受験前に知るべき!Webディレクション試験対策のススメ

出典元:ゲッティ・イメージズ・セールス・ジャパン合同会社

将来的にWebディレクターやプロジェクトマネージャー、コンテンツディレクターなどの職に就きたいと思っている方も多いのではないでしょうか。これらの職種に就くためには、最低でもWebディレクションの知識を身につけなければなりません。知識を身につける方法として最も効率的なのが資格取得です。資格と言っても種類は様々ですが、その中でもWebディレクション試験がオススメです。今回はこれからWebディレクションの受検を検討されている方の中で、対策方法を知りたい方のために詳しく紹介していきたいと思います。

Webディレクション試験の試験概要

Web検定には大きく分けると4種類の試験が存在しています。Webディレクションはその中の1つです。国家資格とは異なり、民間資格となっていますが、ウェブ制作の工程管理や用件的、Webサイトの設計などWeb業界に必要なあらゆる知識について問われる問題が出題されます。将来的にWebディレクションになりたい方で、業務に必要なことを学びたいと思っている方は、Webディレクション試験の受験をオススメします。

試験時間と出題数

Webディレクションの試験時間は90分に設定されています。出題数は全部で65問です。

試験範囲

Webディレクションの試験範囲は、公式テキストを中心に出題されます。そのため、基本的には公式テキストを使った対策をしておけば合格できる範囲の難易度です。

合格基準

Webディレクションに合格するためには、最低でも70%以上の正解率が必要です。それ以下だと不合格になるので、事前に対策する際には最低でも8割~9割の正解率は常に取れるようにしてください。

合格率

合格率はその年によって異なりますが、累計で説明すると30%台です。しかし、60%以上の合格率の時もあるので、合格率に惑わされずしっかりと対策をしておきましょう。

Webディレクション試験おすすめの対策方法

Webディレクション試験に合格するためには、対策方法が大切です。今まで受験したことがない方は、対策方法で悩むこともあるので、ここではWebディレクション試験合格に向けた対策方法を紹介したいと思います。

公式テキストを使った対策は必須

試験範囲でも話しましたが、Webディレクション試験は公式テキストの中から出題されます。そのため、基本的には公式テキストを隅々まで読んで理解をすれば一発で合格できるでしょう。公式テキストは公式サイトから購入できるので、これからWebディレクション試験の対策を始めようと思っている方は購入してください。

公式問題集を使って実践形式の対策をしよう

Webディレクションの対策をする際には、実際の試験でどのように問題が出題されるのか把握しておきたい方もいるでしょう。実践形式に慣れるためには、公式問題集を使った対策をオススメします。基本的に公式テキストを読み終えたら、あとは公式問題集を使って練習問題を何回も解けば試験の対策はできるでしょう。

Webディレクション試験合格までの勉強時間の目安

Webディレクションに合格するまでの勉強時間は人それぞれの能力によって異なりますが、最低でも30時間ほどは対策をした方がいいと言われています。時間に余裕があるという方は、それ以上の対策をしても問題ありません。勉強時間は目安になるので、自分が納得できるまで対策をしましょう。

Webディレクション試験におすすめの参考書&問題集

Webディレクション試験の対策には参考書や問題集を使うといいと話しましたが、具体的に何を購入すればいいのかについても紹介したいと思います。

ウェブの仕事力が上がる 標準ガイドブック3 Webディレクション 第3版

Webディレクション試験は、基本的に「ウェブの仕事力が上がる 標準ガイドブック3 Webディレクション 第3版」から問題が出題されます。そのため、公式テキストの内容をしっかりと把握しておけば試験も無事に合格することができるでしょう。価格は3,100円と少々高めですが、試験に合格するためには必須のテキストとなっているので、できる限り購入することをオススメします。

PDFダウンロード版Webディレクション問題集 第3版対

公式テキストだけを使ってしっかりと対策をすればWebディレクション試験に合格することはできますが、問題にも慣れた方が更に安心できるので、公式問題集の購入もオススメします。公式問題集はパソコンからダウンロードすることができ、価格は1,600円です。総ページ数は80ページとなっており、内容は全て練習問題です。ひたすら問題を解いて対策をしたい方は「PDFダウンロード版Webディレクション問題集 第3版対」を使った対策をオススメします。

Webディレクションの知識は他のWeb検定にも役に立つ

今回はWebディレクションに合格するための対策方法を紹介しましたが、Webディレクションは合格すると他のWeb検定にも役立つことをご存知でしょうか。そもそもWeb検定には、Webディレクション試験の他に、Webリテラシー、Webデザイン、Webプロデュースの3つがあります。Webディレクションではこれらの内容にも触れるため、それほど対策をしなくても他の検定に合格することができます。Web検定の資格を全て取得したい方は、Webディレクションから挑戦することをオススメします。

資格を取得したら、腕試しをしてみませんか?

Webディレクション試験に合格したら、資格を活かして就職や転職を考えている方も少なくないでしょう。就職や転職をすることで実際の業務に携わることができますが、その他にも近年ではサービスを使って腕試しをすることができます。サービスと言っても種類は様々ですが、その中でもPROsheetLancersTopは人気を集めています。人気の理由はWebディレクションの案件が多数掲載されているからです。わざわざ企業に勤めなくても実務を経験することができるので、特にフリーランスや腕試しをしたい人には人気を集めています。資格を取得したらまず実務にチャレンジしたいという方は、PROsheetLancersTopのサービスを利用してみてはいかがでしょうか。

まとめ

今回はWebディレクションに合格するための対策方法を紹介しましたが、公式テキストや問題集を重点的に対策すれば初心者でも合格できる可能性があります。Webディレクションは今後も必要になるスキルなので、将来的にディレクションをしたいという方は取得について検討してみてください。