マーケターになりたい人にオススメ!マーケティング・ビジネス実務検定C級の難易度は?

出典元:ゲッティ・イメージズ・セールス・ジャパン合同会社

マーケティング・ビジネス実務検定C級はマーケターになりたい人が取得しておきたい資格です。そのため、マーケターを目指す人の中には、合格するために、勉強をスタートさせようか迷われている方もいるのではないでしょうか。迷っている人の中には、自分で合格できるのか難易度を知っておきたい人もいるはずです。そこで、今回はマーケティング・ビジネス実務検定C級の難易度をご紹介します。

マーケティング・ビジネス実務検定とは?

マーケティング・ビジネス実務検定とは、国際実務マーケティング協会が実施する試験で、階級のレベルに合わせて、マーケティングの知識を問う試験です。マーケティング・ビジネス実務検定の階級にはA級、B級、C級があり、A級に進むに連れて、難易度が上昇していきます。

マーケティング・ビジネス実務検定には受験者に特徴があります。半数以上の受験者は、20代から30代の人です。そのため、50代や60代の人で受験する人は少なくなっています。

そのほかの特徴としては、試験科目がマーケティング知識とマーケティング事例にわかれて実施されることです。そのため、合格するためには、それぞれの科目に合わせて対策することが求められます。

マーケティング・ビジネス実務検定はさまざまな場面で役立てられる資格です。例えば、就職や転職活動をする時などです。実際に企業の中にはマーケティング・ビジネス実務検定取得に対して一定の評価を与えるところもあるので、取得すれば、就職・転職活動がしやすいというメリットがあります。

マーケティング・ビジネス実務検定C級の概要

マーケティング・ビジネス実務検定について解説しましたが、次はマーケティング・ビジネス実務検定C級に焦点を絞って、概要についてご説明します。

試験内容

マーケティング・ビジネス実務検定C級では、マーケティングの基礎が問われます。

受験者数

国際実務マーケティング協会は受験者数を公表していないので、具体的な数字を記載することはできません。

受験料

マーケティング・ビジネス実務検定C級の受験料は5,980円(税込)です。

試験時間

マーケティング・ビジネス実務検定C級のマーケティング知識の試験時間は1時間30分、マーケティング事例の試験時間は45分です。

出題数

マーケティング知識の出題数は35題、マーケティング事例では22題となっています。

合格基準

合格基準は80%以上得点することです。

試験日&合格発表日

試験日はその年度で変動する可能性があります。国際実務マーケティング協会のホームページにある「今後の試験日程 」をご確認下さい。また、合格発表は受験をしてから後日郵送で通知されます。

マーケティング・ビジネス実務検定C級の難易度は?

実際に合格するためには80%正解しなければならないので、難易度が高そうだと思われる方もいますが、しっかりと勉強していれば、8割以上得点することは難しくありません。つまり、マーケティング・ビジネス実務検定C級の難易度は高くないと言えます。ここでは、難易度が高くない理由をいくつかピックアップしていきます。

C級は試験の中でもっとも難易度が低い

マーケティング・ビジネス実務検定C級はA級やB級に比べて基礎知識を問う問題が中心です。階級の中でもっとも難易度が低いので、難易度が高いとは言えません。

マーケティング・ビジネス実務検定C級の対象者は初心者や学生

マーケティング・ビジネス実務検定C級の対象者は初心者や学生です。マーケティングに関してあまり知識がない人が受験する階級なので、難易度は低くなっています。

勉強時間の目安からも難易度が低いことがわかる

マーケティング・ビジネス実務検定C級合格に必要な勉強時間の目安は、約60時間程度です。ほかの資格試験と比較して、60時間という勉強時間は多いとは言えません。そのため、勉強時間の目安からも難易度が高くないことが理解できるでしょう。

マーケティング・ビジネス実務検定C級はこんな人にオススメ!

難易度はそれほど高くないので、下記のような人は取得をおすすめします。

マーケティングに興味がある方

高難易度ではありませんので、合格に多くの学習時間を割く必要はないため、マーケティングに興味がある人すべての人におすすめしたい資格です。難易度は低いですが、合格することでしっかりと知識は身につきますので、取得しておいて損はありません。

市場調査のお仕事に携わりたい方

市場調査のお仕事に携わりたい方は、難易度が低く取得に時間はかかりませんので、マーケティング・ビジネス実務検定C級を取得してみてはいかがでしょうか。試験自体の難易度は高くありませんが、取得するために学習した知識は市場調査や分析のお仕事をする際に活用できます。

資格を取得して転職活動に活かしたい方

転職活動をしたい人は難易度が低いので取得をおすすめします。資格がない人と、資格がある転職希望者では、後者が転職に有利と考えるのが一般的です。難易度が低い分、取得の手間が少ないので、転職活動の武器として活用したい人は、難易度の低いマーケティング・ビジネス実務検定C級取得を目指しましょう。

資格を取得したら、腕試しをしてみませんか?

難易度が低いマーケティング・ビジネス実務検定C級ですが、せっかく取得できたら、腕試しをしたいと思われる方もいるのではないでしょうか。転職をして会社の中で腕試しもできますが、PROsheetLancersTopを利用して案件を受注し、腕試しをされる方も少なくありません。

PROsheetLancersTopは案件紹介サイトになります。サイト内で紹介されている案件の中には、マーケティング・ビジネス実務検定C級取得に必要な知識を役立てられるものもあり、受注して腕試しができます。案件をこなすことで報酬も得られるので、フリーランスマーケターとして活動することも可能です。もし、腕試しやフリーランスに転身したいなら、PROsheetLancersTopの利用をおすすめします。

まとめ

マーケティング・ビジネス実務検定C級は階級がもっとも低いので、難易度は高くありません。また、勉強時間の目安からも難易度が低いことを理解できるでしょう。難易度が低いマーケティング・ビジネス実務検定C級ですが、もちろん合格するためには勉強をすることが求められます。しっかりと対策をして、難易度が低いので一発合格を目指して下さい。