較的簡単に合格することができます。

日商PC検定データ活用Basic試験の対策におすすめの参考書&問題集

日商PC検定データ活用試験Basicの受験を検討している方は、対策に活用できる参考書や問題集を探しているという方も多いでしょう。おすすめのテキストはいくつかありますが、あまり多く購入する必要もない試験なので、ここではこれさえあれば日商PC検定データ活用試験Basicに合格できるというテキストを紹介したいと思います。

日商PC検定試験データ活用Basic基礎級公式テキスト&問題集

日商PC検定データ活用試験Basicに合格するためのテキストを探している方は、こちらの問題集と参考書がセットになっているものを購入して対策すれば試験には合格することができるでしょう。実際にこちらのテキスト1冊で日商PC検定データ活用試験Basicに合格している方はたくさんいます。日商PC検定データ活用試験Basicの対策をするなら特におすすめのテキストとなっているので、これから対策をする方は購入について検討してみてください。

日商PC検定Basic データ活用 対策講座

通信講座では、学習と合格のポイント、ビジネス数字の計算、よく出題される関数、データベース管理、グラフ作成の基本、行列切り替えとラベルなどの対策ができます。日商PC検定データ活用試験Basicに出題される内容の対策ができるので、テキストだけの対策では足りないという方は購入を検討してください。

Basicに合格したら、次は3級を目指そう!

日商PC検定データ活用試験Basicは比較的簡単な試験となっており、Excelの基礎のみを理解することができます。日商PC検定データ活用試験Basicだけでは正直実務で活用できる内容は少なくなっているので、できればBasicに合格することができたら3級の挑戦も検討してみてください。

資格を取得したら、腕試しをしてみませんか?

日商PC検定データ活用試験Basicに合格することができたら、次のレベルに挑戦することも大切ですが、実務にもチャレンジして腕試しをしてみたいと思っている方も多いのではないでしょうか。腕試しをする際にオススメのサービスはいくつかありますが、その中でもPROsheetLancersTopはオススメです。特にPROsheetは初心者向けの案件も多数揃えられているので、基本的な知識しかない方でも実務にチャレンジできます。腕試しをしたい方は、PROsheetLancersTopに挑戦してみてください。

まとめ

今回は日商PC検定データ活用試験Basicに合格するための対策方法について紹介しましたが、対策もテキストを一通りやっておけば合格できるレベルとなっています。これからExcelの知識を身につけたい初心者にオススメの資格試験なので、興味がある方は受験してみてください。