日商PC検定データ活用2級試験にオススメの参考書をご紹介!

出典元:ゲッティ・イメージズ・セールス・ジャパン合同会社

Excelに関する知識を身につけるためには参考書を購入して勉強するなど様々な方法がありますが、それ以外の方法としては資格の取得がオススメです。資格試験と言っても種類はいくつかありますが、その中でもおすすめなのがExcelについて学べる日商PC検定データ活用試験です。試験の種類は大きく分けるとBasic、3級、2級、1級に分かれていますが、その中でも比較的難易度が高いと言われている日商PC検定データ活用2級試験に挑戦しようと思っている方も多いのではないでしょうか。合格のためにはどんな参考書を選んで勉強するかが大切なポイントとなりますが、中には選び方が分からない方もいるので、今回は日商PC検定データ活用2級試験に活用できるオススメの参考書について紹介していきたいと思います。

日商PC検定データ活用2級試験の特徴

日商PC検定データ活用2級試験は、簡単に説明するとExcelの実務レベルの内容について問われる資格試験となっています。3級までは比較的Excelの基礎について問われる問題が多かったですが、日商PC検定データ活用2級試験からは応用問題が多いので、参考書などを活用してしっかりと勉強しなければ合格は難しいでしょう。

日商PC検定データ活用2級試験は3級と同様、知識科目と実技科目に分かれています。日商PC検定データ活用2級試験に合格するためにはそれぞれ70%以上の正解率とならなければなりません。合格基準を超えるためにも参考書などを活用してしっかりと勉強しましょう。

日商PC検定データ活用2級試験の受験料は7,200円です。受験資格などはなく、誰でも受験できるので、Excelの応用技術を身につけたい人は受験について検討してみてはいかがでしょうか。

日商PC検定データ活用2級試験に合格するために必要な勉強時間の目安

日商PC検定データ活用2級試験からは応用問題が多く出題されるので、参考書や問題集を使ってどのくらい勉強すればいいのか悩んでいる方も多いのではないでしょうか。参考書や問題集を使う勉強時間の目安は、約30時間~60時間程度で合格できると言われています。日商PC検定データ活用3級に既に合格している方に関しては、参考書と問題集を使って約30時間勉強すれば合格基準に近づくことができるでしょう。人それぞれ参考書や問題集を使った勉強時間の目安は異なるので、参考書や問題集だけでなく、模擬問題などにも挑戦して自分がどのくらいできるのかレベルを見ながら勉強を進めていくといいでしょう。

日商PC検定データ活用2級試験合格に役立つ参考書&問題集

日商PC検定データ活用2級試験のための勉強には、参考書と問題集が必須です。しかし、参考書と問題集は種類も多く、中にはあまり意味がない参考書や問題集もあるので、ここでは選び方で迷わないためにもおすすめの参考書と問題集をご紹介したいと思います。

日商PC検定試験 データ活用 2級 公式テキスト&問題集Excel 2013対応

日商PC検定データ活用2級試験に最初にオススメする参考書は、Excel2013年対応の参考書と問題集がセットになったテキストです。参考書と問題集がセットになっているため、1冊の参考書で日商PC検定データ活用2級試験の対策ができます。あまり参考書をたくさん購入したくない方や、効率よく勉強したい方にはオススメの内容となっているので、自分の勉強方法に合っていると思った方は購入を検討してみてください。

日商PC検定試験 文書作成・データ活用・プレゼン資料作成 2級 知識科目 公式問題集

日商PC検定データ活用2級試験には知識科目がありますが、合格に向けた対策は参考書よりもひたすら問題集を解いた方が効率よく勉強ができます。こちらのテキストは知識科目に合格するための問題集となっているので、参考書を使って日商PC検定データ活用2級試験の内容がある程度理解できたら、あとは問題集で対策を進めてください。特に知識科目が苦手な方にはオススメの内容となっています。

日商PC検定データ活用2級はこんな人にオススメ!

日商PC検定データ活用2級試験は難易度も少し高く、参考書や問題集を使った勉強が必要なので苦労しますが、そもそもどんな人にオススメの資格試験なのでしょうか。これから参考書と問題集を使って勉強を始めようと思っているけど、そもそも必要なのか迷っている方のために、ここでは日商PC検定データ活用2級試験の取得がオススメの人について紹介したいと思います。

実務レベルで活用できるExcelの知識を身につけたい人

日商PC検定データ活用3級まではExcelの基本的な内容が中心となっていましたが、日商PC検定データ活用2級試験からは基礎よりも応用に関する内容が多くなっているため、実務レベルの知識を身につけることが可能です。就職や転職のために実務レベルの知識を身につけたいと思っている方は、取得について検討してみてはいかがでしょうか。

就職や転職活動を成功させたい人

日商PC検定データ活用2級試験に合格できれば必ずしも就職や転職ができるわけではありませんが、日商PC検定データ活用2級試験の資格を重視している企業なら就活の際に有利となる可能性もあります。Excelに関する知識があることをアピールするために資格を取得したいと思っている方は、参考書や問題集を使った勉強は必要ですが、日商PC検定データ活用2級試験の受験を検討してみてください。

2級に合格したら、次は1級を目指そう!

日商PC検定データ活用2級試験は難易度が高めの検定ですが、参考書や問題集を活用して対策をすれば未経験者でも合格できる可能性があると言われています。実際に合格者も多いですが、合格できたら1級の難易度に挑戦することをオススメします。グッと難易度は上がり、2級よりも参考書と問題集を使った勉強が必要です。しかし、日商PC検定データ活用2級試験よりもExcelに関する応用知識を身につけることができるので、もっと上を目指したい方は受験を検討してみてください。

資格を取得したら、腕試しをしてみませんか?

日商PC検定データ活用2級試験に参考書や問題集を使った勉強で合格したら、PROsheetLancersTopのサービスを活用して腕試しをしてみてはいかがでしょうか。これらのサービスはフリーランス向けにExcelの案件を紹介してくれるサービスです。参考書では学べない内容も実務では経験できる可能性もあるので、スキルアップをしたいと思っている方は利用してみてください。

まとめ

今回は日商PC検定データ活用2級試験について紹介しましたが、参考書と問題集を使った対策が合格のためには必要です。参考書と問題集は選び方が大切なので、何を選ぶべきか迷っている方はここで紹介した参考書と問題集を選んで勉強を始めてみてください。