Androidアプリケーション技術者認定試験プロフェッショナル対策のススメ

出典元:株式会社アマナイメージズ

Androidアプリケーション技術者認定試験の中でもプロフェッショナルは高難度の試験となっています。合格を目指すためにはそれなりの対策をしなければなりません。しかし、対策と言っても何から始めたらいいのか分からない方も多いのではないでしょうか。今回は、Androidアプリケーション技術者認定試験プロフェッショナルに受験しようと思っている方のために、合格のための対策方法についていくつか紹介していきたいと思います。

Androidアプリケーション技術者認定試験プロフェッショナルとは?

Androidアプリケーション技術者認定試験プロフェッショナルとは、その名の通りAndroid技術者のスキルを認定するための試験です。Androidアプリケーション技術者認定試験は、2009年から始まった比較的新しい資格です。国家資格などに比べると受験者数は少ないですが、注目度は高く、年々受験する人たちも増えています。将来的にAndroidアプリケーション開発者になりたいと思っている方にとっては必要な資格となるため、挑戦したい人は対策をして受験を検討してみてはいかがでしょうか。

試験時間

Androidアプリケーション技術者認定試験プロフェッショナルの試験時間は90分に設定されています。ベーシックに比べると問題の難易度が高くなるため、90分間は短く感じる方もいるでしょう。時間が足らなくならないように、事前にしっかりと対策をしておく必要があります。

試験方法

Androidアプリケーション技術者認定試験プロフェッショナルでは、CBT方式を採用しています。CBT方式に慣れるように対策を進めてください。

問題形式

Androidアプリケーション技術者認定試験プロフェッショナルでは、四肢択一形式を採用しており、基本的には選択問題となっています。しかし、試験内容は実践的な内容も多いため、暗記だけの対策では不十分です。Androidアプリケーション技術者認定試験プロフェッショナルでは、実務的な対策もしておくと安心でしょう。

問題数

Androidアプリケーション技術者認定試験プロフェッショナルの問題数は全部で70問です。試験時間が90分に対して70問の問題を解かなければならないので、焦ってしまうこともあります。時間に余裕を持って問題を解けるようにするためにも、事前に時間を測りながら実践的な対策をしておくといいでしょう。

合格ライン

Androidアプリケーション技術者認定試験プロフェッショナルの合格ラインは、70%以上の正解率が必要となります。ベーシックよりも難易度が高くなる分、70%以上正解することは難しくなるため、しっかりと対策をする必要があります。特に問題集は活用して対策することをおすすめします。

Androidアプリケーション技術者認定試験プロフェッショナルおすすめ対策方法

Androidアプリケーション技術者認定試験プロフェッショナルは難易度が高いので、しっかりと対策をしなければ合格することは難しいと言われています。おすすめの対策方法は大きく分けると3つあるので、対策で悩んでいる方は参考にしてください。

書籍を活用して対策する

Androidアプリケーション技術者認定試験プロフェッショナルに合格するための教材はたくさん存在しています。初心者向けから上級者向けまであるので、対策について悩んでいる方は、まず書籍の活用を検討してみてはいかがでしょうか。

実際にAndroidアプリケーションを開発して対策する

Androidアプリケーション技術者認定試験プロフェッショナルは、実践的な問題も多く出題されるので、参考書を読むだけでは対策が不十分です。できる限りパソコンに触れて開発を経験することが大切となるので、Androidアプリケーション技術者認定試験プロフェッショナルの対策をしたい人は問題集を見ながらでもいいので実際に1人で開発をしてみてください。

スクールを活用して対策をする

資格取得のためには、独学で勉強する方もいますが、一人ではどうやって対策していいか分からないという方も多いかと思います。こういった場合はスクールの活用も検討してみてください。スクールならわからないところから出題されやすい範囲まで教えてくれます。効率よく対策ができるため、一人で勉強するのが苦手な方はスクールの活用を検討してみてください。

Androidアプリケーション技術者認定試験プロフェッショナル合格までの勉強時間の目安

Androidアプリケーション技術者認定試験プロフェッショナルに受験する方は、ベーシックに合格している人か、Javaに関する知識を既に持っている方だと思います。勉強時間は人それぞれ異なりますが、ある程度経験のある人なら大体1か月半ほどの勉強で合格できると言われています。もちろん、これ以上勉強をしても問題ないので、不安な方は毎日でもいいので勉強を進めてください。

Androidアプリケーション技術者認定試験プロフェッショナルおすすめ参考書&問題集

Android2.1プログラミングバイブル
Androidアプリケーション技術者認定試験プロフェッショナルの対策ができる書籍の中でも初心者向けの参考書ではありますが、環境セットアップ、Hello Wordの作り方、Androidの基本的なAPIの作り方などを学べます。広く浅くAndroidアプリケーション開発について学べるので、Androidアプリケーション技術者認定試験プロフェッショナルに受験する方は対策をするために活用してみてください。

コードからわかるANDROIDプログラミングのしくみ
こちらの参考書では、画面遷移、DB、ネットワークなどを活かした複雑なアプリケーションの作り方についてなどAndroidアプリケーション技術者認定試験プロフェッショナルに必要な内容を学べる書籍となっています。Androidアプリケーション技術者認定試験プロフェッショナルからは実用的な知識が必要になります。実用的なアプリケーションを見てイメージを湧かせながら試験の対策をしたいという方におすすめです。

資格を取得したら、腕試しをしてみませんか?

Androidアプリケーション技術者認定試験プロフェッショナルの資格を取得したら、実務経験をして腕試しをしてみたいと思っている方も多いのではないでしょうか。腕試しができるサービスとしてあげられるのが、PROsheetLancersTopです。

PROsheetの特徴は、週に2日から仕事を始められることです。時間に縛られることなく自分のペースで仕事ができるため、力試しをしてみたい人にはピッタリのサービスです。また、福利厚生もしっかりとしているところが魅力的な部分です。例えば、コワーキングスペースが提供されたり、人間ドックが受けられたりするなど充実しています。登録はFacebookからも可能となっているので、簡単です。興味がある方は一度チェックしてみてください。

LancersTopは、トップレベルの専門スキルを持つエンジニア向けのお仕事紹介サービスとなります。案件自体はそれなりに難易度も高く、複雑な内容ばかりとなっていますが、スキルアップをしたい人にとってはピッタリのサービスです。PROsheetと比べても案件の単価は高く、LancersTopだけで生活をしている人たちも少なくありません。Androidアプリケーション技術者認定試験プロフェッショナルの資格を取得してスキルに自信があるという方は挑戦してみてください。

まとめ

今回はAndroidアプリケーション技術者認定試験プロフェッショナルの対策方法を中心に紹介しましたが、教材やスクールなど様々な対策方法があるので、悩んでいる方は今回説明した内容を参考にしてください。しっかりと対策ができれば、Androidアプリケーション技術者認定試験プロフェッショナルに合格できる確率は高くなるでしょう。