転職時に評価される!LPIC-3 303の評価は?

出典元:ゲッティ・イメージズ・セールス・ジャパン合同会社

LPIC-3 303試験を受験する人の中には、転職を検討している方も少なくないでしょう。転職する予定のある人の中には、LPIC-3という資格は転職活動をする際にどのぐらい企業から評価を得ることができるのか気になる方もいるのではないでしょうか。今回は、LPIC-3 303試験合格者の転職時の評価をご紹介しますので、転職時の評価が気になる方はチェックして下さい。

LPIC-3 303試験とは?

LPIC-3 303試験とは、LPI-Japanが主催し、システムセキュリティを考慮したシステム設計スキルとサーバー構築力を試す試験です。試験日時や会場は自由で選択することができるので、自分が受験したいタイミングで挑戦することができます。

LPIC-3 303試験はCBT方式が採用されています。出題数は約60問で、試験時間は90分です。受験の前提条件はありませんが、認定を得るためにはあらかじめ有意なレベル2の認定を取得する必要があります。

LPIC-3 303試験の難易度

LPIC-3 303試験の受験を検討している転職希望者の中には、LPIC-3 303試験の難易度が気になる方もいるのではないでしょうか。転職時の評価をご紹介する前に、まずはLPIC-3 303試験の難易度を詳しくご紹介します。

実機によるある程度の経験が必要

LPIC-3 303試験に合格するためには、システム設計やサーバー構築の経験がある程度必要になります。教科書を丸暗記するだけでは合格を勝ち取ることが難しく、実機操作によって得た知識やスキルが合格には必要になってくるので、難易度の高い試験であると言えるでしょう。また、認定には前提条件がありますので、業界未経験者が合格を勝ち取ることは難しくなっています。

対策に半年以上必要

LPIC-3 303試験に合格するための勉強時間の目安は、約半年から1年ぐらいと言われています。半年以上勉強しなければならないので、取得難易度の高い資格と言えるでしょう。

LPIC-3 303を取得するメリット

転職希望者に関わらず、LPIC-3 303試験を受験して認定を得ることができれば、多くの人がメリットを獲得することができるでしょう。ここでは、具体的にどのようなメリットを獲得できるのかご紹介します。

実務に活かせられる知識を習得できる

LPIC-3 303試験では、実務で活かせられる問題が数多く出題されます。そのため、取得を目指すことで、スキルアップにつなげられる可能性があるでしょう。自分のスキルがアップすれば、以前よりも業務をスムーズにこなせられるようになったり、対応できる仕事量も増やせられたりするので、結果的に人事からの評価向上につながる可能性があります。そのため、メリットと感じる人は少なくないでしょう。

世界でも通用する資格

LPIC-3 303試験に合格して、LPIC-3の認定を得ることができたら、日本だけでなく世界でもスキルを客観的に評価してもらえます。実は元々LPIC-3は日本の資格ではありません。はじめはカナダで実施された試験で、それが世界展開されて日本でも行われるようになりました。LPIC-3 303試験は世界でも数多くのエンジニアなどが受験しており、認知度も高い試験です。そのため、もしLPIC-3 303試験合格することができれば、世界でも自分の技術力をアピールすることができるでしょう。

Linux案件は多いのでフリーランスにもメリットがある!

フリーランス向けのお仕事の中には、Linuxに関する案件がとても多いです。日本で使われるサーバーのほとんどでLinuxが採用され、Linuxエンジニアの需要は高くなっています。

もし、フリーランスがLPIC-3 303試験に合格したら、Linuxサーバーに関する高い技術力をクライアントに示すことができます。高い技術力があればクライアントに採用される可能性が高くなりますので、受注率のアップや仕事の増加を期待することができるでしょう。

気になる転職時における評価は?

LPIC-3 303試験に合格すれば、転職活動をする際に企業から高い評価を得ることができるでしょう。ここでは、なぜ転職時に高い評価を得られるのか解説しますので、転職希望者はチェックしてみて下さい。

Linuxの需要が高いので転職を有利に進められる

Linuxの需要の高さが理由で、現在Linuxエンジニア不足に陥っている企業は多く、技術力のある転職希望者を雇用したいと考えるところはたくさんあります。技術力がある転職希望者を採用すれば、Linuxエンジニア不足を解消できたり、すぐに現場の第一線で働いてくれたりするので、企業側にメリットがあります。そのため、LPIC-3 303試験に合格している転職希望者は転職を有利に進められる可能性があるでしょう。

ベンダーニュートラル試験の中でも転職に有利!

IT自分戦略研究所の調査 によれば、転職につながったベンダー資格の1位にLPICが選ばれています。.com MasterやJavaプログラミング能力認定よりも上位となっており、ベンダーニュートラル試験の中でも、LPIC-3 303は転職を有利に進められる資格と言えるでしょう。

転職時に合格できたことに評価をする企業もある

LPIC-3 303試験は難易度が難しく、簡単に合格できる人は少ないでしょう。難易度が高いため、たくさんの知識を習得したり、技術を身に付けたりする必要があります。つまり、合格には努力することが求められるので、その点を転職時に評価してくれる企業もいるでしょう。

資格を取得したらフリーランスとして活躍するのも一つの手!

LPIC-3 303試験に合格したら、転職ではなく、フリーランスへの転身を検討している方もいるのではないでしょうか。フリーランスは企業に在籍せず、個人でお仕事をしていく働き方です。

フリーランスは自分で対応するお仕事を自由に選択することができます。また、仕事量を増やすことで高収入を期待できるため、転職よりもメリットを感じる人は少なくないでしょう。

一方、フリーランスは安定さという面では転職して企業で働く人よりも劣るでしょう。なぜなら、フリーランスは自分でお仕事を獲得する必要がありますが、必ず仕事を見つけられるとは限らないからです。しかし、その不安定さを軽減してくれるサービスがあるので、今ではフリーランスも比較的安定して働くことができるようになっています。そのサービスとは、PROsheetLancersTopです。

PROsheetLancersTopを利用することで、案件を紹介してもらうことができるので、安定してお仕事を受注することができます。そのため、利用すれば安定した暮らしを実現できる可能性があるでしょう。

まとめ

LPIC-3 303試験に合格すれば、転職を有利に進めることができるでしょう。しかし、転職を成功させる要素は資格やスキルだけではありませんので、必ず成功させられると考えるのは控えるようにしましょう。