転職時におけるJavaプログラミング能力認定試験 1級の評価は?

出典元:ゲッティ・イメージズ・セールス・ジャパン合同会社

IT業界に転職をしたいと考えている方の中には、資格取得をしようと思っている方も多いのではないでしょうか。転職を成功させるためには大切な方法なので、多くの方が資格取得を目指しています。しかし、資格を取得すると言って種類は様々です。今回は、その中でもJava開発に携わりたい方のために、Javaプログラミング能力認定試験1級について説明するので、興味がある方は一度目を通してみてください。

Javaプログラミング能力認定試験 1級とは?

Javaプログラミング能力認定試験1級はサーティファイという民間の企業が主催している資格試験のことを言います。Javaプログラミング能力認定試験1級は日本だけで行われている資格試験となっており、Javaの基本的なことが学べるJavaプログラミング能力認定試験3級から、簡単なプログラムが組めるようになるJavaプログラミング能力認定試験2級、そして実務的な知識を身につけることができるJavaプログラミング能力認定試験1級までの難易度があります。試験内容は3級と2級が筆記試験で1級が実技試験です。Javaプログラミング能力認定試験1級からは試験の内容が変わるので、合格するためにはしっかりと対策をしなければなりません。

Javaプログラミング能力認定試験 1級の難易度

Javaプログラミング能力認定試験は、受験資格というものがなく、誰でも挑戦することができます。そのため、それほど難易度が高い試験というわけではなく、1級ではプログラムを組む能力があれば合格できると言われています。しかし、これまでに経験したことがない人にとっては難しい内容となり、100時間程度の勉強は必要です。人の能力によって異なりますが、既に2級までを合格している方や、実務経験がある方ならそれほど難易度が高いと感じることはありません。特に転職を希望している方で、Javaのスキルがある方は、事前にJavaプログラミング能力認定試験1級を取得した方が、転職に有利となるのでおすすめです。

Javaプログラミング能力認定試験 1級を取得するメリット

Javaプログラミング能力認定試験1級にチャレンジする前には、取得することでどんなメリットがあるのか知りたい方が多いでしょう。ここでは具体的なメリットについて紹介するので、Javaプログラミング能力認定試験1級にチャレンジしようと思っている方はチェックしてください。

Javaの高いスキルを持っている人と証明される

Javaプログラミング能力認定試験の中でも3級や2級を取得している方は、スキルがあると証明されますが、高いスキルがあると証明されることはほとんどありません。しかし、Javaプログラミング能力認定試験1級を取得すれば、実務にも対応できるスキルがあると証明されるので、就職や転職の際には有利となる可能性が高いでしょう。スキルアップができるので、3級や2級に比べて魅力的でしょう。

収入をアップさせられる

資格は転職を成功させるために取得するという方も多いですが、それだけではなく、収入をアップさせるために取得するという方も少なくありません。実際に企業によって異なりますが、中にはJavaプログラミング能力認定試験1級を取得すれば数千円以上の手当てが付くというところもあります。少しでも給料をアップさせるために資格は必要不可欠なので、転職だけではなく給料アップを目指したいという方も取得を検討してみてはいかがでしょうか。

気になる転職時における評価は?

資格取得は転職に有利と言われていますが、Javaプログラミング能力認定試験1級も取得することで転職に有利なのでしょうか。結論から言うと3~2級を取得するよりは転職時で評価してもらえる可能性は高いでしょう。やはりJavaプログラミング能力認定試験の中でも1級は最上級となるので、転職には有利です。

転職を成功させるポイントとは?

資格を取得したら、実際に転職活動を始めるという方は多いと思いますが、転職を成功させるためには、資格外にも知っておかなければならないポイントがいくつかあります。ここではJavaプログラミング能力認定試験1級を取得したら知っておきたい転職を成功させるポイントについて紹介します。

転職先を適当に選ばない!じっくりと決めよう

転職先を探している方の中には、「早く決めなきゃ。」と思っている方も多く、確かに退職を既にしてしまっている方は早く決めなければなりませんが、スピード重視となってしまうと「こんなはずじゃなかった」とか「企業のイメージが違う」などせっかく転職が成功しても後悔してしまうことがあります。そうならないためにも、Javaプログラミング能力認定試験1級を取得したら、資格が活かせるかどうかもチェックしながらじっくりと本当に行きたい企業を選ぶようにしましょう。

中途採用は意外と基本的なスキルを見られている?

転職を成功させるためには、資格の取得などがとても大切となりますが、それ以上に見られている部分があります。それが転職の際に提出する応募書類の書き方、面接での発言や姿勢などです。これらの基本的なことができていないと、Javaプログラミング能力認定試験1級という素晴らしい資格を持っていても転職は成功できません。転職を成功させたい人は基本的なスキルも磨くようにしましょう。

資格を取得したらフリーランスとして活躍するのも一つの手!

Javaプログラミング能力認定試験1級など資格を取得する人たちは、転職についてしか考えていない方も多いですが、最近では転職をせずにフリーランスとして活動する方も増えています。なぜ、転職ではなくフリーランスが増えているのかというと、仕事の獲得が一昔前よりもしやすくなっているからです。

例えばPROsheetLancersTopというサービスですが、これらはフリーランスのために案件を紹介しています。フリーランスは応募して採用されれば仕事を開始できます。以前よりもフリーランスとして生活しやすい環境が整っているので、転職をやめてフリーランスとして活動していく人たちが増えています。Javaプログラミング能力認定試験1級を取得した人の中で、自分で生活をしていきたいと思っている方はPROsheetLancersTopを利用してフリーランスとして活動してみてはいかがでしょうか。

まとめ

今回はJavaプログラミング能力認定試験1級が転職に役立つのかについて紹介しましたが、高難度の資格となるので、取得することで転職には有利となります。しかし、最近ではフリーランスとして活動するという方法もあるので、興味がある方はフリーランスとして生きることも考えてみてはいかがでしょうか。