気になる!日商PC検定プレゼン資料作成2級の難易度は?

出典元:ゲッティ・イメージズ・セールス・ジャパン合同会社

日商PC検定プレゼン資料作成試験に挑戦する方の中には、2級の難易度について知りたい方も多いのではないでしょうか。3級と比較するとそれなりに専門的の内容が多くなるため、難易度は上がると言われていますが、具体的に試験内容はどのようになっているのかここでは紹介していきたいと思います。これから日商PC検定プレゼン資料作成2級の難易度に挑戦する方はチェックしてください。

日商PC検定プレゼン資料作成2級とは?

日商PC検定プレゼン資料作成2級の難易度とは簡潔に説明するとPowerPointのあらゆる機能を使ってプレゼン資料を分かりやすく作成しているかチェックするために行われている試験です。日商PC検定プレゼン資料作成2級の難易度に合格するためには応用知識が必要となります。ここでは具体的に試験の概要についても説明していきたいと思います。

日商PC検定プレゼン資料作成2級試験の概要

試験内容

日商PC検定プレゼン資料作成2級の難易度に挑戦する方は詳しく試験内容について知りたい方も多いでしょう。日商PC検定プレゼン資料作成2級の難易度は、実技と知識に分かれており、知識科目ではプレゼンの企画と設計、プレゼン資料の作成、プレゼンの実施が主な内容になっています。細かい部分まで説明すると、色やデザインに関する内容も含まれています。実技科目の内容は、1つのプレゼン資料を作成する試験となっています。一から作成するのは難易度が高いですが、日商PC検定プレゼン資料作成2級の難易度では途中まで作成されたファイルが用意されており、指示通りにプレゼン資料を完成させていくといった感じです。そのため、プレゼン資料の作成方法を理解していればそれほど難易度が高いと感じることはありません。

受験者数

日商PC検定プレゼン資料作成2級の難易度のみの受検者数は掲載されていませんが、約数千人~数万人は受験をしています。役立つ資格なので人気は高いです。

受験料

日商PC検定プレゼン資料作成2級の難易度の受験には7,200円が必要です。支払方法はいくつかあるので、受験申し込みの際に済ませておきましょう。

試験時間

日商PC検定プレゼン資料作成2級の試験時間は、知識科目が15分、実技が40分に設定されています。知識科目は短く感じますが、問題数はそれほど多くないので、事前に対策をしていれば時間が足らなくなることはほとんどありません。

出題数

日商PC検定プレゼン資料作成2級の出題数は知識科目が約30問です。実技はプレゼン資料作成となっています。

合格基準

日商PC検定プレゼン資料作成2級の資格を取得するためには、最低でも実技、知識共に70%以上の正解率とならなければなりません。難易度は高く感じますが、基本的には予め勉強をして重要ポイントを対策できていればそれほど難しく感じることはないでしょう。

日商PC検定プレゼン資料作成2級試験の難易度は?

日商PC検定プレゼン資料作成2級には受験資格がなく、いきなり2級から挑戦することも可能です。初めから日商PC検定プレゼン資料作成2級の難易度に挑戦する方は難しく感じると思いますが、既に日商PC検定プレゼン資料作成3級の難易度に合格している方なら30時間程度の勉強で合格することができます。難易度は高いと言われていますが、基本的なことを理解し、応用知識もある程度身についていれば合格することができるでしょう。

日商PC検定プレゼン資料作成2級はこんな人にオススメ!

日商PC検定プレゼン資料作成2級の難易度はそもそもどんな人にオススメなのでしょうか。受験を検討した方がいい方をここでは紹介したいと思います。

PowerPointの応用技術を学びたい方

日商PC検定プレゼン資料作成2級の難易度では、基礎も学ぶことができますが、応用知識について問われる内容も多くなっているので、幅広い知識を身につけられます。特に就職先でPowerPointを使用することが多い方は、日商PC検定プレゼン資料作成2級の難易度の受験を検討してみてはいかがでしょうか。

就職や転職のために取得する方は

日商PC検定プレゼン資料作成2級は就職や転職で優遇されることもあります。特にPowerPointのスキルを持っている人材を募集している企業なら高い確率で内定がもらえます。必ず役立つというわけではありませんが、企業によっては優遇してくれるところもあるので、就職や転職を希望されている方は受験を検討してみてはいかがでしょうか。

2級に合格したら、次は1級を目指そう!

日商PC検定プレゼン資料作成2級の難易度に挑戦している方で無事に合格した場合、就職や転職を検討する方も多いと思いますが、更に上を目指したいと思っている方は日商PC検定プレゼン資料作成1級の難易度に挑戦することをオススメします。2級と比較しても難易度は高く、1発で合格するのは難しいと言われていますが、合格できればPowerPointの高いスキルがあることを証明できます。2級の難易度よりも高く評価してもらえるので、プロフェッショナルな知識を身につけたい方は日商PC検定プレゼン資料作成1級にも挑戦してみてください。

資格を取得したら、腕試しをしてみませんか?

日商PC検定プレゼン資料作成2級の難易度に挑戦し、資格を取得することができたら自分がどこまでできるのか試してみたいと思っている方も多いのではないでしょうか。自分の力を試したい方にオススメなのが、PROsheetLancersTopの案件紹介サービスを利用することです。紹介されている案件の数は多く、登録をすれば誰でも挑戦ができます。また、自分に合った案件を紹介してもらえるので、手間がかからないのも魅力的な部分です。難易度は高いものから低いものまであるので、日商PC検定プレゼン資料作成2級のスキルを試してみたいと思っている方はPROsheetLancersTopを活用してみてください。

まとめ

今回は日商PC検定プレゼン資料作成2級の難易度の試験内容について紹介しましたが、応用問題が多いということは分かってくれたと思います。3級に比べると難易度は高く、誰でも合格できる試験ではありませんが、全体の60%程度は合格できている試験なので、対策ができれば実務未経験者でも合格できる可能性は高いでしょう。特に企業に就職する方は持っておいて損はしない資格なので、時間がある方は日商PC検定プレゼン資料作成2級の難易度に挑戦してみてはいかがでしょうか。