ビジネスで使える!ディジタル技術検定試験4級の難易度は?

出典元:ゲッティ・イメージズ・セールス・ジャパン合同会社

ディジタル技術検定試験は、Web業界で取得する方は少ないと言われていましたが、最近ではIT業界の制御分野の資格も重要とされているので、取得する方が増えています。ディジタル技術検定試験は様々な難易度がありますが、その中でも初めて受験される方は4級に挑戦する人たちが多いのではないでしょうか。ディジタル技術検定試験4級の受検を検討されている方のために、ここでは具体的にどのくらいの難易度なのかについて紹介していきたいと思います。これからディジタル技術検定試験4級の受検を検討されている方はチェックしてみてください。

ディジタル技術検定試験とは?

ディジタル技術検定試験とは、簡単に説明すると情報の処理から制御まで行うディジタル技術のことを言います。ディジタル技術検定試験は大きく分けると1級~4級までの難易度があり、4級では基本的な内容が多く出題されます。級数は上がれば上がるほど難易度が高くなるのが特徴です。

ディジタル技術検定試験4級の概要

ディジタル技術検定試験4級の難易度の概要について知りたい方も多いと思うので、具体的にどんな試験なのか説明していきたいと思います。

試験内容

ディジタル技術検定試験4級では、初歩的なディジタル技術や情報の処理に関する知識を持ち、簡単な計算機応用機器や制御用機器の動作を理解し、それを操作できるかについて評価される試験となっています。内容だけ見ると難易度が高く感じますが、4級では基本的な内容しか出題されないので、しっかりと対策をすれば十分合格できる範囲です。

受験者数

ディジタル技術検定試験4級の難易度の累計受験者数は61,814人です。ここ最近では受験する方も増えており、人気を集めています。

受験料

ディジタル技術検定試験は比較的受験料は安く、4級の難易度に関しては3,000円です。

試験時間

ディジタル技術検定試験4級の難易度では、説明が10分間、解答が60分間に設定されています。

出題数

ディジタル技術検定試験4級の出題数は全部で35問です。

合格基準

ディジタル技術検定試験4級の合格基準は掲載されていません。4級の難易度に合格できるかどうかは、模擬問題を解き、合格確率をチェックしておきましょう。

試験日&合格発表日

平成30年の試験日は11月25日に実施されます。願書受付期間は9月25日から10月25日までなので忘れないようにしましょう。
合格者は後日合格証明書を発行してくれます。

ディジタル技術検定試験4級の難易度は?

ディジタル技術検定試験4級は、ディジタル技術検定試験の中でも最も難易度が低い試験となっています。具体的に合格率は約82%となっています。ほとんどの受験生が合格しているので、初心者でもある程度対策をすれば合格することができる難易度です。比較的簡単なので、これからディジタル技術の勉強を始めようと思っている方は、4級の難易度から挑戦することをオススメします。

ディジタル技術検定試験4級はこんな人にオススメ!

ディジタル技術検定試験4級はどのような人にオススメの試験なのでしょうか。具体的にディジタル技術検定試験4級の難易度がどんな人にオススメなのかを紹介します。

ディジタル技術について基本的な知識を身につけたい方

ディジタル技術検定試験4級では基本的な内容しか出題されません。一から勉強を始めようと思っている方は、基本的なことを学ぶことができるディジタル技術検定試験4級から受験することをオススメします。

ディジタル技術が必要な職場に就職や転職をしたい方

ディジタル技術検定試験4級の難易度では基本的なスキルしか磨くことができないため、それほど実務に役立つことはありませんが、それでもディジタル技術の仕事に就きたいと思っている方には重要な知識となります。将来的に就職や転職をしたい方にとっては必要不可欠な情報となっているので、おすすめです。

4級に合格したら、次は3級を目指そう!

ディジタル技術検定試験4級は難易度がそれほど高くない試験なので、ある程度の勉強で合格することができますが、せっかく4級の難易度をクリアすることができたら3級にも挑戦してみてはいかがでしょうか。ディジタル技術検定試験4級の難易度も取得すれば様々なことに役立ちますが、3級は更に難易度も高くなるため、合格すれば4級の難易度よりも評価が高くなることがあります。特に就職や転職を目指している方はできる限り上へ目指した方が得なので、挑戦してみてはいかがでしょうか。

資格を取得したら、腕試しをしてみませんか?

ディジタル技術検定試験4級の難易度に無事合格することができたら、実際の業務に挑戦したいと思っている方が多いのではないでしょうか。実務にチャレンジする際には就職や転職をする方法がありますが、その前に実務にチャレンジしたいと思っている方や、フリーランスとして活躍したいと思っている方にオススメなのがPROsheetLancersTopです。これらのサービスは、どちらも案件を紹介してくれるサービスのことを言います。特に多くのフリーランスはPROsheetLancersTopを使用しており、中にはPROsheetLancersTopだけで生活をしている方もいます。

そもそもPROsheetとは、週2日から案件に挑戦できるフリーランス向けのサービスです。週2日からなので、自分の生活スタイルに合わせた働き方ができます。例えば複数の仕事をしているという方は、週2日から手軽に挑戦できるPROsheetがオススメです。

LancersTopは、どちらかというと専門的知識のある上級者向けのサービスとなっています。ディジタル技術検定試験4級は、基本的な知識しか身につけられないので、案件自体の難易度が高く感じてしまうことはありそうです。自身がある方は挑戦しても問題ありませんが、まずは初歩的な仕事から挑戦したい方はPROsheetから始めてみてはいかがでしょうか。

まとめ

今回はディジタル技術検定試験4級の難易度について中心に紹介しましたが、試験自体はそれほど難易度が高いものではありません。初心者でも挑戦できる試験となっているため、特にディジタル技術を一から学びたいと思っている方はディジタル技術検定試験4級の難易度から挑戦してみてください。