画像処理を学びたい人必見!画像処理エンジニア検定 ベーシックの難易度は?

出典元:ゲッティ・イメージズ・セールス・ジャパン合同会社

画像処理エンジニアになるために、画像処理エンジニア検定を受験しようと思っている方も多いのではないでしょうか。試験に合格すれば必ずしも画像処理エンジニアになれるわけではありませんが、スキルを身につけることができるので可能性は高くなります。

画像処理エンジニア検定には、ベーシックとエキスパートの2つの難易度があります。その中でも今回はベーシックの難易度について紹介するので、どのくらいの難易度なのか知りたい方はチェックしてください。

画像処理エンジニア検定とは?

画像処理エンジニア検定は、画像処理の技術に関係する基本的な知識が身についているか、そしてプログラミングを理解できているかを問う資格試験となっています。画像処理エンジニア検定はベーシックとエキスパートの難易度がありますが、ベーシックの難易度では画像処理に関する基本的なスキルについて問われ、エキスパートの難易度では専門的な内容について問われます。将来的に画像処理の仕事に就きたい人は、エキスパートの難易度まで取得した方がいいと言われています。

画像処理エンジニア検定 ベーシックの概要

画像処理エンジニア検定ベーシックの概要について受験前に知りたい方も多いでしょう。具体的な概要を下記に説明していきます。

受験料と試験時間

画像処理エンジニア検定では、ベーシックとエキスパートそれぞれの難易度で受験料が異なり、ベーシックの難易度では5,500円の受験料が必要です。願書受付期間中までに用意しておきましょう。

画像処理エンジニア検定ベーシックの難易度では、7月に1回、11月に1回の試験が実施されます。難易度別で試験時間が異なり、ベーシックは60分間に設定されています。

試験内容と出題数

画像処理エンジニア検定ベーシックの難易度では6項目の内容について問われます。具体的にはディジタルカメラモデル、画像の濃淡変換とフィルタリング処理、画像の解析、パターン・特徴の検出とパターン認識、システムと規格、関連知識です。それぞれ細かく出題されますが、画像処理エンジニア検定ベーシックの難易度ではすべて基礎内容のみとなっています。

合格基準

画像処理エンジニア検定ベーシックの難易度ではすべて正解すると100点満点になりますが、合格基準は70点以上獲得すれば合格です。初学者は、70点以上取得するのは難易度が高いと感じている方が多いでが、参考書や問題集を熟読すれば初学者でも70点以上取ることができるのでそれほど難しく考える必要はありません。

合格発表日

画像処理エンジニア検定ベーシックを受験後、約1か月後に合否が発表されます。

気になる画像処理エンジニア検定ベーシックの合格率は?

画像処理エンジニア検定ベーシックの合格率は、約70%前後です。それほど合格率は低くないので、しっかりと参考書の内容を理解することができれば合格できるでしょう。しかし、30%の人は不合格という結果に終わっているため、一発で合格するためにはそれなりに時間をかけて勉強をした方がいいでしょう。

画像処理エンジニア検定ベーシックの難易度

画像処理エンジニア検定ベーシックの合格率は70%前後と説明しましたが、合格率を見てもわかるように、それほど難易度は高くありません。初学者でも30時間前後の勉強をすれば合格できる範囲と言われているので、画像処理エンジニアに興味がある方は受験を検討されてみてはいかがでしょうか。

画像処理エンジニア検定ベーシックの難易度に合格するための勉強方法

画像処理エンジニア検定ベーシックはそれほど難易度も高くなく、多くの方が合格している資格試験ですが、合格のためには勉強方法が大切になるので、具体的な勉強方法をご紹介します。

基礎から学ぶなら参考書を活用しよう

公式サイトにはオススメの参考書が掲載されていますが、公式の参考書を利用すれば画像処理エンジニア検定ベーシックの難易度は対策できると言われています。様々な種類の参考書を購入する方もいますが、ピンポイントで勉強した方が効率もいいので、画像処理エンジニア検定ベーシックの難易度に挑戦するなら公式の参考書を選んでください。

問題集を使って試験対策をしよう

参考書の内容をある程度理解できるようになったら、問題集を使って画像処理エンジニア検定ベーシックの難易度の対策をしましょう。問題集があれば試験でどのような問題が出題されるかがある程度分かります。実践的な対策ができるのでおすすめです。

セミナーや講座を利用する

画像処理エンジニア検定ベーシックの難易度は、基本的に独学で対策することができますが、独学では心配だという方はセミナーや講座の利用もオススメします。公式サイトをチェックすると様々なセミナーや講座が開催されているので、興味がある方はチェックしてください。

資格を取得したら、腕試しをしてみませんか?

画像処理エンジニア検定ベーシックの難易度は比較的簡単な資格試験なので誰でも勉強をすれば合格することができます。資格を取得する目的は人それぞれですが、その中でも実務に挑戦したいと思っている方は多いのではないでしょうか。実務にチャレンジする方法はいくつかありますが、最近ではフリーランスとして挑戦できるPROsheetLancersTopが人気を集めています。2つのサービスでは、どちらも様々な案件を紹介してくれます。例えば画像処理に関する案件からプログラミングの案件まで種類は豊富です。腕試しをしたいと思っている方にはピッタリの環境となっているので、チャレンジしたい人はPROsheetLancersTopを一度覗いてみてはいかがでしょうか。

まとめ

今回は画像処理エンジニア検定ベーシックの難易度を中心に紹介しましたが、ある程度勉強方法を理解しており、画像処理の基礎内容を理解できていれば合格できることが分かりました。試験の内容はそれほど難易度が高いものではないので、初学者でも挑戦することができます。将来的に画像処理の仕事に就きたいと思っている方も多いと思いますが、そのためにはスキルを身につけることが大切なので、まずは画像処理エンジニア検定ベーシックの難易度からチャレンジしてみてはいかがでしょうか。