転職で有利になる?画像処理エンジニア検定エキスパートの評価は?

出典元:ゲッティ・イメージズ・セールス・ジャパン合同会社

転職を有利に進めることを目的に、画像処理エンジニア検定エキスパートを受験されるという転職希望者もいるのではないでしょうか。転職を目的に取得される人が気になることとして、画像処理エンジニア検定エキスパートの転職時の評価を挙げることができます。今回は、画像処理エンジニア検定エキスパートを取得することで転職を有利に進められるのかご説明するので、転職希望者はチェックしてみて下さい。

画像処理エンジニア検定エキスパートとは?

画像処理エンジニア検定エキスパートとは、画像処理分野の設計力・開発力を測る目的で実施されています。主催している団体は、CGクリエイター検定やCGエンジニア検定を実施しているCG-ARTSです。

画像処理エンジニア検定エキスパートは、工業分野や医療用、リモートセンシングなどのシステム開発に関する知識が問われます。想定職種は、エンジニアやプログラマ、研究者です。

画像処理エンジニア検定はエキスパートのほかにも、ベーシックがあります。ベーシックは主に基礎知識が問われますが、エキスパートは応用問題が中心に出題されます。そのため、難易度も高く、簡単に合格できる試験ではありません。

画像処理エンジニア検定エキスパートは、1年間で2回試験が実施されます。それは、7月8日と11月25日です。もちろん、年度によって検定日が変更される可能性があるので、しっかりと確認してから受験の申し込みをしましょう。

画像処理エンジニア検定エキスパートを取得するメリット

では、転職希望者や社会人、学生が画像処理エンジニア検定エキスパートを取得することで、どのようなメリットを獲得できるのでしょうか。

画像処理エンジニアとして技術があることが証明される

画像処理エンジニア検定エキスパートに合格すれば、画像処理エンジニアとして高い技術が証明されます。そのため、ほかの業界から転職する時などにも活用できるでしょう。

資格の希少価値が高い

画像処理エンジニア検定エキスパートは資格の希少価値が高いと言えます。その理由は合格率です。画像処理エンジニア検定エキスパートの2017年前期の合格率は31.6%、後期は32.8%となっています。合格率を見ればわかるように、画像処理エンジニア検定エキスパートは簡単に合格できる試験ではないことが理解できるでしょう。簡単に合格できない、つまり、取得できる方は少ないので希少価値が高い資格と言えます。希少価値が高い資格は周囲から評価を得られやすいため、転職希望者は取得しておいて損はないでしょう。

フリーランスの人にもメリットがある!

フリーランスも取得しておいて損はないでしょう。フリーランスが取得すれば、案件を受注する際のアピール材料になります。1つの案件に複数のフリーランスが応募するケースはたくさんあります。複数のフリーランスの応募があった場合、クライアントはその中からお仕事を任せられる人を選ぶことになるでしょう。クライアントは選ぶ際にさまざまな点を考慮して選択しますが、“さまざまな点”の中に技術力も含まれるケースが多いです。

画像処理エンジニア検定エキスパートを取得していれば、画像処理エンジニアとしての知識があるということを客観的に伝えられるので、技術力を認めてくれれば、採用してもらえる可能性があります。つまり、画像処理エンジニア検定エキスパートを取得していれば、案件も安定して受注できる可能性が高まるので、メリットと感じられるフリーランスも多いでしょう。

気になる転職時における評価は?

画像処理エンジニア検定エキスパートは数多くのメリットがありますが、転職時にはどのような評価を受けることになるのでしょうか。基本的に画像処理エンジニア検定エキスパートを取得していれば、企業側から一定の評価を受けることができるので、転職を有利に進められる可能性が高いです。

技術力がどのぐらいあるのか企業側は判断しやすい

資格を取得することで、技術力が客観的に証明されるので、技術力がある転職希望者を採用したい企業から一定の評価を得られる可能性があります。技術力の高い転職希望者の確保は、企業力を強められます。また、スキルがある転職希望者を採用することで、教育に必要な時間も短縮できるので、スキルがある転職希望者を採用することは、企業側にもメリットがあります。そのため、画像処理エンジニア検定エキスパートを取得している転職希望者は、資格がない転職希望者よりも転職を有利に進めることができるでしょう。

勉強ができる人材という点で評価を得られる

学生だけでなく、社会人にも勉強する姿勢が求められます。社会に出ても学ばなくてはならないことは山程あるので、企業の中には勉強できる転職希望者を評価するところもあります。先程から説明している通り、画像処理エンジニア検定エキスパートは合格率が低く、簡単に取得できる資格ではありません。実務経験があるエンジニアでも、6ヶ月以上勉強期間が必要です。画像処理エンジニア検定エキスパートに合格できた人は、しっかりと勉強できる人材であり、そのような点を評価する企業も少なくありません。

転職時に活かしたいなら、画像処理-ARTSマイスターになろう!

転職をさらに有利に進めたい転職希望者は、CG-ARTSマイスターになることをおすすめします。例えば、画像処理エンジニア検定エキスパートを取得し、さらにCGエンジニア検定に合格することで、エンジニアリングマイスターになることできます。エンジニアリングマイスターになることで、システム開発・ソフトウェア開発に精通している人材であることが証明されるので、転職をさらに有利に進められる可能性があります。

資格を取得したらフリーランスとして活躍するのも一つの手!

転職をではなく、フリーランスの転身を考えている人は、PROsheetLancersTopを利用してシステム開発案件を受注してみてはいかがでしょうか。PROsheetLancersTopにはシステム開発・ソフトウェア開発案件が数多く紹介されています。報酬も獲得できるので、安定して受注することができれば、フリーランスとして生計を立てていくこともできるでしょう。

まとめ

画像処理エンジニア検定エキスパートは合格率が低く、希少価値も高い資格です。そのため、転職時に画像処理エンジニア検定エキスパートを取得していれば、転職を有利に進められる可能性があります。転職時に一定の効果は得られますが、企業によって採用基準は異なります。そのため、画像処理エンジニア検定エキスパートを取得していれば、必ず内定をもらえると考えるのは控えましょう。