初心者必見!オラクルマスターブロンズを受験する前に知っておくべきこと

出典元:ゲッティ・イメージズ・セールス・ジャパン合同会社

今までデータベースの勉強をしたことがないデータベース初心者の中には、オラクルマスターブロンズへの受験を検討されている方もいるのではないでしょうか。今回は、初心者でもオラクルマスターブロンズに合格できるのかご紹介しますので、初心者でも合格できるか気になる人は最後まで読んでみて下さい。

オラクルマスターブロンズとは?

まず、初心者はオラクルマスターブロンズの概要を把握する必要があるでしょう。オラクルマスターブロンズとは、データベース管理の能力やSQLの知識を試す試験です。オラクルマスターブロンズはリレーショナルデータベースを提供している会社として有名なオラクル社によって実施されています。

もし、合格することができれば、世界共通基準での認定を受けることができます。つまり、日本だけでなく、海外でも取得した資格を活用することが可能です。そのため、オラクルマスターブロンズは日本国内でも人気のある資格で、数多くの人が受験しています。

初心者でもオラクルマスターブロンズ試験は合格可能?

初心者でもオラクルマスターブロンズは合格できるようになっています。なぜ、初心者でも合格可能なのか詳しくご紹介します。

オラクルマスターブロンズはデータベス初心者のための試験

オラクルマスターにはブロンズ・シルバー・ゴールド・プラチナという4つのグレードがあります。この中でもオラクルマスターブロンズは1番難易度が低く、データベース初心者向けの試験となっています。

実際に試験ではデータベースの基礎問題が中心です。そのため、応用問題が少なく初心者向けとなっています。オラクルマスターブロンズは、しっかりと勉強すれば初心者でも十分に合格を狙える試験と言えるでしょう。

受験資格がないので初心者でも合格を目指せる!

オラクルマスターブロンズには受験資格がありません。つまり、誰でも受験することが可能です。オラクルマスターブロンズ以外のグレードにはすべて受験資格があるので、オラクルマスターブロンズはデータベース初心者に適した資格と言えるでしょう。

初心者で合格するために

オラクルマスターブロンズは初心者向けの試験なので、初心者でも十分に合格を狙うことができます。そのため、初心者の中にはさっそく勉強をスタートさせようと思われている方もいるのではないでしょうか。

初心者は勉強をスタートさせる前に、勉強方法などを把握しておくといいでしょう。ここでは、初心者におすすめの勉強方法や参考書と問題集、勉強時間の目安について解説していきます。

オラクルマスターブロンズ試験の勉強方法

オラクルマスターブロンズにおすすめの勉強方法は参考書と問題集を活用することです。参考書を読んで勉強することで、Oracleソフトの使い方やOracleのデータベースの処理の流れなど、合格に必要な基礎知識を学ぶことができます。そのため、初心者はまず参考書を手に取り基礎知識を固めるようにしましょう。

基礎知識を習得した後、次は問題集を使い、インプットした知識をアウトプットしていきましょう。問題集を解くことで記憶の定着率も高くなります。また、問題を解くことで実際に出題される問題の難易度なども把握することができるので、有効な対策方法と言えます。問題集を使って勉強する時のポイントは、間違えた問題はわからないままにしておかないことです。必ず理解してから次の問題に取り組むようにして下さい。

オラクルマスターブロンズ受験にオススメの参考書&問題集

オラクルマスターブロンズ対策に活用できる参考書と問題集はいくつかあるので、ピックアップしています。

【オラクル認定資格試験対策書】ORACLE MASTER Bronze[Bronze DBA11g](試験番号:1Z0-018)完全詳解+精選問題集 (オラクルマスタースタディガイド)

シリーズ5万部を突破したBronze DBA11g対策ができる参考書です。オラクルマスターブロンズ対策定番の参考書となっています。わかりやすい解説が魅力的で、本書を初心者が選べば内容を理解しやすいでしょう。そのため、Bronze DBA11gを受験する初心者は購入しておいて損はないでしょう。

【オラクル認定資格試験対策書】ORACLE MASTER Bronze[12c SQL基礎](試験番号:1Z0-061)完全詳解+精選問題集(オラクルマスタースタディガイド)

本書には12c SQL基礎対策に必要な講義と問題集が掲載されており、オラクルマスターブロンズの参考書の中でも比較的多くの受験生が選択する参考書となっています。効率的に勉強ができるように、問題には良問を積極的に採用しています。また、わかりやすく解説してくれるので、初心者でも勉強しやすい参考書となっています。

徹底攻略 ORACLE MASTER Bronze 12c SQL基礎問題集[1Z0-061]対応

12c SQL基礎を受験する人で問題集対策を行いたい方は本書をおすすめします。本書には問題が434問も掲載されており、購入すればたくさんの問題を解くことができるでしょう。

徹底攻略ORACLE MASTER Bronze DBA 12c 問題集[1Z0-065]対応

本書は基礎から体系的に勉強ができるように問題が構成されているので、学習しやすくなっています。また、分野のエキスパートがしっかりと丁寧に解説してくれるので、わかりやすい解説を読むことができるでしょう。

勉強時間の目安

オラクルマスターブロンズ合格に必要な勉強時間は40時間程度 と言われています。そのため、比較的少ない時間で合格を目指すことができるでしょう。しかし、40時間勉強すれば誰でも合格できるということではありません。自分の知識レベルに合わせて勉強時間を確保することをおすすめします。

ブロンズに合格したら、次はシルバーを目指そう!

もし、オラクルマスターブロンズに合格できたら、次は初心者では挑戦できないシルバーを受験されてみてはいかがでしょうか。シルバーを受験するためには、オラクルマスターブロンズ取得が必須です。言い換えれば、オラクルマスターブロンズ取得者はシルバーへの受験資格が与えられるのです。オラクルマスターブロンズよりもシルバーは難易度が高くなりますが、シルバーに合格すれば、オラクルマスターブロンズ合格者よりもデータベースの高い知識レベルが証明されます。そのため、就職や転職など活かせられる場面が増えるので、メリットと感じられる人もいるのではないでしょうか。

資格を取得したら、腕試しをしてみませんか?

初心者が無事オラクルマスターブロンズに合格できたら、腕試しをしてみてはいかがでしょうか。腕試しをすることで、自分の実力がどの程度なのか把握できますし、自分の実力に納得することができれば自信に繋げられるでしょう。

オラクルマスターブロンズ合格者が腕試しをする際には、PROsheetLancersTopの利用をおすすめします。PROsheetLancersTopには、MySQLやOracleのスキルが求められる案件も多いので、受注すれば腕試しができるでしょう。

まとめ

受験資格がなく、オラクルマスターブロンズは初心者でも合格を目指せる試験です。合格することできれば、データベースの基本スキルがあることを証明してもらえるので、転職活動に活かせられるなどのメリットがあります。そのため、IT業界でエンジニアとして働きたい人は取得を検討してみてはいかがでしょうか。