対策必須!ディジタル技術検定試験1級情報部門対策のススメ

出典元:ゲッティ・イメージズ・セールス・ジャパン合同会社

ディジタル技術検定試験1級情報部門は世の中にある試験と比べても難易度が高いため、しっかりと対策する必要があるでしょう。これからディジタル技術検定試験1級情報部門を受験される方の中には、まだ対策方法を把握していない人もいるのではないでしょうか。ここでは、ディジタル技術検定試験1級情報部門におすすめ対策方法をご紹介しますので、興味のある人は参考にして下さい。

ディジタル技術検定試験1級情報部門とは?

対策方法のご説明の前に、ディジタル技術検定試験1級情報部門の概要について解説します。ディジタル技術検定試験1級情報部門とは、公益財団法人国際文化カレッジが主催し、プログラム開発の習得力やプログラミング方法論などを試すための試験です。ディジタル技術検定試験1級情報部門は11月の第4日曜日に実施されます。受験資格はないので、誰でも願書を提出して受験申し込みを行うことができます。

受験料

受験料は6,500円です。

試験時間

試験時間は120分となっています。

合格率

ディジタル技術検定試験1級情報部門の累計合格率は18%です。

ディジタル技術検定試験1級情報部門受験におすすめの対策方法

ディジタル技術検定試験1級情報部門の概要を理解できた人も多いのではないでしょうか。では、さっそくディジタル技術検定試験1級情報部門におすすめの対策方法を説明していきます。

受験準備書を使って対策をする!

ディジタル技術検定試験1級情報部門におすすめの対策方法は、受験準備書を活用することです。実は、ディジタル技術検定試験1級情報部門と制御部門の受験準備書は公式ホームページで準備されていないので、購入することはできません。しかし、2〜4級までの受験準備書は購入できます。階級は違いますが、これらの受験準備書を勉強に活用すれば、基礎知識を習得したり、ディジタル技術検定試験1級情報部門合格に必要な知識を得られたりする可能性があるので、活用することをおすすめします。

受験準備書は自分の実力に合わせて選択することで、効率的に対策を行うことができるでしょう。例えば、初学者は上級階級の受験準備書をはじめから使って対策をすると、内容が難しいため挫折の原因となります。そのため、4級など下級の受験準備書を手に取ることをおすすめします。すでに2級に合格している人は2級対策用の受験準備書をもう一度読み返してもいいですし、完璧に内容が頭の中に入っている人はディジタル技術検定試験1級情報部門の模擬問題から対策をはじめてもいいでしょう。

模擬問題で対策をしよう!

ディジタル技術検定試験1級情報部門の模擬問題も対策する際に活用できるでしょう。模擬問題は公益財団法人国際文化カレッジの公式ホームページで無料公開されています。

模擬問題で対策をすることで、実際に出題されたディジタル技術検定試験1級情報部門の過去問に触れることができます。そのため、模擬問題を解けば、出題傾向などを知ることができるでしょう。

模擬問題を解いていて間違えたり、わからなくて解答用紙に解答を書けなかったりした問題は、わからないままにしておかず、理解できるまで解説を読んだり、参考書で知識を補ったりして下さい。

ディジタル技術検定試験1級情報部門合格までの勉強時間の目安

ディジタル技術検定試験1級情報部門対策にはどのぐらいの時間が必要なのでしょうか。大体、対策に必要な勉強時間の目安は30時間以上と言われています。この対策にかかる時間は2級合格者を想定しているので、2級合格者でもまとまった勉強時間を確保する必要があります。また、初学者の場合、多くの時間を対策に割り当てる必要があるでしょう。

ディジタル技術検定試験1級情報部門対策におすすめ参考書&問題集

ディジタル技術検定試験1級情報部門対策に参考書や問題集を活用する人も多いため、対策方法だけでなく、参考書や問題集もご紹介します。

ディジタル技術検定受験準備書4級・試験問題集

今までディジタル検定の勉強をしたことがない人は、本書を使って勉強を開始しましょう。本書は4級対策用の受験準備書です。4級対策用の受験準備書は基礎問題が中心に収録されており、ディジタル技術検定試験1級情報部門合格に必要な基礎を作り上げることができます。そのため、初学者はまず本書で対策を開始することをおすすめします。

ディジタル技術検定受験準備書2級情報部門・試験問題集

本書は2級対策用の参考書です。2級対策用の参考書でディジタル技術検定試験1級情報部門対策を完全に行うことはできませんが、ディジタル技術検定試験1級情報部門対策に役立つ知識を習得できる可能性があるので、購入しておいて損はないでしょう。

ディジタル技術検定 模擬試験

模擬試験には過去に出題されたディジタル技術検定試験1級情報部門の問題を見ることができます。47回〜55回までの問題を閲覧できるので、試験対策をする際や総仕上げをする時に活用しましょう。

資格を取得したら、腕試しをしてみませんか?

ディジタル技術検定試験1級情報部門は難易度が高いため、合格できた人は自分のプログラマーとしてのスキルに自信を持てる方も少なくないでしょう。プログラマーとしてのスキルがある人はPROsheetLancersTopで腕試しをしてみてはいかがでしょうか。

PROsheetLancersTopにはシステムエンジニアやプログラマのお仕事が紹介されています。つまり、そのようなお仕事に参加すれば、現場の最前線で働くことができます。同時に自分の実力がどのぐらいあるのか腕試しもできるでしょう。もちろん、お仕事をしていけば、報酬も受け取れますし、IT業界の人たちとの人間関係も構築していくことできます。そのため、ディジタル技術検定試験1級情報部門合格者がPROsheetLancersTopを利用すれば、たくさんのメリットを得ることができるのではないでしょうか。

まとめ

ディジタル技術検定試験1級情報部門対策ができる参考書は少ないので、2級対策ができる参考書や過去問を使って対策をしていくことになるでしょう。ディジタル技術検定試験1級情報部門の対策方法を把握できたところで、さっそく勉強をスタートさせてみてはいかがでしょうか。