使える資格!word文書処理技能認定試験 3級の難易度は?

出典元:アドビシステムズ株式会社

近年ではデスクワークを行う企業が増えていますが、その中でも使用されているオフィスツールがWordです。書類の作成や文書の処理を行う際に必要とされるツールですが、デスクワークを行う企業ではこれらのスキルが必ずと言っていいほど必要です。スキルを身につけようと思っている方も多いと思いますが、効率よく知識を身につけるためには資格取得がおすすめです。Wordの資格試験は種類がいくつかありますが、最近受験者数が増えているのがword文書処理技能認定試験です。その中でもこれから3級を受験しようと思っている方のために、今回はword文書処理技能認定試験3級の難易度はどのくらい高いのか、試験の概要についても説明していきたいと思います。

word文書処理技能認定試験とは?

word文書処理技能認定試験とは、サーティファイソフトウェア活用能力認定委員会が開催している民間の資格試験です。word文書処理技能認定試験は3つの難易度に分かれており、1級、2級、3級があります。3級が一番易しい難易度となっており、基礎的な知識を理解していれば合格できる可能性の高い難易度の試験となっています。1級は応用の知識も必要となるため、基礎だけでは合格することはできない難易度の高い試験となっています。

word文書処理技能認定試験はそれぞれの難易度によって身につくスキルが異なりますが、3級に合格すればWordの基本的な操作はできるように成長するでしょう。1級の難易度に無事合格できれば、就職や転職をしたとしても即戦力として活躍できるでしょう。業務に役立つ資格となっているので、人気を集めています。

word文書処理技能認定試験3級の概要

word文書処理技能認定試験についてもっと詳しく知りたい方のために、ここでは3級の難易度の概要について詳しく説明していきたいと思います。

試験内容

word文書処理技能認定試験1級や2級の難易度とは異なり、3級は実技試験のみ内容となっています。知識試験はないので、実技試験の対策だけを中心に行えば3級の難易度には合格できるでしょう。具体的な試験内容は下記の通りです。

1 作業環境
2 環境の設定と変更
3 書式の設定と変更
4 ファイル
5 文書編集
6 罫線と表
7 オブジェクト

受験者数

word文書処理技能認定試験は難易度関係なく累計で436,939人の方たちが受験しています。

受験料

word文書処理技能認定試験の受験料は難易度によって異なり、3級では5,700円必要です。

試験時間

word文書処理技能認定試験3級の難易度は実技のみとなっており、コンピュータによ表示される仕様に基づいてドキュメントを60分以内に作成します。

出題数

大問形式で5問出題されます。

合格基準

word文書処理技能認定試験3級の難易度に合格するためには、実技試験の得点において70%以上の得点率を獲得する必要があります。

試験日

word文書処理技能認定試験3級の難易度は、全国一斉試験と随時試験の2つに分かれています。試験日程は各会場によって変更されることもあるので、受験を検討している方は公式サイトに問い合わせてみてください。

合格発表日

全国一斉試験では、試験終了後に結果を教えてくれます。随時試験では、試験終了1か月後に発表されます。

word文書処理技能認定試験3級の難易度は?

word文書処理技能認定試験3級は、どのくらい難易度が高いのか気になっている方も多いでしょう。word文書処理技能認定試験3級は、1級や2級の難易度に比べて実技試験のみとなっていますし、出題範囲も比較的狭く、基礎的な内容が多く出題されるので、初心者でも合格できる可能性のある難易度となっています。特別難しい試験ではないので、ある程度知識がある方ならすぐに合格することができるでしょう。

word文書処理技能認定試験3級はこんな人におススメ!

word文書処理技能認定試験3級はどんな人におすすめの試験なのか、受験を検討している方は気になっている方も多いでしょう。具体的にどんな人向けの試験なのかについて紹介します。

Wordの知識を身につけたい方

Wordの知識を身につけたい人は、word文書処理技能認定試験3級の難易度から取得を検討してみてはいかがでしょうか。基礎的なことから学べるので、効率よくWordのことを知ることができます。

スキルを客観的に証明してもらいたい場合

例えば就職や転職の際にWordの知識があっても、実際に資格を取得していないと証明することができません。しかし、word文書処理技能認定試験3級の難易度に合格していれば、基礎は理解していると証明することができます。スキルを証明したい人はword文書処理技能認定試験3級の難易度に挑戦してみてはいかがでしょうか。

資格を取得したら、腕試しをしてみませんか?

word文書処理技能認定試験3級の難易度に挑戦して資格を取得することができたら、実際に実務経験をしたいと思っている方は多いのではないでしょうか。中には就職しなければ実務経験ができないと思っている方もいますが、最近ではフリーランス向けに案件を紹介しているサービスも増えているため、学生でも実務経験ができます。案件を紹介するサービスの中でも、PROsheetとLancersTopは特におすすめです。その中でもPROsheetは、初心者向けの案件も多いため、word文書処理技能認定試験3級の難易度に合格したい人はおすすめです。スキルアップを目指すためには、実際に業務に携わることも大切なので、word文書処理技能認定試験3級の難易度に無事合格することができたらPROsheetLancersTopを利用して腕試しをしてみてください。

まとめ

word文書処理技能認定試験3級は、初心者でも合格できるレベルの難易度です。30時間ほど勉強をすれば合格できる方も多いので、word文書処理技能認定試験3級の難易度を取得したい人は、一度挑戦してみてはいかがでしょうか。