注目資格!Excel表計算処理技能認定試験2級の難易度は?

出典元:株式会社アマナイメージズ

Excel表計算処理技能認定試験3級の難易度に合格した人は、Excel表計算処理技能認定試験2級の難易度にも挑戦したいと思っている方が多いのではないでしょうか。Excel表計算処理技能認定試験2級になると、難易度も少し上がり、合格率も3級の難易度に比べて低くなります。しかし、極端に難易度が高くなるわけではないので、しっかりと対策をすることで合格できる確率は高くなるでしょう。今回は、これからExcel表計算処理技能認定試験2級に挑戦しようと思っている方のために、試験の概要や難易度について具体的に紹介していきます。

Excel表計算処理技能認定試験とは?

Excel表計算処理技能認定試験とは、一言で説明するとMicrosoftのExcelを使用して、表計算処理ができるかを問うための試験となっています。

Excel表計算処理技能認定試験の難易度は、大きく分けると3段階に分かれており、3級、2級、1級があります。それぞれの段階で難易度が変わり、一番難しいのが1級です。基礎はもちろん、実務的な内容も理解していないと合格することは不可能な難易度です。2級の難易度は1級と同じく基礎と応用についての問題が出題されますが、1級よりは難易度が低く、しっかりと対策していれば難しい試験ではありません。3級の難易度は比較的易しい問題が多く、基礎的な内容を理解していれば合格することができます。

Excel表計算処理技能認定試験は資格を取得することでMicrosoftOfficeに含まれている表計算ソフトを使えるようになります。企業ではMicrosoftの表計算ソフトを使用しているところも多いので、資格を取得していれば就職や転職時に有利となる場合もあります。役立つ資格として注目を集めているので、学生から大人まで多くの人たちが毎年受験をしています。

Excel表計算処理技能認定試験2級の概要

Excel表計算処理技能認定試験は3つの難易度に分かれていますが、その中でもExcel表計算処理技能認定試験2級の難易度に挑戦しようと思っている方も多いでしょう。ここでは試験に挑戦するにあたって知っておきたい試験の概要について説明します。

試験内容

Excel表計算処理技能認定試験2級からは、実技試験だけではなく、知識試験も含まれます。知識試験では、主に表計算処理およびMicrosoftExcelについての知識が問われます。多肢選択式となっており、15分間で全て答えなければなりません。

Excel表計算処理技能認定試験2級の実技試験では、MicrosoftExcelの操作によるxlsxファイルとxlsmファイルの作成を行います。

受験者数

Excel表計算処理技能認定試験2級は民間資格となっていますが、人気は高く、今までで累計68万人ほどの人たちが受験しています。

受験料

Excel表計算処理技能認定試験2級からは受験料が6,800円となります。万が一不合格した場合は、再度受験料が必要になります。

試験時間

Excel表計算処理技能認定試験2級の試験時間は、知識問題が15分、実技試験が90分に設定されています。

出題数

Excel表計算処理技能認定試験2級の出題数は知識問題が15問、実技試験が連続したテーマによる大問形式5問となっています。

合格基準

Excel表計算処理技能認定試験2級の難易度に合格するためには、知識問題と実技試験の合計得点率が70%以上でなければなりません。70%以下では不合格となるので、日頃から勉強をする際には70%を超えられるように対策しましょう。

試験日&合格発表日

試験は随時行われていますが、会場によって変わることもあるので、受験する会場に問い合わせてください。

合格発表は知識問題・実技問題の各得点率をお知らせしてくれます。合格者には認定証が渡されるので、渡された方は合格となります。

Excel表計算処理技能認定試験2級の難易度は?

Excel表計算処理技能認定試験2級を受験するにあたって、どのくらいの難易度なのか知りたい方も多いのではないでしょうか。Excel表計算処理技能認定試験2級は、3級に比べて難易度が高くなりますが、それほど高くなるわけではなく、基礎的な問題に加えて応用についても理解しておけば十分に合格できる難易度でしょう。

しかし、Excel表計算処理技能認定試験2級の難易度からは、実技だけではなく知識問題も含まれるので、2級の難易度に合格するためには知識問題の対策もしっかりと行わなければなりません。

3級に比べると難易度は高く合格率も下がりますが、それほど大きく下がることはないので、勉強方法を理解していれば合格できる可能性は十分にあるでしょう。

Excel表計算処理技能認定試験2級はこんな人にオススメ!

ほとんどの企業では、MicrosoftのExcelを使用しています。そのため、パソコンを扱う部署であればどこでも活躍することができるでしょう。例えば、事務職などに就きたいと思っている方で就職や転職を考えている方は、最低でもExcel表計算処理技能認定試験2級の難易度には合格しておくといいでしょう。

資格を取得したら、腕試しをしてみませんか?

Excel表計算処理技能認定試験2級の難易度に合格したら、事務職などに就職や転職を検討する方も多いですが、最近ではフリーランスとして活動する方も増えています。フリーランスが増えている理由としては、昔よりも簡単に案件を見つけることができるからです。

最近ではPROsheetLancersTopという案件紹介サービスがありますが、これを活用することで簡単にExcelを活用した案件を見つけることができます。Excel表計算処理技能認定試験2級の難易度に合格してすぐに腕試しができるので、今注目を集めているサービスです。まずは自分で腕試しをしたいという方は、PROsheetLancersTopのサービスを活用してみてください。

まとめ

今回はExcel表計算処理技能認定試験2級の難易度について紹介しましたが、2級と聞くと難易度が高く感じますが、3級の難易度に比べて極端に難しくなるわけではありません。3級に合格している方なら数時間の勉強で合格できる人もいるので、挑戦したい人は受験を検討してみてはいかがでしょうか。