Web業界で働きたい人必見!Web検定のWebディレクション試験の難易度を解説

出典元:ゲッティ・イメージズ・セールス・ジャパン合同会社

ウェブ業界で働くためには、専門的知識があることを証明できる資格を持っていると便利だと言われています。資格と言ってもウェブ業界で必要になるものは数多く存在しており、難易度も様々ですが、その中でも将来的にディレクターになりたいと思っている方はWeb検定のWebディレクション試験の受験をおすすめします。資格試験は難易度が高いものから低いものまで様々ですが、Web検定のWebディレクションはどのくらいの難易度なのでしょうか。今回は資格取得を検討している方のために、試験の概要から難易度まで詳しく紹介していきたいと思います。

Web検定のWebディレクション試験とは?

Web検定のWebディレクション試験とは、将来的にWebディレクターやプロジェクトマネージャー、コンテンツディレクターになりたいと思っている方向けに作られた難易度が高めの資格試験です。Web検定のWebディレクション試験では、主にプロジェクトの企画、サイト全体の情報構造設計、集客施策立案、実施など難易度の高い様々な専門的知識を学ぶことができます。難易度が高い試験なので、全て理解できるようになるまでには時間がかかりますが、理解できるようになれば、現場でもディレクターとして活躍できるようになるでしょう。

Webディレクション試験の概要

Web検定のWebディレクション試験の概要についても説明するので、これから受験勉強を始めようと思っている方はチェックしてください。

受験料と試験時間

Web検定のWebディレクション試験を受験する方は、10,000円の受験料が必要です。
試験時間は90分に設定されています。

試験内容と出題数

Web検定のWebディレクションの試験内容は毎回異なりますが、基本的にはインターネットビジネス、プロジェクトマネジメント、ウェブサイトの企画、ウェブサイトの設計、集客施策の5項目の中から出題されます。出題数は合計65問となっており難易度は高めです。

合格基準

Web検定のWebディレクションに合格するためには、最低でも70%以上の正解率が必要です。難易度は比較的高くなっているので、試験勉強をする際には合格基準よりも高い点数を取れるように対策を進めてください。

試験日&合格発表日

Web検定のWebディレクションは、平日に試験が実施されており、全国の約200の会場で実施されています。会場によって日程や時間が異なることもあるので、これから受験を検討されている方は事前に確認してから申し込みを行ってください。

Web検定のWebディレクション試験は、試験終了後にスコアレポートを受け取れますので、すぐに合否の確認をすることができます。

気になるWebディレクション試験の合格率は?

Web検定のWebディレクション試験の難易度を気にしている方は多いですが、合格率は累計で31.51%となっています。累計を見ると難易度が高く感じますが、あくまでも累計となっており、試験の中には50%以上や60%以上の合格率の時もあります。そのため、あくまでも合格率は参考程度にして勉強を進めてください。しっかりと対策をすれば、難易度もそれほど高くは感じないでしょう。

Webディレクション試験の難易度

Web検定のWebディレクションは難易度が高い試験と言われていますが、ここ最近では合格者も増えており、それほど難易度は高くないと言っている方もいます。初心者がいきなり合格するというのは難易度が高いかもしれませんが、学生でもしっかりと参考書や問題集を使って対策をすれば合格できる難易度です。対策をすれば難易度が高いと感じる試験ではないため、Webディレクションに興味がある方は是非チャレンジしてみてください。

Webディレクション試験を受けるなら、他のWeb検定も受験するのがオススメ

Web検定にはWebディレクション以外に3つの試験が存在しています。Web業界で働きたいなら、Webディレクション以外にも取得を検討した方がいいので、ここでは3種類の難易度のWeb検定について紹介します。

Web検定の中でWebディレクションと同じような難易度で人気を集めているのがWebリテラシーです。ここではウェブ業界の仕事に関わるデザイナーやディレクター、プロデューサーの3職種の中から重要知識だけを集めて作られた資格試験です。Web業界には様々な職種があり、コミュニケーションエラーが発生しやすくなっていますが、Webリテラシーがいれば、違う職種にもしっかりと伝えることができ、円滑にコミュニケーションを取ることができます。そのため、ウェブ業界では必要不可欠な人材となっています。

続いて人気を集めているのがWebデザイン試験です。将来的にウェブデザイナーになりたい方に適した資格試験です。試験ではHTMLからCSSの書式や基本設計まで、実務に役立つ難易度が高い内容が多くなっています。

その他にもWeb検定にはWebプロデュース試験があります。ここでは現状把握や戦略立案、具体化の術などプロデューサーに必要な難易度が高めの知識を学ぶことができます。
このように、Web検定にはWebディレクションの他に魅力的な資格がたくさんあるので、ウェブ業界へ就職したい方は特に受験を検討してみてはいかがでしょうか。

資格を取得したら、腕試しをしてみませんか?

Web検定のWebディレクションは、比較的難易度が高い試験ですが、しっかりと対策をすれば合格できない難易度の試験ではありません。既に取得された方もいると思いますが、せっかくWeb検定のWebディレクションを取得したら実務に活かしたいと思っている方が多いでしょう。実務に活かすためには就職や転職をして企業に勤める方法もありますが、最近ではPROsheetLancersTopなどのサービスを活用し、フリーランスとして腕試しをしている方もいます。この2つのサービスでは、難易度が高いものから低いものまで様々な案件を揃えています。初心者は自信がなくて諦めてしまう場合もありますが、しっかりと案件を探せば初心者でも対応できる難易度が低い案件が見つかります。また、運営会社からオススメの案件なども紹介してもらえるので、案件の探し方がよくわからないという方でも安心です。将来的にフリーランスとして腕試しをしたい方にとってはスキルアップを目指せる魅力的なサービスとなっているので、Web検定のWebディレクション試験に合格した人は利用してみてください。

まとめ

今回はWeb検定のWebディレクションについて紹介しましたが、難易度は比較的高いということが分かったと思います。しかし、しっかりと対策をすれば学生でも合格できる試験となっているので、将来的にディレクターを目指す方は是非チャレンジしてみてください。