転職時におけるC言語プログラミング能力認定試験2級の評価は?

出典元:ゲッティ・イメージズ・セールス・ジャパン合同会社

転職をするために、C言語プログラミング能力認定試験2級の勉強をはじめようと思われている方もいるでしょう。しかし、転職時にC言語プログラミング能力認定試験2級はどのように評価されるのか気になる方もいるのではないでしょうか。

基本的に資格を取得するためには、労力がかかります。そのため、せっかく資格を取得するなら、転職時に高い評価を得られる資格を取りたいと思う人が普通です。そこで今回は、C言語プログラミング能力認定試験2級は転職時にどのぐらいの評価を得られるのかご紹介するので、転職時の評価が気になる人はチェックして下さい。

C言語プログラミング能力認定試験2級とは?

C言語プログラミング能力認定試験2級とは、500行程度の小規模プログラムをC言語で書けるかどうか、基本アルゴリズムの理解があるかどうかを試す試験です。試験内容は筆記試験で、出題形式はマークシート形式になります。題数はテーマ別大問8問です。受験料は税込6,200円となっています。

C言語プログラミング能力認定試験2級の難易度

C言語プログラミング能力認定試験2級の難易度は高くないと言えそうです。C言語プログラミング能力認定試験全体の平成28年度の合格率は67.9%となっています。7割近くの合格率となっているので、ほかの資格と比べて取得難易度は低いと言えそうです。

また、C言語プログラミング能力認定試験2級は1級のように実技試験がありません。筆記試験対策のみ行えばいいので、その点からも難易度は高くないでしょう。

C言語プログラミング能力認定試験2級を取得するメリット

転職時の評価を知る前に、まずC言語プログラミング能力認定試験2級取得にはどのようなメリットがあるのかご説明します。

就職・転職活動の際の履歴書に資格を書ける

就職や転職をする時、履歴書を書きます。履歴書には資格欄などがありますが、もちろんC言語プログラミング能力認定試験2級を取得すれば資格欄に書けるのでメリットを感じられる人もいるでしょう。

フリーランスならC言語開発案件を受注しやすくなる

就職や転職ではなく、フリーランスへの転身を検討している人もいますが、もしフリーランスがC言語プログラミング能力認定試験2級を取得したら、案件を受注しやすくなるでしょう。

就職や転職活動をする時と同様に、フリーランスも案件を受注する際にはクライアントから自分を選んでもらう必要があります。1つの案件に複数のフリーランスが応募するケースもあるので、自分を選んでもらうためにはアピール材料が必要です。もし、フリーランスがC言語プログラミング能力認定試験2級を取得すれば、その資格をアピール材料として活用できるので、案件を受注しやすくなるというメリットがあります。

最大のメリットはC言語の知識を身につけられる

C言語プログラミング能力認定試験2級取得最大のメリットは、C言語の知識を身に付けることができることです。C言語プログラミング能力認定試験2級に合格するためには、C言語に関する一定の理解が必要になります。そのため、合格を目指せば知識を習得できます。

気になる転職時における評価は?

では、C言語プログラミング能力認定試験2級を取得すれば、転職時にどのような評価を得ることができるのでしょうか。

C言語の知識があることが証明されるので転職時に評価を得られる

C言語プログラミング能力認定試験2級に合格するためには、C言語で小規模プログラムを書けるぐらいの知識が必要であり、C言語の知識を持っていることが証明されます。そのため、転職時に一定の評価を得られるでしょう。知識がある人を採用することで、企業側は新人社員教育にかかる手間、費用を削減できます。また、短期間で会社の戦力になるので、企業側にも知識のある転職希望者を採用することにメリットがあります。企業側にメリットがあるので、C言語プログラミング能力認定試験2級取得していれば、転職時に高い評価を得られるでしょう。

取得できたという努力に対して評価する企業もある

C言語プログラミング能力認定試験2級を取得できたという点に一定の評価を転職希望者に与える企業もあります。C言語プログラミング能力認定試験2級の難易度は低いですが、合格するためには勉強時間を確保して試験対策をする必要があります。つまり、努力をしなければ合格はできません。努力は誰にでもできることではなく、努力ができる人に信頼感を感じる企業もあるので、転職時には、資格を取得できたという努力に対して評価を得られる可能性があります。

転職時にさらに高い評価を得たいなら1級も受験しよう

C言語プログラミング能力認定試験2級に合格することで、転職時に一定の評価を得ることもできますが、さらに高い評価を得たいという方もいるのではないでしょうか。転職時にさらに高い評価を得たい人は1級の受験をおすすめします。C言語プログラミング能力認定試験の中でも1級は難易度が一番高くなっており、合格できる人が少ない分、C言語プログラミング能力認定試験2級よりも転職時に高い評価を与える企業も多いです。そのため、転職時に高い評価を得たい人は1級の受験を検討しましょう。

資格を取得したらフリーランスとして活躍するのも一つの手!

転職ではなく、C言語プログラミング能力認定試験2級に合格したら、まずは腕試しをしたいと思われる方もいるのではないでしょうか。C言語プログラミング能力認定試験2級取得者で腕試しをしたい人は、PROsheetLancersTopの受験をおすすめします。

PROsheetLancersTopにはシステム開発案件を多数紹介しており、受注すれば腕試しができます。もしC言語プログラミング能力認定試験2級を取得されたなら、転職ではなくまずはPROsheetLancersTopの利用を検討してみてはいかがでしょうか。

まとめ

C言語プログラミング能力認定試験2級の転職時の評価は比較的高いと言えます。そのため、転職希望者がC言語プログラミング能力認定試験2級を取得すれば、転職時に十分に活用できるでしょう。しかし、転職時にさらに高い評価を得たい人は1級の受験をおすすめします。