HTML5プロフェッショナル認定試験レベル1は転職で有利になるのか?

出典元:ゲッティ・イメージズ・セールス・ジャパン合同会社

転職を成功させるために、HTML5プロフェッショナル認定試験レベル1の受験を検討されている方もいますが、転職活動にHTML5プロフェッショナル認定試験レベル1を取得していれば、転職が有利になるのか気になる方も多いでしょう。今回は、HTML5プロフェッショナル認定試験レベル1を取得すれば、転職を有利に進められるのかご説明します。

HTML5プロフェッショナル認定試験レベル1とは?

転職に有利になるのかご説明する前に、転職希望者の中にはHTML5プロフェッショナル認定試験レベル1の概要を詳しく知らない方も少なくないでしょう。HTML5プロフェッショナル認定試験レベル1とは、HTML、CSSなどのWeb開発におけるフロントエンドの知識やスキルを試す試験です。そのため、受験生の多くはHTMLコーダーやWEBシステム開発者など、フロントエンド開発に関わる人が多くなっています。

HTML5プロフェッショナル認定試験レベル1の試験時間は90分で、CBT方式とキーボード入力方式が採用されています。問題数は約60問となっており、合格基準は約70%得点することです。試験日時や会場は自由に選択することができるので、HTML5プロフェッショナル認定試験レベル1は多くの転職希望者が受験できるでしょう。

HTML5プロフェッショナル認定試験レベル1を取得するメリット

転職希望者がHTML5プロフェッショナル認定試験レベル1に合格することで得られるメリットは4つあります。

アプリ開発ができるようになる

HTML5プロフェッショナル認定試験レベル1に合格することで、アプリ開発ができるようになります。Webアプリケーション開発にはHTMLやCSS、JavaScriptなどの知識が必要です。HTML5プロフェッショナル認定試験レベル1に合格するためには、これらの知識が必要なので、もし、合格することができたら、Webアプリケーション開発ができるようになれます。

Webアプリケーション開発だけでなく、HTML5プロフェッショナル認定試験レベル1に合格すれば、スマホアプリ開発もできるようになるでしょう。ツールを使えば、スマホアプリをHTMLやJavaScriptなどで開発できます。例えば、Unityというゲームエンジンを使えば、JavaScriptでスマホアプリ開発ができます。

このように、HTML5プロフェッショナル認定試験レベル1に合格すれば、Webアプリケーションやスマホアプリ開発ができるようになるので、メリットと感じる方もたくさんいるのではないでしょうか。

キャリアアップにつなげられる

転職希望者の中には、キャリアアップのために、転職をしたいと考えている人もいますが、もちろん、HTML5プロフェッショナル認定試験レベル1に合格すれば、キャリアアップにつなげられます。資格を取得することで、人事からの評価アップを狙えます。また、資格があることで、転職先の幅を広げられるので、給与が高い企業へ転職できる可能性もあるでしょう。

仕事の幅を広げられる

仕事の幅が広がるという点もメリットです。実際に、サーバーの構築や保守など、バックエンドに携わっている人が、お仕事に幅を広げるために、HTML5プロフェッショナル認定試験レベル1に合格した方もいます。合格することで、バックエンドだけでなくフロントエンド開発にも携われるようになるので、WEB開発の中で担当できる分野を増やすことができます。

WEB業界の扉を開けられる

サービス業など、まったく関係のないところから、WEB業界へ転職しようと思われている方もいるでしょう。WEB業界では人手不足に陥っている企業も多いですが、何も知識がない人を採用する会社は少ないです。HTML5プロフェッショナル認定試験レベル1に合格することで、WEBに関する一定の知識があることを証明できるので、WEB業界へ転職できるチャンスを得られるでしょう。

気になる転職時における評価は?

HTML5プロフェッショナル認定試験レベル1に合格すれば、企業から一定の評価を得られるので、転職活動を有利に進められる可能性があります。WEB業界で活躍する企業の中には、ある程度WEBに関する知識がある転職希望者を採用したいと考えているところが多いです。その理由は雇用した後すぐに現場の最前線で活躍してくれる可能性が高いからです。知識のある転職希望者は、早い段階で会社の戦力になれるので、会社にとってもそのような転職希望者を採用することにメリットがあります。

HTML5プロフェッショナル認定試験レベル1は転職を有利に進められる可能性がありますが、過度な期待は控えるようにしましょう。HTML5プロフェッショナル認定試験レベル1に合格することで、必ず転職が成功すると断言することはできません。転職希望者の面接を行う企業では、転職希望者が持っている資格だけでなく、学歴や人間性などあらゆる面で採用・不採用を決めます。そのため、HTML5プロフェッショナル認定試験レベル1に合格したら、あらゆる企業から内定を頂けるということはありませんので注意が必要です。

転職時に活かしたいなら、レベル2にも挑戦しよう

HTML5プロフェッショナル認定試験レベル1に合格することで、資格がない人よりも転職活動を有利に進められます。しかし、HTML5プロフェッショナル認定試験レベル1以上の効果を転職活動時に得たいと考えている方もいるでしょう。転職時、さらに有利に進めたいという方は、レベル2の取得を検討して下さい。

レベル2はHTML5プロフェッショナル認定試験レベル1よりも難易度が高くなっています。難易度が高いと合格できる人も減るので、資格の価値が高まります。そのため、HTML5プロフェッショナル認定試験レベル1よりもレベル2を取得している方のほうが転職を有利に進められるでしょう。

資格を取得したらフリーランスとして活躍するのも一つの手!

転職ではなく、HTML5プロフェッショナル認定試験レベル1に合格したら、フリーランスへの転身を検討している方もいるのではないでしょうか。フリーランスとは、個人事業主のことで、企業と雇用契約を結ぶのではなく、業務委託契約を結んだりしてお仕事をする方たちのことです。フリーランスに転身すれば、仕事を自由に選べる、働く場所を自分で決められるなどのメリットがあります。

フリーランスにはメリットがありますが、仕事を自分で探さなければならないというデメリットもあります。転身を検討されている人の中には、どのようにお仕事を探せばいいのかわからない方もいるのではないでしょうか。フリーランスの人がお仕事を探すサービスとして、PROsheetLancersTopを挙げることができます。PROsheetLancersTopは案件紹介サイトで、多数の案件を紹介してくれるので、利用すればお仕事を効率的に探すことができます。そのため、フリーランスへ転身を検討されている人は、PROsheetLancersTopの利用をおすすめします。

まとめ

HTML5プロフェッショナル認定試験レベル1に合格すれば、転職を有利に進められる可能性があります。そのため、WEB業界への転職を希望されている人は、HTML5プロフェッショナル認定試験レベル1取得をおすすめします。