抑えるべき!LPIC-3 304試験対策のススメ

出典元:ゲッティ・イメージズ・セールス・ジャパン合同会社

LPIC試験は、レベル1に関しては比較的基礎について問われる問題が多いのでそれほど難易度が高いと感じませんが、レベル3に関しては実務レベルの内容しか出題されませんので相当難易度が高いと言われています。高難度の試験に合格するためには、対策方法を知ることが大切です。今回はLPIC-3の中でも304の対策方法を探している方のためにオススメの対策方法をご紹介したいと思います。これから受験を検討されている方で対策について悩んでいる方はチェックしてください。

LPIC-3 304試験とは?

LPIC-3 304は仮想化システムと高可用性システムを構築するスキルを証明するために行われている資格試験です。Linuxのプロフェッショナルな技術力を身につけたい方にオススメの試験内容となっています。

具体的にLPIC-3 304では、大きく分けると仮想化や高可用クラスタ管理、高可用クラスタストレージの3つについて出題されます。特にその中絵も仮想化についての問題が多く出題されるので、しっかりと事前に対策をしなければなりません。試験内容は全て実務レベルの内容となっています。難易度が高いので合格のためには相当な対策が必要となります。

受験料

LPIC-3 304を受験するためには、32,400円の受験料が必要です。クレジットカードやコンビニ決済も可能となっているので、支払方法は自由に選択することができます。

試験時間

LPIC-3 304の試験時間は90分に設定されています。しかし、アンケートに回答する時間もありますので、実質試験時間は約85分となります。

合格率

LPIC-3 304の合格率は公表されていませんが、レベル2の試験で10%~高くて20%台と言われています。LPIC-3 304は当然ながらレベル2の試験よりも難易度は高くなっているので、合格率もかなり低いことが予想されます。LPIC-3 304に挑戦する方は時間をかけて対策する必要がありそうです。

LPIC-3 304試験受験におすすめの対策方法

LPIC-3 304は難易度の高い試験です。合格のためには対策方法を知ることが大切となります。具体的にここではLPIC-3 304に合格するための対策方法をご紹介したいと思います。

アカデミック認定校を利用する

LPIC-3 304の受験を検討している方の中には、独学よりもスクールを利用して対策したいと思っている方もいるのではないでしょうか。LPIC-3 304は、全国に対策ができるスクールを用意しています。特に東京は数多くのスクールがあり、対策しやすい環境が整っています。スクールを利用すれば、講師の方にLPIC-3 304の対策方法を具体的に教えてもらえますし、分からない部分があっても丁寧に解説してくれるので安心です。スクールのメリットは効率よく勉強ができる事なので、1人で勉強するのは自信がないという方はアカデミック認定校を利用して対策をしてみてください。

参考書を利用する

LPIC-3 304に合格するためには、参考書を使った対策も必要です。LPIC-3 304の対策に使える参考書は数多く販売されているので、特に独学の方や、分からない部分は参考書を使って対策したいと思っている方は参考書の利用を検討してみてください。

問題集を活用する

通販などではLPIC-3 304のために作られた問題集の販売も行っています。LPIC-3 304の対策には参考書も必要ですが、数多くの問題を解くことも大切なので、問題集は必ず利用して対策することをオススメします。特に独学で勉強をする方は必要になる教材なので、1冊以上はできる限り購入を検討した方がいいでしょう。

304試験の例題と解説を公式サイトからチェックしておく

LPIC-3 304の対策を始めるにあたって、まずはどんな問題が出題されるのかなどをチェックしておきたい方も多いでしょう。この場合は公式サイトに例題と解説がついたサンプル問題があるので、それを利用して対策をしてください。勉強を始める前には一度チェックしておいた方がいいでしょう。

LPIC-3 304合格までの勉強時間の目安

LPIC-3 304に合格するまでには、相当な勉強時間が必要だと言われています。公式サイトでチェックされている平均勉強時間は、約半年から1年と言われています。100時間以上は対策に時間をかける必要があるので、難易度が高い試験だということが分かります。しかしあくまでも目安なので、参考程度にしてLPIC-3 304の対策を進めてください。

LPIC-3 304試験の対策におすすめの参考書&問題集

LPIC-3 304の対策には参考書と問題集が必須です。ここではその中でもオススメしたいテキストを紹介するので、購入しようと思っている方はチェックしてみてください。

Xen徹底入門 第2版 (CD-ROM付)

LPIC-3 304はXenの内容が多く出題されます。ここを理解していないと合格することは難しいと言われているので、参考書を活用して内容を理解してください。こちらの参考書は徹底的にXenについて解説してくれるので、しっかりと対策したい方は購入を検討してみてはいかがでしょうか。

KVM徹底入門 Linuxカーネル仮想化基盤構築ガイド

LPIC-3 304ではXenの内容も多く出題されますが、それと同じようにKVMについても多く出題されます。ここも理解していないと合格は難しいので、対策をしたい方は「KVM徹底入門 Linuxカーネル仮想化基盤構築ガイド」を利用してみてください。この参考書を活用すれば細かい部分まで対策することができるでしょう。

徹底攻略 LPIC Level3 304 教科書+問題集[Version 2.0]対応

LPIC-3 304の対策のために作られた問題集と参考書がセットになっているテキストです。この1冊でLPIC-3 304の試験対策はできるので、試験に向けた実践形式の対策をしたいと思っている方は利用を検討してみてください。

資格を取得したら、腕試しをしてみませんか?

LPIC-3 304の対策をして無事に合格することができたら、PROsheetLancersTopを活用して腕試しをしてみてはいかがでしょうか。特にフリーランスとして腕試しをしたいと思っている方にはオススメで、Linuxの様々な案件を紹介してくれます。スキルアップを目指すことができますし、企業に勤めるのではなく、個人で活躍することができるのでやりがいがあります。腕試しをしたい人にとっては特にオススメのサービスとなっているので、興味がある方は利用してみてはいかがでしょうか。

まとめ

LPIC-3 304は対策方法を具体的に知っていれば効率よく勉強ができるので合格できる確率もグッと上がります。これから対策を進めたいと思っている方の中で何から始めたらいいか分からない方は、ここで説明した内容を参考にしながらLPIC-3 304の対策を進めてみてください。