徹底攻略!Excel表計算処理技能認定試験1級の勉強方法をご紹介

出典元:アドビシステムズ株式会社

Excel表計算処理技能認定試験には、1級、2級、3級の難易度があります。その中でも1級は難易度が高く、合格するためには勉強方法が大切だと言われています。Excel表計算処理技能認定試験1級の勉強方法は様々ですが、その中でも今回はオススメの勉強方法について紹介するので、Excel表計算処理技能認定試験1級に挑戦する人は一度目を通してみてください。

Excel表計算処理技能認定試験1級とは?

そもそもExcel表計算処理技能認定試験1級とは何かについて説明しますが、Excelのレイアウト、関数、グラフ、テーブルなどあらゆるExcelの操作についての知識が問われる試験となっています。特に1級は幅広い知識が必要になるので、合格するためには勉強方法が大切となります。

試験の概要

Excel表計算処理技能認定試験1級は、株式会社サーティファイというところが主催している民間資格です。Excel表計算処理技能認定試験1級は年に4回ほど行われており、願書受付に関しては随時行われています。

Excel表計算処理技能認定試験1級には受験資格というものがありません。年齢や学歴など問わず受験できるので、興味がある方なら誰でも受験することが可能です。また、3級から受験しなければならないという決まりもないため、2級や3級の知識が十分に身についているという方は、1級から挑戦しても問題ありません。

Excel表計算処理技能認定試験2級と1級からは、実技問題以外に知識問題が含まれています。2つの項目の試験があり、どちらも70%以上の得点率が必要です。基本的に試験の対策には実技試験の勉強の方が大切ですが、知識試験の勉強も少しはしておいた方が安心です。

合格率

Excel表計算処理技能認定試験1級の合格率は公表されていませんが、約60%と言われています。しっかりと勉強しておけばそれほど難易度が高いと感じることはないでしょう。

難易度

Excel表計算処理技能認定試験3級と2級に比べると、応用編の問題が多くなるので、勉強せずに合格することは難しいでしょう。しかし、しっかりと問題集を解き、参考書の内容も理解できていれば難易度が高いと感じることはありません。実際に実務未経験でも合格している方もいます。

Excel表計算処理技能認定試験1級合格にむけた勉強方法の紹介

Excel表計算処理技能認定試験1級はそれほど難易度が高い試験ではありませんが、勉強をしていなければ合格することは難しいでしょう。難易度は低いとは言え、専門的知識が必要な試験となるので、しっかりと勉強はしておきましょう。ここではExcel表計算処理技能認定試験1級に向けた対策をするにあたって、おすすめの勉強方法についてご紹介します。

Excel表計算処理技能認定試験1級から受験する方は参考書から勉強を始めよう

Excel表計算処理技能認定試験は3級からでも1級からでも受験が可能です。その中でも1級から受験する方が一から勉強を始める場合、参考書は必須となります。参考書なら基礎から応用まで全て解説してくれます。一から始める人でも分かりやすく説明してくれるのでおすすめです。

問題集は何度も繰り返し勉強をしよう

Excel表計算処理技能認定試験1級に合格するためには、問題集を使った勉強が必須です。基本的にExcel表計算処理技能認定試験1級は、問題集を繰り返し勉強すれば合格できる可能性は高くなると言われています。参考書も大切ですが、ある程度Excelについて理解できたら問題集を中心とした勉強をしましょう。

忙しい人でも勉強ができるe-ラーニング

Excel表計算処理技能認定試験1級におすすめの勉強方法は参考書と問題集を使うことですが、仕事をしながら資格を取得しようと思っている方は、なかなか問題集や参考書を持ち運びながら勉強をするということはできないかと思います。忙しい方でも勉強ができるおすすめの方法がe-ラーニングです。好きな時間に勉強ができますし、どこにいても勉強ができます。公式サイトから購入ができますので、興味がある方はチェックしてみてください。

Excel表計算処理技能認定試験1級合格までの勉強時間の目安

Excel表計算処理技能認定試験1級に合格するためには、約30時間から40時間ほどの勉強が必要だと言われています。しかし、あくまでも目安となりますので、30時間と決めずに、納得できるまで勉強をして対策しましょう。

Excel表計算処理技能認定試験1級合格におすすめの参考書&問題集

Excel表計算処理技能認定試験1級に合格するためには、勉強方法が大切ですが、参考書や問題集は何を選んだらいいかよくわからない方もいるでしょう。Excel表計算処理技能認定試験1級に合格するためにも、これだけは購入しておきたい参考書と問題集を紹介します。

これだけは買っておきたい参考書

Excel®2016クイックマスター (応用編)
Excel表計算処理技能認定試験1級の勉強を始めるなら、まずは応用編の参考書から進めてみてはいかがでしょうか。基本的にExcel表計算処理技能認定試験1級で出題される難易度の高い問題もカバーできる参考書となっているので、参考書を持っていない方は購入を検討してみてください。

これだけは買っておきたい問題集

Excel®表計算処理技能認定試験 1・2級問題集(2016対応)
Excel表計算処理技能認定試験1級に合格するためには、問題集を使った勉強が必要不可欠と言われています。その中でもおすすめなのが、「Excel®表計算処理技能認定試験 1・2級問題集(2016対応) 」です。1級の対策に必要な問題を全て用意してくれている問題集なので、Excel表計算処理技能認定試験1級の勉強を始めるなら購入を検討した方がいいでしょう。

資格を取得したら、腕試しをしてみませんか?

Excel表計算処理技能認定試験1級の資格を取得したら、実際の業務を経験してみたいと思っている方も多いのではないでしょうか。特に学生や実務経験がない方は腕試しをしたいと思いますが、こういった方はPROsheetLancersTopの利用を検討してみてはいかがでしょうか。その中でも特にLancersTopは能力の高い人が優遇されます。1級に合格している人なら挑戦できる案件も多いので、腕試しをしてみたい人は応募してみてはいかがでしょうか。

まとめ

今回はExcel表計算処理技能認定試験1級に合格するための勉強方法を紹介しましたが、特に何から始めたらいいか分からない方は、紹介した内容を参考にするといいでしょう。Excel表計算処理技能認定試験1級は、しっかりと勉強をすればそれほど難しい試験ではないので、Excelについての知識を身につけたい人は是非、挑戦してみてください。