徹底攻略!Javaプログラミング能力認定試験 2級の勉強方法をご紹介

出典元:アドビシステムズ株式会社

現在、プログラミング言語は数多く存在していますが、その中でも昔から全世界で使われている言語がJavaです。様々な開発に使用されるプログラミング言語となっているので、スキルを身につけたいと思っている方も多いのではないでしょうか。スキルを身につける方法は色々ありますが、その中でも資格取得を検討している方は多いでしょう。今回はその中でもJavaプログラミング能力認定試験2級に合格するための勉強方法について紹介するので、資格を取得したい人は参考にしてください。

Javaプログラミング能力認定試験 2級とは?

Javaプログラミング能力認定試験には、1級、2級、3級までの難易度があり、その中でも中級クラスに分けられているのがJavaプログラミング能力認定試験2級です。3級は基礎的な内容について問われることが多いですが、2級からは基礎内容と実践的な内容について問われます。勉強方法が分からないと合格することは難しい試験なので、事前にどんな勉強をすればいいのかチェックしておく必要があります。ここでは具体的に試験の内容から合格率、難易度までをご紹介します。

試験の概要

Javaプログラミング能力認定試験2級は、サーティファイ情報処理能力認定委員会という企業が実施している民間の資格試験です。Javaに関するプログラミング作成能力を問う試験となっており、様々な場面で使えるプログラム言語なので、学生からプログラマーまで様々な人たちが受験しています。

Javaプログラミング能力認定試験2級の試験内容は、筆記試験のみとなっており、制限時間は90分です。3級と2級は筆記試験のみとなっているので、合格するためにはJavaプログラミングに必要なプログラミングの基本的な知識と実践的な知識を身につける必要があります。

Javaプログラミング能力認定試験2級は受験資格というものが存在していません。そのため、挑戦したい人はどなたでも受験することが可能です。スキルアップをしたいと少しでも思っている方は受験の申し込みを検討してみてはいかがでしょうか。

合格率

Javaプログラミング能力認定試験2級の勉強を始めようとしている方の中には、どのくらいの合格率なのか気になっている方もいるでしょう。合格率は毎年同じというわけではありませんが、大体65%前後の合格率となっています。受験者の半分以上は合格できている試験となっているので、勉強をしている方ならそれほど難しいと感じることはないでしょう。

難易度

Javaプログラミング能力認定試験2級の合格率は比較的高めでしたが、約40%の人たちは不合格という結果になっています。高難度の試験ではありませんが、合格するためにはポイントを押さえた勉強方法が必要となります。確実に合格したい人は、事前に勉強方法を調べてから挑戦するようにしましょう。

Javaプログラミング能力認定試験2級合格にむけた勉強方法の紹介

ここまでJavaプログラミング能力認定試験2級とはどんな資格試験なのかについて紹介しましたが、これから挑戦するにあたって勉強方法を知りたいと思っている方も多いのではないでしょうか。勉強方法は色々ありますが、その中でもおすすめの勉強について紹介するので、何から始めたらいいか分からないという方は参考にしてください。

基礎から学びたい方は参考書を活用しよう!

Javaプログラミング能力認定試験2級に挑戦するにあたってJavaの基礎から勉強したい人は参考書の利用をおすすめします。参考書があればしっかりと解説をしてくれるので、独学でも勉強が可能です。特にJavaプログラミング能力認定試験2級から挑戦する方の中で何から勉強を始めたらいいか分からない方は参考書の活用を検討してみてください。

Javaプログラミング能力認定試験2級の対策は問題集で!

Javaプログラミング能力認定試験2級についての内容は、参考書をチェックすれば大体わかります。しかし、それだけの勉強では不十分と言えます。特に初めて試験に挑戦する方なら、どんな内容の問題が出題されるのか、どんな形式で出題されるのかなどが分からないと思います。少しでも慣れるためには、問題集を使った勉強をおすすめします。問題集があれば、Javaプログラミング能力認定試験2級の内容に似内容が多く含まれているので、本番の対策がしっかりとできます。

Javaプログラミング能力認定試験2級合格までの勉強時間の目安

Javaプログラミング能力認定試験2級に合格するまでには、どのくらい勉強をすればいいのか悩んでいる方もいるのではないでしょうか。勉強時間の目安は人それぞれの能力によっても異なりますが、自信がない方は40時間~50時間の勉強はした方がいいでしょう。既に3級を持っており、Javaに関する知識があるという方は、30時間ほどの勉強で合格することが可能でしょう。しかしあくまでも目安なので、自信がないという方は自信がつくまで勉強をしましょう。

Javaプログラミング能力認定試験2級おすすめ参考書&問題集

Javaプログラミング能力認定試験2級の勉強を始めるにあたって、参考書や問題集が必須と言いましたが、販売されているものは様々なので、その中でも勉強におすすめの参考書と問題集を紹介します。

やさしいJava 第3版

参考書の中でも最も丁寧に解説をしてくれるのが「やさしいJava 第3版」です。入門書の定番としてロングセラーを続けている参考書です。特に基礎から勉強を始めたい人にはおすすめなので、チェックしてみてください。

Java™プログラミング能力認定試験 2級過去問題集

Javaプログラミング能力認定試験2級に合格するためには問題集が必須です。サーティファイでは公式の過去問題集を出しています。その中でも2級を選ぶことで本番の対策ができるでしょう。価格も1,700円ほどとなっており、それほど高くはないので、合格を目指している方は目を通してみてはいかがでしょうか。

資格を取得したら、腕試しをしてみませんか?

Javaプログラミング能力認定試験2級に合格することができたら、実際に腕試しをしたいと思っている方は多いのではないでしょうか。確かに資格も大切ですが、更なるスキルアップを目指すためには実務経験をする必要があります。PROsheetLancersTopでは、Javaを使った開発案件が多く掲載されています。採用されれば案件に携わることができ、腕試しをすることが可能です。興味がある方は覗いてみてください。

まとめ

今回はJavaプログラミング能力認定試験2級の勉強方法を中心に紹介しましたが、それほど高難易度な試験ではないので、勉強方法が分かれば誰でも合格できます。Javaはこれからも使われるプログラミング言語なので、興味がある方は資格取得のためにJavaプログラミング能力認定試験2級に挑戦してみてはいかがでしょうか。