Excel表計算処理技能認定試験3級対策対策のススメ

出典元:株式会社アマナイメージズ

Excel表計算処理技能認定試験3級は1級や2級に比べて難易度が低くなっていますが、勉強せずに合格することは難しいでしょう。そのため、これからExcel表計算処理技能認定試験3級の勉強をスタートさせようと思われている方の中には、どのように対策をすればいいのか知っておきたいと考える人もいるのではないでしょうか。今回はExcel表計算処理技能認定試験3級の対策方法をご説明するので、対策方法をまだ知らない人はチェックして下さい。

Excel表計算処理技能認定試験 3級とは?

これからExcel表計算処理技能認定試験3級の勉強を始める人の中には、Excel表計算処理技能認定試験3級の概要を知らない人も少なくないでしょう。概要を知っておくことも重要なので、対策方法の前に、まずはExcel表計算処理技能認定試験3級についてご説明します。

Excel表計算処理技能認定試験はビジネス能力認定サーティファイが主催する試験です。今回は3級の対策について詳しく説明しますが、Excel表計算処理技能認定試験には3級のほかにも、1級と2級があります。

Excel表計算処理技能認定試験は受験資格がなく、学歴や年齢に関係なく誰もが受験できます。Excel表計算処理技能認定試験3級では1級や2級に設けられている知識試験はなく、実技試験のみ実施されます。試験内容は、作業環境やExcelの基本操作など、基礎的なものが中心です。難易度はやや易しめで、しっかりと対策をすれば多くの人が合格できるでしょう。

受験料

Excel表計算処理技能認定試験3級の受験料は5,800円です。ちなみに2級は6,800円、1級は7,900円となっています。

試験時間

Excel表計算処理技能認定試験3級の試験時間は60分です。

合格率

合格率は83.3%となっており、多くの人が取得できる資格です。しかし、実践的な問題が多いので、受験生の中には難しいと感じる人も珍しくありません。

Excel表計算処理技能認定試験 3級おすすめの対策方法

Excel表計算処理技能認定試験 3級の概要について詳しく説明してきましたが、さっそくおすすめの対策方法をご紹介します。

テキストで対策

特に今までExcelに触れたことがない人は、テキストで対策することをおすすめします。テキストで対策することで、Excelの基本操作を学ぶことができます。実際にExcel表計算処理技能認定試験 3級では基本操作の問題が多く出題されるので、操作方法を知っておくことは必須です。

問題集で対策

ある程度知識を身に付けることができたら、問題集で対策することをおすすめします。問題集で対策すれば、合格するためにはどのぐらいのレベルに到達していればいいのか把握できるので、問題集を使うことで十分に対策をすることができます。問題集を使ってわからないところが登場したら、テキストで知識を補うようにしましょう。

オンライ講座で対策

そのほかの対策方法としてはオンライン講座対策を挙げることができます。基本的にテキストや問題集を使った対策で十分に合格圏内に入ることができますが、講義を受けたほうが理解しやすいという方もいるでしょう。例えば、対策講座には下記のようなオンライン講座を挙げることができます。

MANABI JOURNEY 【無料講座】Excel®表計算処理技能認定試験3級講座
MANABI JOURNEY提供のオンライン講座は、第一回の講座が無料で受けられるので、オンライン講座で対策したい人におすすめです。

Excel表計算処理技能認定試験 3級合格までの勉強時間の目安

Excel表計算処理技能認定試験 3級の合格を目指す人の中には、対策にどのぐらいの勉強時間が必要なのか知っておきたい方もいるのではないでしょうか。合格を目指す人それぞれで対策に割くべき勉強時間は異なりますが、サーティファイでは勉強時間の目安を40時間以上に設定しています。そのため、Excel表計算処理技能認定試験 3級対策をする人は40時間以上勉強してから試験に挑むようにしましょう。

Excel表計算処理技能認定試験 3級おすすめ参考書&問題集

先程、Excel表計算処理技能認定試験 3級対策方法としてテキストや問題集を使った対策をご紹介しました。Excel表計算処理技能認定試験 3級対策ができる参考書や問題集は多いわけではありませんが、おすすめのものをいくつかピックアップするので、テキストや問題集を使った対策を検討している人で、まだテキストや参考書を準備していない人はチェックして下さい。

Excel®2016クイックマスター (基本編)
Excel表計算処理技能認定試験 3級対策テキストとしておすすめの書籍です。Excelの基礎を中心に扱っているので、Excel表計算処理技能認定試験 3級対策にピッタリのテキストです。

Excel®2016クイックマスター (応用編)
Excel表計算処理技能認定試験 3級では応用問題はあまり出題されませんが、これから2級や1級も取得していきたい人におすすめの参考書となっています。

Excel 最強の教科書[完全版]――すぐに使えて、一生役立つ「成果を生み出す」超エクセル仕事術
本書は対策用教材ではありませんが、今までExcelを使ったことがない人で、1から学びたい人におすすめの参考書です。もちろん、Excelに関する内容が掲載されているので、Excel表計算処理技能認定試験 3級対策にも繋げられるでしょう。

Excel®表計算処理技能認定試験 3級問題集(2016対応)
本書は主催者であるサーティファイが認定する問題集なので、問題集でExcel表計算処理技能認定試験 3級の対策をしたい人は購入するようにしましょう。

Excel®表計算処理技能認定試験 1・2級問題集(2016対応)
3級の問題集ではありませんが、将来的に1級や2級も受ける人におすすめできる問題集です。

資格を取得したら、腕試しをしてみませんか?

Excel表計算処理技能認定試験に合格することができたら、腕試しをしたいと思う人もたくさんいます。現在でPROsheetLancersTopなどの案件紹介サイトがあり、Excelに関する案件も紹介されているので、利用すれば腕試しをすることができます。もちろん、お仕事をすれば報酬も受け取ることができるので、Excel表計算処理技能認定試験に合格した人はPROsheetLancersTopを利用してみてはいかがでしょうか。

まとめ

Excel表計算処理技能認定試験の対策方法はいくつもあり、好みの対策方法を選択するようにして下さい。また、参考書や問題集は自分に合ったものを選択しないと学習効率が悪くなるので、見比べて慎重に選ぶようにしましょう。