プログラマーにオススメ!Javaプログラミング能力認定試験2級の難易度は?

出典元:アドビシステムズ株式会社

IT資格の種類は世の中にたくさんありますが、その中でも日本で徐々に受験者数が増えているのがJavaプログラミング能力認定試験です。難易度は1級、2級、3級の3つですが、その中でもJavaプログラミング能力認定試験2級にチャレンジしようと思っている方のために、概要や難易度について紹介します。

Javaプログラミング能力認定試験とは?

Javaプログラミング能力認定試験とは、サーティファイが運営している民間の資格です。取得することで仕事に活かすことができたり、就職や転職に活かせれたり、面接で輝くことができたりと様々なメリットがあります。

Javaプログラミング能力認定試験には1級、2級、3級の3つの難易度が存在しています。3級が一番易しい難易度となっていますが、3級よりは2級、1級の方が、難易度が高いので就活や面接時に更に有利となります。

Javaプログラミング能力認定試験には受験資格等ありませんので、誰でも挑戦することができます。Javaに関する知識を身につけたい人はチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

Javaプログラミング能力認定試験2級の概要

Javaプログラミング能力認定試験2級とはどんな内容なのか、概要について説明するので、詳しい内容を知りたい人はチェックしてください。

試験内容

Javaプログラミング能力認定試験は難易度別で出題される内容も異なります。Javaプログラミング能力認定試験2級では、筆記試験のみとなっており、実技試験は存在しません。そのため、Javaプログラミング能力認定試験2級の難易度に合格するためには、筆記試験の対策を中心に行ってください。

受験者数

Javaプログラミング能力認定試験2級は比較的新しい資格となっていますが、累計で4万人以上が既に受験しています。試験には、学生から実務経験者まで幅広い人たちが挑んでいます。

受験料

難易度別で受験料が異なります。2級に関しては6,200円の受験料が必要です。

試験時間

時間に関しても難易度別で異なりますが、Javaプログラミング能力認定試験2級は筆記試験のみとなっており、制限時間は90分です。

出題数

2級の難易度からはテーマ別大問7問です。

合格基準

Javaプログラミング能力認定試験2級の難易度に合格するためには、得点率が60%以上にならなければなりません。これは全級共通となっています。

試験日&合格発表日

Javaプログラミング能力認定試験2級では試験日程が決められています。毎年9月中旬、1月中旬ごろに行われます。

合格発表は9月中旬に受験した人は10月上旬までに、1月中旬に受験した人は3月上旬までに結果が発表されます。

Javaプログラミング能力認定試験2級の難易度は?

Javaプログラミング能力認定試験2級の受検を検討している方は、難易度について気になっている方も多いでしょう。難易度は人それぞれ異なりますが、初心者なら50時間から100時間程度の勉強は必要となるので、高く感じるかもしれません。経験者でも50時間以上は必要とされているので、勉強時間を見ても簡単な試験ではないことが分かります。

Javaプログラミング能力認定試験2級の難易度の合格率は約65%となっています。難易度は比較的高めですが、半数以上の人が合格しているので、対策方法さえわかれば合格することができます。

Javaプログラミング能力認定試験2級はこんな人にオススメ!

Javaプログラミング能力認定試験2級の難易度はどんな方にオススメなのでしょうか。2級の難易度の取得について迷っているという方のために、取得すべきかどうかについて紹介していきたいと思います。

Javaのプログラミングを扱う職場に就職や転職をする方

Javaの開発を行う現場でJavaについての知識がないと仕事を効率よく行うことはできません。就職や転職活動でも知識がないと不利になるため、こういった場合はJavaプログラミング能力認定試験2級以上の難易度の資格は取得してきたいところです。Java言語を扱う職場で働くという方は取得を検討してください。

スキルアップを目指したい方

資格試験は、今現在自分がどのくらいJava言語について理解しているのかを知るためにとても有効的な方法です。自分の力がどのくらいあるか知りたい方や、もっとレベルアップを目指したいという方は、Javaプログラミング能力認定試験に挑戦してみてはいかがでしょうか。

資格を取得したら、腕試しをしてみませんか?

Javaプログラミング能力認定試験2級は比較的難易度が高い内容が含まれた資格試験となっていますが、無事に資格を取ることができたら実際にJava開発に携わりたいと思っている方が多いでしょう。既に勤めている方は必要ありませんが、学生やフリーランスとして活動している方は、案件を見つけなければなりません。案件はそうそう簡単には見つけられませんが、PROsheetLancersTopというサービスを利用すれば案件を見つける難易度はそれほど高くありません。応募などもパソコンから全て行えますし、作業も自宅でできる案件などもあるため、多くのフリーランスが利用しています。

まとめ

今回はJavaプログラミング能力認定試験2級の内容や、難易度の高さについて紹介しましたが、合格率も65%ほどなので、とても難易度が高い試験ではありません。初心者でもある程度の勉強時間は必要ですが、しっかりと対策をすれば合格できない難易度の資格ではありません。これからJavaに携わる人は、特に必要な知識となるので、挑戦してみてはいかがでしょうか。