初心者がおさえておくべき、Excel表計算処理技能認定試験 2級合格のポイント

出典元:アドビシステムズ株式会社

Excel表計算処理技能認定試験には1級から3級までの難易度があり、その中でも初心者は3級に挑戦するのが一般的です。しかし、中には初心者でもExcel表計算処理技能認定試験2級からチャレンジしたいと思っている方もいるのではないでしょうか。

Excel表計算処理技能認定試験2級には受験資格などはないので、初心者でも受験することができますが、初心者がExcel表計算処理技能認定試験2級に合格するためにはいくつかポイントを知っておかなければなりません。今回は具体的にExcel表計算処理技能認定試験2級に初心者が合格するためのポイントについてご紹介します。

Excel表計算処理技能認定試験 2級とは?

Excel表計算処理技能認定試験とは、簡単に説明すると、Excelを活用して表計算処理の作成能力を問うための試験です。1級から3級までの難易度があり、その中でもExcel表計算処理技能認定試験2級は中級者向けの難易度に設定されています。3級までは実技試験のみとなっていますが、Excel表計算処理技能認定試験2級からは知識問題と実技問題の2項目受けなければなりません。

初心者が合格するためには、実技の対策も大切ですが、知識問題にも合格できるように対策を進めなければ合格することは難しいでしょう。しかし、Excel表計算処理技能認定試験2級は、最近では実務初心者の学生が受験することも多く、合格している人たちも多いため、対策をしっかりとしていれば初心者が合格できる可能性のある試験でもあります。

初心者でもExcel表計算処理技能認定試験 2級は合格可能

Excel表計算処理技能認定試験2級は、初心者が合格できる試験なのかどうか気になっている方も多いでしょう。結論から言うと、初心者でも十分に合格できる可能性の高い難易度の試験となっています。Excel表計算処理技能認定試験2級は中級者向けですが、3級よりも少し難しくなった程度です。Excel表計算処理技能認定試験2級でも基礎的な内容が多くなっているので、参考書や問題集などをしっかりと理解していれば初心者でも合格できる可能性は高いです。

初心者で合格するには?

Excel表計算処理技能認定試験2級は初心者でも合格できる試験ですが、勉強せずに合格できる難易度の試験ではありません。初心者でも合格できるようにするためには、それなりの対策が必要になります。具体的に初心者がExcel表計算処理技能認定試験2級に合格するために、勉強方法やおすすめの参考書と問題集、勉強時間の目安まで説明します。

Excel表計算処理技能認定試験 2級の勉強方法

Excel表計算処理技能認定試験2級を受験するにあたって勉強方法が分からないという方も多いでしょう。勉強方法は様々ですが、その中でも初心者が合格に近づくためには参考書と問題集を活用した勉強をした方がいいでしょう。特に問題集は重要と言われており、繰り返し解いて理解することで初心者でも合格できる可能性は高くなると言われています。Excel表計算処理技能認定試験2級に初心者が合格するためには、どれだけ問題集を解くかが大切となるので、勉強方法が分からない方は、まず問題集を活用した勉強から始めてみてはいかがでしょうか。

Excel表計算処理技能認定試験 2級にオススメな参考書&問題集

Excel表計算処理技能認定試験2級に初心者が合格するためには、参考書や問題集が大切です。しかし、何を選んだらいいのか分からない方も多いので、具体的にExcel表計算処理技能認定試験2級の対策に使える参考書と問題集をご紹介します。

Excel®2016クイックマスター (基本編)
Excel表計算処理技能認定試験2級では、基本的な内容も含まれているので、「Excel®2016クイックマスター (基本編)」にも目を通しておいた方が安心です。特に基本的なことから勉強しようと思っている初心者にはおすすめの1冊です。

Excel®2016クイックマスター (応用編)
Excel表計算処理技能認定試験2級に初心者が合格するためには、基本的なことから学ぶのが一番知識を身につけやすくなりますが、2級からは応用編の問題も出題されるので、基本編が理解できたら「Excel®2016クイックマスター (応用編)」を活用して応用の勉強も進めてください。基本編と応用編の2つの内容を理解できれば、初心者でも十分合格のチャンスはあります。

Excel®表計算処理技能認定試験 1・2級問題集(2016対応)
Excel表計算処理技能認定試験2級を初心者が受験する場合は、「Excel®表計算処理技能認定試験 1・2級問題集(2016対応)」を購入してください。基本的にはこちらの問題集を解いて理解しておけば本番でもそれほど苦戦することはないと言われています。サーティファイが編著している問題集なので、信頼度も高く、多くの受験者が購入しています。

勉強時間の目安

Excel表計算処理技能認定試験2級に初心者が合格するためには、最低でも1日30分から1時間程度の勉強は必要と言われています。初心者でも確実に合格したいと思っている人は、できる限り毎日勉強することをおすすめします。また、合計の勉強時間の目安は初心者で30時間~40時間の勉強で合格できる確率が高いと言われています。

資格を取得したら、腕試しをしてみませんか?

資格を取得したら実際にExcelを操作して腕試しをしてみたいと思っている方は多いのではないでしょうか。既に企業に勤めている方は、会社で操作できるかと思いますが、これから就職を検討している方で腕試しをしてみたいと思っている方は、PROsheetLancersTopの利用をおすすめします。この2つは、簡単に説明すると案件を紹介してくれるサービスです。例えばExcelに関する案件や、その他の案件なども多数掲載されています。採用されれば実際にExcelを使用した業務に携わることができます。初心者でもおすすめのサービスとなるので、Excel表計算処理技能認定試験2級に合格して腕試しをしたい人は利用を検討してみてはいかがでしょうか。

まとめ

今回は初心者がExcel表計算処理技能認定試験2級に合格するためのポイントについて紹介しましたが、基本的な内容と応用の知識が少しあれば初心者でも合格できるチャンスはあります。それほど難易度が高いというわけではないので、興味がある方は挑戦してみてはいかがでしょうか。