ITサービスマネージャ受験にオススメの参考書はコレ!

出典元:ゲッティ・イメージズ・セールス・ジャパン合同会社

情報処理技術者試験は難易度の高い資格試験と言われていますが、その中でもITサービスマネージャ試験は合格率も低く、参考書などでしっかりと対策しないと合格することは難しいと言われています。難易度は高いですが、せっかく参考書などを使って勉強をして受験するなら合格したいと思っている方がほとんどでしょう。今回はこれからITサービスマネージャ試験の受験を検討されている方のために、試験の特徴や対策にオススメの参考書と問題集をご紹介したいと思います。ITサービスマネージャ試験を受験される方は参考にしてください。

ITサービスマネージャとは

ユーザーのニーズを踏まえ、日々の継続的な改善を行い、高品質なITサービスを最適なコストで安定的に提供し、ITの投資効果を最大化できるITサービスマネジメントを目指している方向けに作られた資格試験のことを言います。ITサービスをマネジメントする業務に就きたいと思っている方には必要なスキルを身につけられるのでオススメです。

ITサービスマネージャ試験の特徴

ITサービスマネージャ試験の特徴について話しますが、試験時期は毎年秋期の10月に開催されます。試験時間は午前Iが09:30-10:20、午前Ⅱが10:50-11:30、午後Iが12:30-14:00、午後Ⅱが14:30-16:30に決められています。

ITサービスマネージャ試験の出題形式は午前が多肢選択式となっており、午後Iが記述式、午後Ⅱが論述式となっています。午前に関しては参考書や問題集があればクリアできる難易度ですが、午後からは参考書以外にも読み書きができなければ合格はできません。

ITサービスマネージャ試験を受験する場合、5,700円の受験料が必要です。願書時期が7月上旬から8月中旬までなので、それまでには準備をしておきましょう。

出題範囲

ITサービスマネージャ試験の午前の出題は、テクノロジ系が基礎理論、コンピュータシステム、技術要素、開発技術について出題されます。マネジメント系はプロジェクトマネジメント、サービスマネジメントについて出題されます。最後にストラテジ系はシステム戦略や経営戦略、企業と法務についての内容が出題されます。対策には参考書などを使うと便利です。

午後の出題範囲は、サービスマネジメントに関する内容、サービスの設計や移行について、サービスマネジメントプロセスに関して、サービスの運用、情報セキュリティの運用と管理、ファシリティマネジメントに関する内容が出題されます。午後は難易度が高めですが、論文などの対策ができる参考書などを利用しましょう。

出題数

ITサービスマネージャ試験の出題数は、午前Iが30問、午前Ⅱが25問、午後Iが3問中2問解答、午後Ⅱが2問中1問解答となっています。

ITサービスマネージャ試験にオススメの参考書

ITサービスマネージャ試験に合格するためには、それなりに時間をかけて勉強しなければなりません。ここでは勉強に活用できる参考書をいくつか紹介するので、おすすめの参考書を知りたい方はチェックしてください。

ITサービスマネージャ試験のために作られた参考書です。2017年~2018年版の参考書となっているので、最新版の参考書で勉強したいと思っている方は購入を検討してください。

こちらの参考書は午前の対策よりも午後の記述式と論述式の対策ができるような内容となっています。ITサービスマネージャ試験の午後は難易度が高いので、しっかりと対策をしたい人にオススメの参考書です。

2018 徹底解説 ITサービスマネージャ 本試験問題

こちらの参考書は解説付きの参考書と問題集がセットになったテキストです。午前~午後までの対策ができる参考書となっているので、一からITサービスマネージャ試験の対策を、考書を使って始めたいと思っている方にはオススメです。

ITサービスマネージャ 合格論文事例集 第4版

ITサービスマネージャ試験の中でも最も難しいと言われているのが午後の論文です。参考書などを使って対策しないとITサービスマネージャ試験に合格することは難しいでしょう。論文の対策としては、合格論文事例を見ることが大切と言われています。「ITサービスマネージャ 合格論文事例集 第4版」の参考書は、合格した論文だけを掲載している参考書となっているので、書き方などが分かります。特に初めて受験される方は、購入を検討した方がいい参考書となっています。

ITサービスマネージャ試験にオススメの問題集

参考書を使った対策も必須ですが、問題集もある程度購入した方がITサービスマネージャ試験の対策をしっかりとできます。ここではおすすめの問題集のみを紹介していきたいと思います。

ITサービスマネージャ試験 午前 試験問題集

ITサービスマネージャ試験は午後の対策が必要不可欠ですが、午後が良くても午前が不合格なら意味がありません。午前の試験もクリアする必要があるため、できれば問題集を使って対策をしておくといいでしょう。こちらの問題集は500問収録されているので、充実した対策ができます。午前の対策をしたい方は利用してみてください。

資格を取得したら、腕試しをしてみませんか?

ITサービスマネージャ試験は簡単に合格できる資格試験ではありませんが、合格することができれば様々な場面で活躍することができます。実際に取得した人は自分がどのくらいできるのか腕試しをしたいと思っている方が多いのではないでしょうか。腕試しができるサービスがいくつかありますが、その中でも人気なのがPROsheetLancersTopです。これらの2つのサービスはITサービスマネジメントをしたいと思っている方向けの案件を紹介してくれます。PROsheetでは週2日から自分の生活スタイルに合わせて腕試しができますし、LancersTopに関しては週5日以上働くことができるなどスキルをアップさせたい方にオススメです。LancersTopでは最低単価保証などがあるなど、報酬面で不満に思うこともほとんどないので、特にフリーランスから人気を集めているサービスとなっています。腕試しをする際には魅力的なサービスとなっているため、興味がある方は利用してみてください。

まとめ

今回はITサービスマネージャ試験に合格するためのオススメの参考書と問題集を紹介しましたが、参考書などを使って勉強すれば、ある程度は対策をすることができます。ITサービスマネージャ試験は参考書などが多く販売されているので、自分の勉強スタイルに合うものを選ぶようにしましょう。