注目資格!Excel表計算処理技能認定試験 3級の難易度は?

出典元:株式会社アマナイメージズ

表計算ソフトというと、MicrosoftのExcelを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。ほとんどの企業では、表計算ソフトにExcelを使用することが多くなっており、知識があると事務職に役立てることができます。知識を身につけるためには様々な方法がありますが、その中でもExcel表計算処理技能認定試験に受験する方が増えています。Excel表計算処理技能認定試験はExcel表計算の基礎から応用まで学べる資格なので、人気を集めています。今回はその中でもExcel表計算処理技能認定試験 3級の難易度はどのくらい高いのかについて紹介するので、Excel表計算処理技能認定試験 3級の難易度に受験したい人は参考にしてください。

Excel表計算処理技能認定試験とは?

Excel表計算処理技能認定試験とは、Excelを活用して表計算処理の作成能力を問う試験です。Excel表計算処理技能認定試験は3つの難易度に分かれており、3級が簡単なワークシートの作成と、データ入力ができるかについて問われます。2級の難易度ではビジネス社会において必要な表計算処理ができるかどうかについて問われます。2級の難易度は表計算、ビジネス図表についての実践的なスキルも必要になります。1級の難易度では、表計算の中でも高度な知識が必要な問題が出題されます。表計算やビジネス図表に加えてビジネス帳票、データベースに関する高度な知識も合格するためには必要です。

Excel表計算処理技能認定試験ですが、3級から1級までの難易度を取得することで何に役立つか知りたい方も多いでしょう。基本的には資格を取得することでビジネス事務などの業務で知識を活用できます。すべての企業でExcel表計算が使用されているわけではありませんが、ほとんどの企業ではMicrosoftのExcelが使用されています。統一している企業も多いため、事務職などには必須スキルとなっています。

Excel表計算処理技能認定試験 3級の概要

Excel表計算処理技能認定試験には3段階の難易度がありますが、その中でも3級の難易度を受験する方のために概要について詳しく紹介します。

試験内容

1級の難易度では知識問題や実技試験がありますが、Excel表計算処理技能認定試験3級の難易度では実技試験だけとなっています。試験の内容は作業環境、環境の設定と変更、基本操作、数式と計算、グラフ、オブジェクト、データベース機能、入出力の8項目です。内容だけ見ると難易度が高く感じますが、試験の内容はすべて基本的なことなので、勉強しておけばExcel表計算処理技能認定試験3級は難しいと感じる難易度ではありません。

受験者数

受験者数は、1級から3級の難易度までの累計受験者数しか公表されていませんが、今現在で68万人以上の方がExcel表計算処理技能認定試験を受験しています。就職や転職に役立つ資格なので、多くの方がこれまでに受験しています。

受験料

受験料は難易度別で異なりますが、Excel表計算処理技能認定試験3級の難易度では5,800円必要です。

試験時間

Excel表計算処理技能認定試験3級の難易度では、実技試験のみとなっており試験時間は60分です。1級と2級の難易度とは試験時間も異なるので、事前に把握しておきましょう。

出題数

Excel表計算処理技能認定試験3級の難易度では、連続したテーマによる大問形式5問となっています。

合格基準

Excel表計算処理技能認定試験3級の難易度の実技試験の合格基準は、70%以上の得点率が必要となります。70%以上を獲得できるように対策しておきましょう。

試験日&合格発表日

Excel表計算処理技能認定試験3級の難易度は年に4回以上の試験が行われます。合格発表は試験終了時に得点率を知らせてくれるので、その場でわかります。合格者には認定証が発行されます。

Excel表計算処理技能認定試験 3級の難易度は?

Excel表計算処理技能認定試験と聞くと難易度が高いと感じる方も多いかと思いますが、実際に3級の難易度はどのくらいに設定されているのでしょうか。Excel表計算処理技能認定試験3級は、1級や2級に比べて基礎的な内容がメインとなっています。そのため、参考書や問題集を活用した対策をすればそれほど難易度が高いと感じることはないでしょう。Excel表計算処理技能認定試験の中でも最も簡単な試験と言われているので、3級は特に初心者にはおすすめの試験となっています。

Excel表計算処理技能認定試験 3級はこんな人にオススメ!

Excel表計算処理技能認定試験3級の難易度は、比較的簡単でほとんどの受験者が合格していますが、取得することでどんなことに役立つのでしょうか。Excel表計算処理技能認定試験3級の受験におすすめの人は、Excelを扱っている企業に転職や就職をする方です。MicrosoftのExcelは、IT企業だけが使用しているわけではなく、業種問わずほとんどの企業で使われています。そのため、特に事務職に転職や就職を希望している方は、Excel表計算処理技能認定試験3級の難易度を受験した方がいいでしょう。

また、その他にもIT関連職、営業職、飲食、建設業などでも活用されることがあるので、当てはまる人は資格の取得を検討してみてください。

資格を取得したら、腕試しをしてみませんか?

Excel表計算処理技能認定試験3級に無事合格することができたら、実際の業務に触れてみたいと思っている方も多いのではないでしょうか。既に企業に勤めている方は、職場で経験ができますが、それ以外の方は腕試しをすることができなくて悩んでいる方も多いでしょう。こういった方でも気軽に腕試しができるサービスがPROsheetLancersTopという案件紹介サービスです。もともとフリーランス向けにあるサービスですが、副業をする方や腕試しをしたい方でも気軽に参加することができます。就職や転職をする前に実務経験をしたい人は、PROsheetLancersTopを利用してみてください。

まとめ

今回はExcel表計算処理技能認定試験3級の難易度について紹介しましたが、試験自体はそれほど難易度が高いものではありません。7割、8割以上の受験者が合格する試験となっているので、少しでも知識を身につけたいと思っている人はExcel表計算処理技能認定試験3級の難易度に挑戦してみてはいかがでしょうか。