マーケティング・ビジネス実務検定C級対策のススメ

出典元:ゲッティ・イメージズ・セールス・ジャパン合同会社

マーケティング・ビジネス実務検定C級に合格したい人の中には、どのように対策をすればいいのかわからない方もいるのではないでしょうか。正しい対策方法を知ることで、合格圏内に入りやすくなります。また、知識も効率的に習得できるでしょう。そこで、今回はマーケティング・ビジネス実務検定C級におすすめの対策方法をご紹介するので、対策を知りたい人は参考にして下さい。

マーケティング・ビジネス実務検定C級とは?

これからマーケティング・ビジネス実務検定C級への受験を検討している人の中には、マーケティング・ビジネス実務検定C級の概要について知らない方もいるでしょう。そのため、対策方法の前に、まずマーケティング・ビジネス実務検定C級の概要をご説明します。

マーケティング・ビジネス実務検定C級とは、国際実務マーケティング協会が主催し、マーケティングに関する基礎知識を問う試験です。マーケティング・ビジネス実務検定には3つの階級がありますが、その中でもC級はもっとも難易度が低くなっています。合格基準は80%得点することです。マーケティング・ビジネス実務検定C級は200点満点なので、160点以上得点すれば合格できます。

受験料

受験料は税込で5,980円となっています。

試験時間

マーケティング・ビジネス実務検定C級の試験科目は、マーケティング知識とマーケティング事例です。マーケティング知識の試験時間は1時間30分、マーケティング事例は45分となっています。

合格率

合格率は公表されていませんが、マーケティング・ビジネス実務検定C級は難易度がやさしいため、合格率は高いことが予想されます。

マーケティング・ビジネス実務検定C級おすすめの対策方法

独学で合格を目指す人は、参考書と問題集を使った対策が有効です。独学で合格することに自信がない人は通信講座を利用した対策をおすすめします。ではさっそくそれぞれの対策方法を詳しく見ていきましょう。

参考書を使った対策

はじめてマーケティングを学ぶ人は、できるだけわかりやすく簡単な参考書を選択しましょう。基本的には、基礎を解説してくれる参考書をしっかりと暗記すれば、合格を狙える試験です。

1読ですべてを理解しようと思わず、1読目は大体内容を理解できれば十分です。2読目から、なるべく書かれている内容を理解するように努めます。

問題集を使った対策

ある程度、基礎知識を習得できたら、問題集を活用することをおすすめします。問題集を使うことで、習得した知識をアウトプットさせられるため、ただ参考書を読むよりも内容を記憶しやすいです。また、問題集を解くことで、本番はどのような出題形式なのか理解できます。さらに、問題に慣れることもできるので、有効な対策方法と言えます。

通信講座を利用した対策法

独学で対策することに自信がない人は、通信講座を利用しましょう。マーケティング・ビジネス実務検定C級を主催する国際実務マーケティング協会が通信講座を提供しており、受講すれば十分にマーケティング・ビジネス実務検定C級の対策を行えます。しかし、参考書と問題集を使った対策方法よりも費用がかかるので、独学で対策できないか十分に検討する必要があります。

マーケティング・ビジネス実務検定C級合格までの勉強時間の目安

実際に、これからマーケティング・ビジネス実務検定C級対策をスタートさせる人の中には、合格までにどのぐらい勉強する必要があるのかあらかじめ把握しておきたい方もいるでしょう。

勉強時間の目安は約60時間程度と言われています。60時間という勉強時間はけっして多くありません。そのため、学生ではなく、社会人でもマーケティング・ビジネス実務検定C級の合格を目指せます。

しかし、マーケティング・ビジネス実務検定C級に挑戦される人それぞれで、スタートラインが異なります。例えば、普段の業務でマーケティングに携わっている方であれば、60時間以上勉強しなくてもマーケティング・ビジネス実務検定C級に合格できる人もいます。逆に、まったくマーケティングの勉強をしたことがない人は、知識ゼロの状態から勉強をスタートさせるので、60時間程度勉強しても合格できない可能性もあります。

勉強時間はあくまでも目安です。60時間勉強すれば必ず合格できるということではないので、目安を鵜呑みにせずに、自分に必要な勉強時間をあらかじめ把握することをおすすめします。

マーケティング・ビジネス実務検定C級おすすめ参考書&問題集

マーケティング・ビジネス実務検定C級対策には、参考書と問題集は欠かせません。マーケティング・ビジネス実務検定C級を受験される人の中には、どのような参考書や問題集を選んで対策をすればいいのかわからない方もいるのではないでしょうか。ここでは、マーケティング・ビジネス実務検定C級対策に活用できる参考書をいくつかピックアップしたので、購入をする際に参考にして下さい。

ベーシック マーケティング・ビジネスハンドブック

本書はマーケティング・ビジネス実務検定C級のオフィシャルテキストです。主催者である国際実務マーケティング協会によって発行されています。オフィシャルテキストなので、マーケティング・ビジネス実務検定C級対策をする必要があるすべての人におすすめできる参考書です。

C級試験問題集

本書も主催者である国際実務マーケティング協会が販売する問題集です。問題集で対策をしたい人におすすめできる書籍となっています。

資格を取得したら、腕試しをしてみませんか?

対策を行い、マーケティング・ビジネス実務検定C級に無事合格することができたら、自分にどのぐらいの実力があるのか腕試しをしたいと思われる方もいるのではないでしょうか。腕試しをしたい人はPROsheetLancersTopを利用してみて下さい。

PROsheetLancersTopは案件紹介サイトです。基本的には企業が発注する案件をフリーランスに紹介しています。実際にPROsheetLancersTopで紹介されている案件の中には、マーケティング・ビジネス実務検定C級取得に必要な知識を活用できるものもあり、受注すれば腕試しができます。そのため、腕試しをしたい人は利用を検討してみてはいかがでしょうか。

まとめ

正しく対策を行えば、マーケティング・ビジネス実務検定C級は合格できる資格です。ご紹介した対策方法を参考にしてさっそく勉強をスタートさせましょう。