HTML5プロフェッショナル認定試験レベル1受験にオススメの参考書を紹介!

出典元:ゲッティ・イメージズ・セールス・ジャパン合同会社

HTML5プロフェッショナル認定試験レベル1に合格することができれば、その知識を実務に活かすことができたり、キャリアアップに役立てられたりするので、合格するために勉強をスタートさせようと思われている方もいるのではないでしょうか。HTML5プロフェッショナル認定試験レベル1対策に限ったことではありませんが、勉強をするために、参考書や問題集を準備するという方も少なくないでしょう。HTML5プロフェッショナル認定試験レベル1対策に活用できる参考書や問題集はたくさんあるので、選択に迷われる方もたくさんいます。今回はおすすめの参考書と問題集をピックアップしたので、参考書や問題集を選ぶ際にこれらの情報を活用して下さい。

HTML5プロフェッショナル認定試験レベル1の試験の特徴とは?

HTML5プロフェッショナル認定試験レベル1にはいくつか特徴があるので、ここでは特徴をご紹介します。

キーボードによる入力問題が出題される

HTML5プロフェッショナル認定試験レベル1の特徴は、キーボードによる入力問題も出題される点です。基本的には、CBT方式が中心です。CBT方式とは、マウス選択方式のことで、いくつか選択肢が準備されているので、マウスで選択して解答します。CBT方式は、自分で記入する必要がないので、答えやすいですが、キーボード入力方式は設問に対して実際にキーボードで入力して解答する必要があります。解答の選択肢がないので、その分難易度がキーボード入力方式のほうが高くなります。

合格発表は試験当日に実施される!?

そのほかの特徴は、合格発表日が試験当日という点です。HTML5プロフェッショナル認定試験レベル1では試験終了と同時に合否が知らされます。合格しているか長時間待つ必要がないので、魅力を感じる人もいるのではないでしょうか。

認定には有効期限がある!

認定の有効期限があるという点も特徴と言えます。期限は5年間となっているので、定期的に受け直すことで、最新の知識があることを証明できるでしょう。

HTML5プロフェッショナル認定試験レベル1の概要

特徴を把握できたところで、次は簡単にHTML5プロフェッショナル認定試験レベル1の概要についてご説明します。

出題範囲

出題範囲はWEBの基礎知識、CSS、レスポンシブデザインなどです。比較的範囲が広いので、出題範囲に含まれる各分野をまんべんなく学習しておきましょう。

出題数

出題数は、約60問になっています。ちなみにレベル2の出題数は40〜45問です。

HTML5プロフェッショナル認定試験レベル1にオススメの参考書

HTML5プロフェッショナル認定試験レベル1対策ができる参考書はとてもたくさんあります。さっそく、どのような参考書があるのか見ていきましょう。

HTML5プロフェッショナル認定試験 レベル1 対策テキスト&問題集 Ver2.0対応版 (Mynavi Examination Library)

本書は、テキストと問題集が一緒になった参考書です。参考書だけでなく、問題集も含まれるので、1冊で十分にHTML5プロフェッショナル認定試験レベル1対策ができる参考書となっています。本書は、初学者でも理解しやすいように内容が工夫されているので、理解できるか自信がない人にもおすすめの参考書です。また、用語解説や注意点は切り分けて掲載されているので、スムーズな学習を実現してくれるでしょう。

HTML5プロフェッショナル認定試験レベル1攻略テキスト

本書もHTML5プロフェッショナル認定試験レベル1対策におすすめの参考書です。HTML5プロフェッショナル認定試験レベル1対策用教材として有名な参考書で、多くの受験生から選ばれる参考書となっています。本書は模擬問題なども掲載されているので、問題に触れることもできる参考書となっています。

HTML教科書 HTML5 レベル1

本書は構成が工夫されており、学習しやすいように配慮されている参考書です。また、HTML5プロフェッショナル認定試験レベル1で狙われやすい項目が一目でわかるので、効率的に学習が進められる参考書となっています。出題ポイントに基づき、練習問題も掲載されているので、本書だけでHTML5プロフェッショナル認定試験レベル1対策ができるでしょう。

HTML5プロフェッショナル認定資格 レベル1 教科書

本書はHTML5プロフェッショナル認定試験レベル1対策用教材として知られており、多くの人から支持される参考書です。HTML5プロフェッショナル認定試験レベル1で出題される範囲をすべて網羅しており、必要な知識を習得できるでしょう。

HTML5プロフェッショナル認定試験レベル1にオススメの問題集

参考書で知識を身に付けることは重要ですが、参考書だけではHTML5プロフェッショナル認定試験レベル1対策として十分とは言えません。HTML5プロフェッショナル認定試験レベル1に合格するためには、問題に触れておくことも必要でしょう。HTML5プロフェッショナル認定試験レベル1対策ができる問題集は下記です。

HTML教科書 HTML5プロフェッショナル認定試験 レベル1 スピードマスター問題集 Ver2.0対応

本書は、短期間で合格できる力を身に付けられるように工夫された問題集です。良問を積極的に掲載しているので、効率的に学習をすることができます。そのため、すべての受験生におすすめしたい問題集となっています。

資格を取得したら、腕試しをしてみませんか?

HTML5プロフェッショナル認定試験レベル1に合格するためには、HTMLの基礎知識だけでなく、CSSやレスポンシブデザインなど、幅広い知識を習得する必要があります。そのため、簡単に合格できる試験ではありませんが、参考書を使って基礎知識を習得したり、問題集を解いたりすることで合格できる力まで自らを成長させられるでしょう。

もし、HTML5プロフェッショナル認定試験レベル1に合格できたら、腕試しをしたいと思われる方もいるのではないでしょうか。腕試しをする際におすすめのサービスとして、PROsheetLancersTopを挙げることができます。PROsheetLancersTopは案件紹介サイトです。WEB開発案件なども多数紹介されており、応募して採用されれば、腕試しができるでしょう。

まとめ

参考書は知識を身に付ける際のベースとなります。そのため、学習ツールの中でもとても重要と言えるでしょう。ご紹介したように、HTML5プロフェッショナル認定試験レベル1対策ができる参考書はいくつかあり、それぞれの参考書で特徴が異なります。例えば、参考書の中にはわかりやすく説明してくれるものや、問題集も一緒に掲載してくれる参考書もあります。それぞれの参考書で特徴が異なるので、自分に合ったものを選択するようにしましょう。もし、自分に適さない参考書を選択すると、学習効率が低下する可能性があるので慎重に選ぶことをおすすめします。